選べるデザインは400種類以上!2週間で消えるタトゥー

2週間で消えるタトゥーなら、試してみるのもアリだなって思ったのだ。これから外で遊ぶ機会も増え、露出も多くなるので、お出かけをさらに楽しむアイテムとして。

ボディペイントを自分でやるのは難しいし、シールだと偽物感が気になる。本当に彫る勇気もない…となった時に、私が実際に使ってみて予想以上に気に入ったのが「inkbox」。とにかく種類豊富で、簡単に試せるのがポイント。

さっそくチェック▶︎

デザインは400種類以上
どれにビビッとくる?

全部で400種類以上というバリエーションの多さに、どれを選ぼうか結構時間がかかってしまった。頻繁に新作も入ってきているけれど、人気のデザインはすぐに売り切れてしまうため、気になったものは早めにゲットしておくのがおすすめ!

©inkbox
©inkbox
©inkbox
©inkbox
©inkbox
©inkbox
©inkbox

ひとりでも
簡単に付けられる◎

©2019 TABI LABO

好きな場所に貼ってから、かかる時間は20分ほど。と言っても、そのうち15分はインクを浸透させるために押さえている時間だから、テレビでも見ながらゆっくりどうぞ。

©2019 TABI LABO

付け終わった直後は、思った以上に色が薄くて不安になるかもしれないけれど、時間をかけてゆっくりと濃くなってくるから、説明書によると24時間〜36時間くらい前に付けておくのがベスト。

2週間で落ちるのは、表皮にしかインクを浸透させていないから。肌のターンオーバーが始まると同時に、一緒に薄れていくのだ。けれど、水に濡れてもヨレたり、1日で消えてしまう心配はナシ。ただし、クレンジングには気をつけてね。

©2019 TABI LABO

ふたりで試してみた結果、肌に異常が出ることもはなく、24時間後にはくっきりと色が出てていた。inkboxが「オーガニックである」と言うのは、ゲニパという果実の果汁を酸化させてたものをインクとしてを使っているから。南米の原住民がボディペイントとして使っていているゲニパを、inkboxは一般向けに商品として開発し特許も取得している。

手首に入れると目につきやすいから、友達に会うと「いつの間にタトゥー入れてたの!?」って意外そうにまじまじと見てきたのだけど、綺麗に色が出ている状態だと近くで見ても結構リアルなんだよね。このワンポイントのおかげで、今日はオシャレしようかな、髪型変えようかなとテンションが上がるし、ファッションアイテムとしてリピートしたい!

詳しくはコチラ▶︎
モスクワのタトゥー・アーティスト、Roman Melnicovさんによる、緻密で美しい煙のタトゥー。
アメリカ・ポートランドを拠点にしている彫り師Kayla Newellさんによる作品です。昼と夜でデザインが変わるのがポイントです。
背中や肩に絵がれたスカル、蛇、バラの花…タトゥーに好んで用いられるこれらのデザイン。それを3Dで表現してみたら……。イギリス在のアーティストBilly B...
コントローラー型のタトゥーを読み込むと、『ソニック・ザ・ヘッジホッグ』のプレイ画面が表示されます。赤いボタンを押せばキャラクターがジャンプ!
会社に行きたくない、彼氏や上司とケンカしてイライラ等、「ミレニアルズ」のお悩みを漢方で解決!世代を越え、漢方を広めている神奈川県鎌倉にある「杉本薬局」の三...