あの「2WAYサングラス」の進化が、想像以上だった

国内外を問わず、世界中の気になるトピックスを紹介し続けているTABI LABO。ことアイウェアについては、過去に何度もピックアップしてきました。編集部の目はかなり肥えてきてます。

そのうえで、です!

ここで紹介するスタイルは、間違いなくこの夏の定番。数年前からちょくちょく見かけてはいたけど、いよいよ流行り物ではなくスタンダードとして定着しそうな気配です。

メガネはメガネ。サングラスはサングラス。こんな考え方は過去のもの。アイウェアは「1本2役」の時代。

マグネット式プレートを重ねるだけ
かけたまま簡単にスイッチ!

とにかくラク。

「JINS Switch」が、なぜ定番たり得るかを突き詰めていくと、これに尽きます。

メガネにカチャっとプレートを重ねるだけで、サングラスにスイッチ。マグネット式なのでラクです。装着したまま簡単に切り替えられます。片手でOKです。取り外しも然りです。

ドライブやキャンプ、スポーツなどアクティブシーンとの親和性は想像に難くありませんが、地下鉄に乗るみたいな頻繁にあるシチュエーションでも活躍します。わざわざサングラスを外すのは面倒臭い、かといって地下鉄なのにサングラス?という周囲の視線もあったりする(経験ありますよね?)。地下鉄を降りて地上に出たら、またプレートをつけてスイッチ!

機能的なガジェットを多数紹介している人気YouTuber「のりごとー」さんも動画のなかでレビューしている通り、一眼レフの液晶確認の時にも良さそうですね。

→さっそくチェックしてみる

レンズ2枚ぶんって重たくない?
いえいえまさか!

朝はメガネ、昼はサングラス、夜はまたメガネ。起きているすべての時間、これ1本で事足ります。もちろん、コンタクトレンズユーザーや裸眼の人たちのファッションアイテムとして考えてもメリットでしかありません。

でも、単純に考えてメガネ+プレートなので、重量はネックになるのでは?

そう思いきや、試しに1週間程度かけ続けてみても “レンズ2枚分” の重さ、疲れはまったく感じません。

加えて、「荷物が減る」も決して無視できないメリットでしょう。

夏って、容量が少ないサコッシュやウエストポーチでやりくりすることも多くて、何を持って行くかを精査しなきゃいけない。そんなとき、“二刀流”であることはプラスに働く。プレートを持ち運ぶための専用ケースはカラビナ付きだから、ベルトループにひっかけたら荷物にもなりません。

実際に使ってみると、細かいところまでちゃんと配慮されているのが分かります。

より外れにくい設計に!
アクティブシーンで頼れるヤツ

今シーズンのモデルからは、機能面をさらにアップデート。メガネとプレート上部の接触面に引っ掛けをつくることでより外れにくく、隙間からの光の入り込みも防ぎます。

例えば、フェスの時間。例えば、キャンプの時間……プレートがいちいち外れているようではハナシにならない状況でも、安心して使えるというわけです。

(左)トレンドモデル、(右)スポーツモデル
(左)トレンドモデル、(右)スポーツモデル

この夏には偏光レンズプレートを採用したスポーツタイプも新登場。

従来モデルよりテンプルが太く、パッドの仕様もフィット性を意識したものに。ランナーやサイクリストはもちろん、アウトドア好きの皆さんは要注目ですよ。

→詳しくはコチラ

フレーム、レンズともに
トレンドを押さえたデザインが揃う

どれだけ便利でも、どれだけラクでも、かけたくなるデザインでなければ食指は動きません。

「JINS Switch」は、定番の丸型からラウンド、ダブルブリッジといったトレンドの型まで、フレームのバリエーションが多彩。14型36種は競合他社と比べても多いです。レンズも華やかなカラーが用意されていて、ちゃんと“イマドキ”な空気感を出せる。だからこそ選ばれる。

間違いなく、あなたがこの夏かけたい1本に出会えます。

これだけ使えて約1万円
コストパフォーマンスが圧倒的

これで価格がメガネとサングラスの2本ぶんであれば、その価値は半減するというもの。

でも、「JINS Switch」は1万円(税別)もしくは1万2000円(税別)という嬉しすぎる価格帯。むしろ1本で考えても決して高いとは思いません。毎日使えるものだから。

店舗はもちろんのこと、オンラインでも購入可能です。

本当に色々な面でラクな1本。だから、定番になると思うんです。

→詳しくはコチラ
「TO&FROのサングラス」は、トラベル用のサングラス。あの「BuddyOptical」とのコラボレーションモデルです。
クラウドファンディングサイトKickstarterで、現在、資金調達中のサングラス「Ochis」。これ、ちょっと変わっていて、コーヒーの香りがするそうです。
サーフィンやスケート、ゴルフ、野球といったスポーツのシーンで人気のブランド「オークリー(OAKLEY)」が約40年前の創業当時に作っていた意外なアイテムとは?
〈ソフト99コーポレーション〉のメガネクリーナーは。モバイルサイズのハンディタイプがあるのがポイントです。
頬がフレームにあたる…鼻からズレ落ちる…サングラスを使っていて、こんなイライラありますよね。夏も近いということで、このイライラをすべて解消した新商品「Co...
新潟県三条市発の「OUTSIDE IN SUNNIES(アウトサイドサニーズ)」。アウトドア用なんだけど、街でも違和感なく使えるデザインになっているところ...
プロスノーボーダーが作った〈DANG SHADES(ダン・シェイディーズ)〉のサングラスは、価格が3,000円代〜5,000円代が中心。コスパ、最高です。
結論、これは使えます。耳を塞がないので、会話や生活音、街の騒音なんかも聞こえます。街歩きをしながら、ランニングしながら、自転車に乗りながら、といった「なが...
「The Oasis」はハンマーで叩いても割れないレンズに、ナイフで削ろうとしても傷がつかないフレームがウリのようです。
〈TO&FRO〉と〈BuddyOptical(バディオプティカル)〉がコラボレーションしたトラベル用サングラス「CARDINAL」です。ギリギリのバランス...
「アイウェア型デバイス」によって、画像の撮影やメールの送受信、音楽の再生のほか、照明、テレビ、エアコン、車イス、ロボット、ドローンと、身のまわりのものを操...
普段はほとんど使わないサングラスも、海外を旅するときは不思議とかけたくなる。日本よりも強い日差しがそうさせるのかもしれないし、海外に来たという解放感が自分...
これまで世に登場した骨伝導スピーカー。どれもガジェット感が主張されすぎていて、オシャレとは程遠いものばかり。いくらモノが良くてもファッションとして不適格で...
サングラスといえば、金属とプラスチックでできている。そんな常識を覆す、まったく新しい素材で作られたサングラスがスコットランドで誕生しました。その素材は、な...
メガネって決め手がないと迷うよね。形やスタイルから入るか、軽さや見えやすさから入るか……。なんでもいいから重視するポイントがひとつでもあると、あっさり決ま...
目元が光っていて、撮られた本人からすると不本意すぎる一枚。でもこれ、前述の通り、なるべくしてこうなっています。仮にもう一度撮り直しても同じ結果です。
〈TERRA〉というブランドの「Hola」というモデル。真鍮のパーツとポリエステルの蝋引き糸による編み紐、柔らかいラクダ革のアジャスターと素材使いがとても...
アクティブなシーンでサングラスを使うならストラップはどうでしょう? 〈CHUMS〉は、メガネストラップからスタートしてブランド。現在もさまざまな種類を販売...
ファッショングラスが、完全にスタイルに浸透している欧米。かたや日本では、まだまだトレンド感覚が拭いきれていない状況。だってほら、これくらいメガネがアイコン...
大量に廃棄されている衣料品をリサイクルする目的もあり、デニムでつくったサングラスが開発されました。環境問題に関心のあるデザイナー2名が、クラウドファンディ...