お茶好きな先輩が、いつのまにか定番にしていた「紅茶」

私の先輩が仕事のお供としていつも飲んでいるのは、お茶だったり、ジャスミン茶だったり、ウーロン茶だったり。

彼女は、いわゆる “無糖茶” 好き。健康に気をつかっているのかこだわりなのか……そこまで深く聞いたことはないけれど、そんな先輩のデスクに、最近新たな仲間がレギュラー入りしてきたんです。

無糖紅茶の「クラフトボスTEA ノンシュガー」

松たか子さんと杉咲花ちゃんがCMしてるやつだ! ちょうど私も気になっていたので、それとなくお気に入りの理由を聞いてみました。

最近、それよく飲んでますよね

おいしいですか?

飲み口が軽くて、胃が疲れないんだよね。

「コーヒーも好きだからわりと頻繁に飲んでた時期もあったけど、さすがに胃が疲れちゃって……」という理由で、最近はお茶に切り替えていたそうです。

なかでもとくに「クラフトボスTEA」は渋みが少なく、飲み口がスッキリしているのがお気に入りだとか。

「ノンシュガーだけど薄いってわけじゃないんだよね。味はけっこうしっかりしてるし」

紅茶って、常温で飲んでもおいしいから。

「あと急に会議が入っちゃってデスクに戻ってきたあと、ドリップコーヒーだと冷めてたり、氷が溶けててガッカリするじゃん? でも紅茶って常温で飲んでもおいしいよね。ホットが好きな人も多いけど、私はけっこう常温も好きだから」

確かに、せっかく買ってきたのに味が落ちたドリップコーヒーを飲むときほど切ないものはない。

気分によってカフェインを抑えたいときもあるしさ。

「でも私も、気分によって変えてるよ。朝はコーヒーが飲みたくなるし、お弁当のときはお茶が多いから、午後はそのままお茶を飲んでたり。でもちょっとカフェインの量を抑えたいな、ってときもあるし。ゼロにするわけじゃないんだけど」

そんなとき、コンビニで見かけた「クラフトボスTEA」を試してみたくなったんだとか。

「クラフトボスコーヒーの並びにあったから、なんとなく」

香りがいいよね。煮詰まったときリラックスできる。

「この紅茶は香りが強めでいいんだよね。煮詰まったときにリフレッシュできるっていうか」

検索してみたら、高濃度アロマ抽出製法という技術で華やかな香りを演出しているんだとか。同時に渋みもまろやかになっていて、なおさら香りが強く感じるワケですね。

その香り、隣の私のデスクにまでふんわり届いてましたよ。

結果的に
一番仕事がスムーズに進むらしい

そんなこんなで、ここ最近の彼女にとっては、ちびちびだらだらと飲める「クラフトボスTEA」を仕事のお供にすることが、結局一番仕事がはかどるんだとか。

そもそもボスのシリーズに紅茶があること自体驚きだったんですが、さすがに気になってきたので翌日私も買って飲んでみました。

 

確かに、分かる気がする。

→詳しくはコチラ!
ひとときのコーヒーブームもひと段落した感があり、さて、次は緑茶だ、紅茶だ、なんて話題になるけれど、じゃあ実際「紅茶ってなんだ?」って聞かれたら、僕自身よく...
日本全国から多種多様な名産品が集まる「東京」の「今日」をコンセプトに、食材の恵みを活かしてつくる東京のお茶。「茶と今日。CHA TOKYO」は軽やかでいま...
見た目はコンパクトなコーヒーミルと同じ。使い方もほとんど同じで、茶葉を入れてハンドルを回すだけで粉末茶が完成する。
1854年創業のフランス流紅茶専門店マリアージュ フレールのウェディングコレクションにある、紅茶と、紅茶のジャムがセットになった贈りものです。
「スペースX」は宇宙船での“国際宇宙ステーションへのドッキング”をWebブラウザで体験することができるシミュレーターを公開。実際のインタフェースを元にして...
「teapasar」は、シンガポールで新しくオープンした紅茶専門店。と言っても店舗はなく、販売はWEBサイトのみ。全種類の詳細データを管理しているので、簡...
静岡県島田市といえばお茶のまち。ここでは、観光する際にオススメのカフェやスイーツ、お土産を紹介しています。お茶専門店とコラボしたラテから抹茶の生チョコまで...
デザイナーが一つひとつ丹精込めて手縫いするティー「バッグ」。伝統に甘んじない、老舗紅茶ブランドの新たな取り組みです!
リモートワークが続くなか、オンラインでのWEB会議に「お茶」の共有体験を。
飲茶文化の香港人がなかなか受け入れられなかったコーヒーの苦味。その克服に常識破りのチャンポンがありました。
ディズニーが「ピーナッツバター・アンド・ジェリーミルクシェイク」の公式レシピを公開!
伊藤園の新業態「オチャ ルーム アシタ イトウエン」が渋谷スクランブルスクエアにオープン。新しい日本茶との出会いが始まります。
静岡県島田市にはお茶にまつわるグルメがたくさんありますが、気になったのが「あんかけ お茶ーはん」。「通りゃんせ」という中華料理屋さんにあるチャーハンです。...
2017年はどんな年でしたか?2018年はどんな年にしたいですか?そんなことを考えるあなたのそばに、お茶があるといい……かも?11月29日(水)、12月1...
静岡県の島田市には、「島田市緑茶化計画」なんてものが立ち上がってしまうほど、お茶にまつわるお菓子や料理がたくさんあります。なかでも、思わず「ん!?」と聞き...
どこからどう見てもタバコ。でも、中身はお茶。
“道端の雑草の名前をチョークで紹介する”というフランス発のムーブメントは、口コミやソーシャルメディアを介しヨーロッパ全土に広がっている。
調査結果によると、男性は女性より週20時間も多く家庭のタスクをこなしているとか。睡眠障害や、心拍数が上がるなどの症状も。
本日1月14日から紅茶を使ったスイーツ専門店「Tea Sweets Lab. CONTENART(ティースイーツラボ・コンテナート)」が東京・代々木にオープン。
無肥料・無農薬のお茶づくりを営む健一自然農園。代表の伊川健一さんは、16歳のときに人生の道を決めたといいます。茶畑を受け継ぎ、地域の人々と栽培・加工に励み...
ひとり暮らしの人やオフィスでお茶を飲むのが好きな人は、心をギュッと掴まれるアイテムです。
昨年の夏、蔦屋書店がカネジュウ農園とタッグを組んで開発・発売したお茶、その名も『本を読むときのお茶』。試飲会に参加すると、そこにはカネジュウ農園のTEA ...
有名紅茶ブランド「リプトン」の創業者サー・トーマス・リプトンが最初にこの地に開園したのがダンバッテン茶園。ここの高台には、「Lipton's Seat(リ...
渋谷区神南1丁目に1月18日ソフトオープンをしたのは、食事やアートを楽しみながらゆっくりとお茶の魅力を堪能できるミニマル複合施設「JINNAN HOUSE...