プロに聞く「美容液ファンデーション」の秘密

「使うたび、素肌にハリを与え綺麗になる。自分の自信を引き出すきっかけになってくれる」

発売から4周年を迎えた、ボビイ ブラウンの美容液ファンデーション「インテンシブ スキン セラム ファンデーション SPF 40(PA++++)」についてそう語るのは、同ナショナルメイクアップアーティストのKOHEIさん。

様々な美容液ファンデーションが発売される今でも、多くのリピーターを魅了し、ボビイ ブラウンのベストセラー製品になっている理由とは。

大事にしているのは
「再現性」

—— KOHEIさんがボビイ ブラウンで働くきっかけになった「共通の哲学」があるそうですね。

美容師時代は、お客様が家に帰った後に自分自身でスタイリングできるかどうかを一番大事にしていました。ボビイ ブラウンのメイクアップアーティストになってからも、この根本的な考えは変わりません。プロが綺麗にできるのって当たり前じゃないですか。一人ひとりに合わせて、いかに毎日続けられる方法を伝えられるかが大事だと思っていて。「再現性」を重視する考え方ですね。

 

—— たしかに……。朝は時間もないし「もっと綺麗に仕上げられるはず」と思いながら出かけるのは悔しい。

前職時代、ボビイ ブラウンのメイクアップ講座を見たとき、お客様自身にブラシを持ってもらって、プロがサポートしながら教えていくっていうスタイルだったんです。「こういう風に、再現性を大事にしているブランドがあるんだ!」と驚いたのを覚えています。

「毎日使える、毎日自分らしく」
を実現するファンデーション

質問ですが、たとえば「今日は気合いを入れて、メイクにたっぷり時間をかけるぞ!」という日は、月に何回くらいありますか?

—— えっ(笑)。基本的に “ラクで綺麗になれるメイク” をしたいので、月に2〜3回くらいですね。

そうですよね。ササッと簡単にメイクしたい日のほうが圧倒的に多いと思います。だからこそ「インテンシブ スキン セラム ファンデーション SPF 40(PA++++)」は、朝忙しいママや働く女性でも “毎日簡単に使えること” を重視しています。スキンケア効果でファンデーションをつけながら日中の肌ケアができるし、高SPFだから紫外線対策にもなります。

 

—— サッと塗るだけで何役にもなってくれるわけですね。

その保湿効果から、冬のためのファンデーションと思われがちですが、少量で伸びが良いので薄づき、かつ気になるところをカバーしてくれるので、通年使えるファンデーションです。肌色を補正する「スキントーン コレクト ピグメント」が、肌の色ムラを素早く整えますし、また「すべての肌タイプに使用できる」というのも、リピーターが多い理由のひとつだと思います。

→今すぐチェック

4年間、成分を変えずに
ベストセラーをキープ

——「インテンシブ スキン セラム ファンデーション SPF 40(++++)」は、保湿効果も優れているとか。

はい。冬虫夏草*¹含む、アクティブエナジーコンプレックス*²が配合されています。このファンデーション最大の特徴ですね。

*¹ フユムシナツクサタケエキス(保湿成分)
*² フユムシナツクサタケエキス・アルテミアエキス(保湿成分)

 

——和漢植物を使用しているファンデーションって珍しいですよね?

当時、本国の製品開発チームが「内側から体の状態を整える」和漢植物の魅力に注目したと聞いています。ただし、これらの成分は熱に弱く、ファンデーション(メイクアップ成分)とスキンケア成分の2つのクオリティを保ったままフォーミュラに閉じ込めることに苦労したそうです。

 

——どんな方法で解決したのですか?

「コールドフュージョン」という製法を採用しています。低温でゆっくり混ぜ合わせることにより、各成分の効能を失うことなく、それぞれの効果を発揮するように作られています。

時間が経つほど肌が綺麗に見える
美容液ファンデーション

——より綺麗に仕上げるためのコツを教えてください。

まず、ブラシを使ってください。ファンデーションを手で塗る人が多いのですが、かえって時間がかかり、なかなか綺麗に仕上がりません。とくに「インテンシブ スキン セラム ファンデーションSPF 40(PA++++)」はテクスチャーが軽くて伸びが良いので、ブラシのほうが圧倒的に早いです。

 

——仕上がりのツヤ感に特徴がありますね。

素肌のように薄づきなのに、仕上がりの良さを実感できると思います。普通、ファンデーションは塗りたてが一番いい状態ですが、この美容液ファンデーションは、時間が経ってもくすみにくく、綺麗に見えると思います。よく毛穴に関しての悩みを聞くことも多いですが、このファンデーションのツヤ感で毛穴をカモフラージュし、きめ細やかに見せてくれる効果もあると思います。

 

——時間が経ってもキレイ。女性としてはとても魅力的ですね。

どんなファンデーションも、一日化粧直しをしなければもちろん崩れると思うのですが、このファンデーションは崩れても綺麗なんです。この表現には語弊があるかも知れませんが……使っていただくと意味がお分かりになると思います。また、毎日使うたびに素肌自体にハリを与えるので、喜ばれる方も多いですね。とくに日本では「メイク=コンプレックスを隠すもの」と考えられがちですが、「自身のチャームポイントを際立たせるもの」という考えにシフトしていってほしいなと思っています。

→詳しくはコチラ
アシッドアタック(酸攻撃)にあった際に酸をはじいてくれるファンデーション。2020年、まずは事件が多数報告される中東でローンチ。その後、イギリスでも販売さ...
人気ユーチューバーのMs Yeahによるメイクアップ動画が波紋を呼んでいます。美容部員さんからは決して教えてもらえない、禁断のハウツーをどうぞ。
心温まる動画をご紹介。
Doctors Me(ドクターズミー)医師、その他専門家「Doctors Me」は、医師、歯科医、栄養士、カウンセラー、薬剤師、獣医などに直接相談できる、...
精神科医・奥田弘美先生曰く、ストレス解消にもおすすめだというクラゲ鑑賞。7月9日にリニューアルオープンする「サンシャイン水族館」の「海月空感(くらげくうか...
韓国発のスキンケアシリーズ「JM solution」から、化粧水・美容液・乳液すべてのスキンケアのステップをひとつにできる「JM solution オール...
出かける前の身だしなみ、家の中のどこでしていますか?洗面所で行う人はもちろん多いかと思いますが、一人暮らしなどで、洗面所がなく、家のあちこちでメイクすると...
2018年6月23日(土)から、アップリンク渋谷、新宿シネマカリテほか全国順次ロードショー。
12月17日、化粧品大手の「コーセー」は東京・銀座にコンセプトストア「Maison KOSÉ(メゾンコーセー)」をオープンする。
効果、効能がどうこうでなく、シンプルに「デザイン」に惹かれました。NY発の美容ブランド「Herb Essentials」です。
創業250年の老舗みりんメーカー「九重味淋」(愛知県碧南市)が、本みりんにほうじ茶を漬け込んだリキュール「Rincha」を開発。アルコール度数は13%。お...
フランスの大手化粧品メーカー「ロレアル」が紙製の化粧品チューブを開発。ロレアルは10年前からライフサイクルアセスメントを実施しており、紙製のほうが環境影響...
『髪とアタシ』は、ミネシンゴさんと奥さんの三根かよこさんの二人による夫婦出版社「アタシ社」から出版されています。流行の髪型だけを取り上げる美容雑誌ではあり...
韓国で口コミ数No.1を誇るLED美顔器「ECO FACE LIGHTING MASK」が日本に初上陸!美容大国・韓国で累計11万台を販売するその実力とは...
「まさにプロの魂を見せつけられた気分だ」。これは、この記事の主人公James WilliamさんのFacebookに投稿された、写真とコメントを目にした人...
「THREE」を展開するACROは、9月からメンズコスメブランド「FIVEISM × THREE」をローンチすると発表しました。
デンマークで一般的なライフスタイルや考え方を表した言葉「ヒュッゲ」。この記事では、ヒュッゲについて解説し、ヒュッゲを生活に取り入れていくヒントをご紹介していく。
7月16日まで、クラウドファンディングサイト「INDIEGOGO」にて資金調達をおこなっている「QuenchSea」は、海水をきれいな真水に変える携帯浄水...
100%天然由来成分のオーガニックスキンケアブランドから、必須脂肪酸が豊富で皮膚の炎症を落ち着かせる「ヘンプシードオイル」と、環境ストレスへの抵抗力を高め...
私はこれまで10代から90代まで、幅広い女性達の美容相談を受けてきましたが、美のお悩みは十人十色。もともと私もアトピーで肌に大きな悩みを抱えていて、美容の...
YouTubeで受けられる「無料オンラインヨガ」3つを紹介。NIKE、のがちゃんねる、ブスの美ボディメイクのYouTubeアカウントから配信されている無料...
「資生堂」は、新型コロナウイルス感染拡大の抑制に向け、手荒れに配慮した消毒液の生産を開始。今後は月20万本を生産し、医療機関を中心に提供予定とのこと。
シャネルが、ファンデーション、アイブロウ・ペンシル、マットな仕上がりの保湿リップクリームの、3つの製品で構成される「ボーイ ドゥ シャネル」を立ち上げまし...
ヴァージン・アトランティック航空は3月4日、客室乗務員が勤務中に化粧をする義務の廃止を発表。あくまで「化粧を義務付けない」という話なので、客室乗務員が全員...