Bud Lightが「エリア51」仕様のビールを製造する!?

なにかと話題になっているFacebookのイベント「Storm Area 51, They Can't Stop All of Us」。あのエリア51へ行って、宇宙人に会おうという内容だ。ジョークで始まったにもかかわらず、参加表明をする人が多すぎて、アメリカ空軍が警戒するほどに。

このイベントに関するミームがたくさん作られ、SNSではかなりの盛り上がりを見せている。そして今、注目すべきはBud Light(バドライト)の公式Twitterアカウントによるツイートだ。

「Area 51 Special Edition(エリア51のスペシャルエディション)」という言葉とともに、特注イラストがあしらわれたビールの画像が公開されている。さらに、彼らは「5万1000以上のリツイートで現実になる」とも。

7月19日現在は、約2万5000リツイート。このままの勢いなら本当に製造されるかもしれない。

Top image: © 2019 TABI LABO
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
8月14日にBud Lightは、Cleveland Brownsが2018年シーズンで初勝利をあげた時にファンたちにタダでビールをふるまうために、特別な...
「Been a Slice」は古くなったパンを材料にしたビールです。
防弾仕様のジージャンやパーカ。その機能性は米軍に認められるとまではいきませんが、NIJ規格(米司法省の装備調達規格)に準拠しています。
誰が大麦を栽培したのか?ちゃんと食品検査は行われているのか?どこで醸造されたのか?お店に売られるまでの情報をぜ〜んぶ追跡できるのが、カナダ生まれの「Boc...
サンディエゴにある「Museum of Beer」。ここは、一度にたくさんの地元のビールやクラフトビールを堪能できる場所。テースティングエリアには、65種...
テキサス州の犬を連れ込めるバーを中心に、フロリダ州やノースカロライナ州でも提供されている「Good Boy Dog Beer」の紹介です。
バークレーやサンフランシスコに続き、9月18日にロサンゼルス市議会が毛皮の製造と販売禁止を決定しました。
ビールが苦手な人には理解してもらえなさそうだけど、どうしても飲みたくなる気持ち、とても分かります……。そんなときは我慢せず、グビッと行きましょう?
7月19日にMoritz Fiegeを製造するブルワリーが、新しいボトルを購入しているけど生産が追いつかないため空き瓶を返却して欲しいと、Facebook...
真夏にお餅!?って思うでしょうが、これがビールのお供に最高なんです。
オーストラリアのビール会社Sydney Beer Co.がユニークな職種を募集をしています。Chief Clock-Off Officer。意訳すると「時...
日本でも展開して欲しいと願いたくなる魅力的なお菓子の企画がアメリカで行われました。加工食品メーカーの「ケロッグ」が製造する大人気のクラッカー「Cheez-...
以前にも「World Topics」の記事でご紹介したオレオのインスタアカウント。彼らがまた挑戦的な投稿をしました。
ロシア・モスクワ郊外Rublyovo-Arkhangelskoyeというエリアで、壮大なスマートシティプロジェクトが進められるようです。このコンペに勝利し...
海外へ行き、ビールを飲んで、給料がもらえる。世の中には、こんな求人があるんです。フロリダを拠点にクラフトビールBARのチェーンを展開している「World ...
高度4万フィート(約1万2000メートル)で誕生したクラフトビール「Speedbird 100」。ブリティッシュ・エアウェイズとスコットランドのクラフトビ...
とにかく完全に食器を洗う「スポンジ」が再現されています。
つい先日、世界各地の1ドルで飲めるビールの量を公開されました。
サンフランシスコ生まれの「The Chiller's Pack」は、クーラーが付いているバックパックです。缶ビールをキンキンに冷やせるようになっています。
日々飛躍的な進化を遂げるスマホ。でも、「こんなにたくさん機能があって、疲れちゃった」「ついつい時間を無駄にしてしまう」と思う人もいるかもしれません。「Th...