「フェイクミート」の勢いが止まらない!「Subway」も提供を発表

8月7日、「Subway」がフェイクミートを製造する米企業「Beyond Meat」とパートナーシップ契約を結んだと発表した。

期間限定ではあるが、9月よりアメリカとカナダの685店舗で、トッピングのひとつとして植物由来のミートボールが選べるようになる。野菜からもタンパク質を摂取できるということを示すのが目的とのこと。

2019年に入ってから日本国外では、「McDonald’s」や「Burger King」、「Carl's Jr.」「Kentucky Fried Chicken」「Taco Bell」「Domino's Pizza」「Pizza Hut」などのファストフードチェーンが、フェイクミートを使ったメニューを提供するようになった。また、「IKEA」も植物由来のミートボールを販売する予定だ。

国内での大きな動きはまだ見られないが、こうした流れを考えると、近い将来、日本でもフェイクミートが選択肢のひとつになっていくことはまず間違いないだろう。

Top image: © Joe Raedle/Getty Images
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
米国バーガーキングは、8月8日から全米7000店舗で植物由来のパティでつくられたワッパー「Impossible Whopper」の販売を開始する。通常のワ...
ニュージランドのピザチェーン「Hell Pizza」は、普通の肉を具材にするところ、勝手にビヨンド・バーガーをトッピング!
スウェーデンのバーガーキングは、バーガーのパテが本物の肉かどうかを見分ける新メニュー「50/50」を発売。注文したお客に、フェイクミートと本物をランダムに...
電車って、意外に「人間の素」が出てしまう場所だと思う。なぜか気が緩んでいる人が多くて、見ていると結構おもしろいんですよね。だから、地下鉄に潜むモンスターの...
以前にも「World Topics」の記事でご紹介したオレオのインスタアカウント。彼らがまた挑戦的な投稿をしました。
ここで紹介するのはアイルランドのキュートな農夫カレンダー。社会貢献が目的で製作されました。ちなみに、2019年は10作目の発表なんだとか。(知らなかった!)
昨年も紹介したけれどNY在中の『Improv Everywhere』という集団による「No Pants Subway Ride」が今年も開催。簡単にいうと...
ミシシッピ州では、植物由来の代替肉を「肉」などと表記するのが禁止に。ビヨンド・バーガーの“バーガー”はNG。ヴィーガンホットドックなんていうのもアウトとなる。
デリバリーサービスを提供している企業『Sorted』が、事業を拡大するためにアシスタントディレクターの求人募集を開始しました。
世界中の朝ごはんが楽しめる食で各国の文化を発信する外苑前のカフェWorld Breakfast Allday〒150-0001 東京都渋谷区神宮前3丁目1...
アメリカでの「Black History Month」で、2月にはアフリカ系の人々に敬意を表するイベントやキャンペーンが多く行われていて、Nikeは毎年の...
価格競争が激しくなっている現代社会において、安さだけでなく利便性という軸をプラスオンすることで、圧倒的な地位を築いたUber。タクシーとのさらなる差別化を...
11月にアメリカで行われる中間選挙の投票に行く時は乗車料金を半額にするとLyftが発表しました。
紹介するのは、シンガポールのレストラン「Spice World Hot Pot 香天下火锅」が提供しているタピオカ入りの火鍋です。
米企業「インポッシブル・フーズ」が開発・製造する植物由来の人工肉が、米食品医薬品局(FDA)の承認を得て、スーパーマーケットなどで製品を販売できることに。
9月20日にロサンゼルスを拠点にしているアーティストPlastic Jesusが新たな行動を起こしました。
5月29日にアメリカで発表された「Skai」は、水素を燃料にして飛行する航空機。結論から言うと、水素自動車よりも先に普及するかもしれません。
とにかく完全に食器を洗う「スポンジ」が再現されています。
食べ過ぎ注意です。でも、止まらないおいしさなんです。
オランダのスニーカーブランド『Maecer Amsterdam』と『NASA』のコラボスニーカー。このアイテムの再販が決まったようです。