この「お尻が美しく見えるジーンズ」が約35万本も売れている秘密がわかった!

美脚、美尻のためのジーンズがたくさんありすぎて、どれがいいのかわからない。

そもそもモデルさんのキュッとしたヒップの写真を見てもリアリティがない。

そんなふうに思ってる女性は案外多いと思う。そんなかで「SECRET LINE(シークレットライン)」は累計で35万本販売という大ヒットシリーズ。発売は2011年。今年2019年も新しいモデルが発売されており、大好評だとか。

その実力を確かめるべく、自分で試してみたところ……わかりました。どうしてシークレットラインが人気なのかが!

「締め付け」じゃなくて、あくまで「サポート」
だから、はき心地がイイんです

美脚や美尻をうたっているデニムって、ピチピチしていてはき心地が悪い……っていうのは私の偏見か。

だけど、試着してみて「シルエットはいいけど、ちょっとキツすぎるんだよな〜」って経験が何度かあるのは事実。ヒップのアンダーラインをキレイに見せるために、ギュギュッと締め付けちゃっているジーンズは苦手です。いくらストレッチが効いててもキツイのはイヤ。日常ではくものだしね。

だけど、シークレットラインは「締め付ける」じゃなくて「サポートする」っていう表現を使っています。

その正体がコレです↓

©2019 NEW STANDARD

サポートインナーという裏地です。デニムの裏地にサラサラした機能性インナーを採用していて、これがお尻をクイッと軽く引き上げてくれるんですね。

早速、はいてみました。

©2019 NEW STANDARD
©2019 NEW STANDARD
©2019 NEW STANDARD

上がシークレットライン、下が普段はいてるジーンズです。

並べてみると、ラインが全然違いますね。ヒップラインが丸く綺麗に見えるのにくわえて、シワの入り方も美しい……我ながらいい感じです(笑)。

さらに驚いたのがはき心地です。

たしかにこれは「締め付け」じゃなくて「サポート」ですね。ストレッチがかなり効いてるので見た目はジャストサイズでもストレスフリー!

©2019 NEW STANDARD
©2019 NEW STANDARD

座っても、キツくない。

お尻も膝も、キツくない。

インナーがゴワつくんじゃないの?って思ってたんですが無問題。肌にあたる部分もサラッサラ。

そして地味にうれしいのが、このインナーのおかげで下着のラインが出ないこと。階段でも後ろの人の視線が気になりません。

ギャル系じゃなくて、ジーンズショップ発
過剰にセクシーじゃないところもいい!

ところで美尻・美脚ジーンズってギャル系ブランドが多くないですか?嫌いじゃないんだけど、セクシー過ぎて自分がはくには抵抗感あるんですよね。極端に脚が細いラインも私が似合うとは思えない(笑)。

シークレットラインはRight-onのプライベートブランド「Back Number」のアイテム。アメカジに定評のあるブランドだけに、デイリーに着まわせるデザインになっているのも◎です。

なかでも私が気に入ったのが、素材の風合い。

©2019 NEW STANDARD
©2019 NEW STANDARD

いかにもストレッチデニムって感じじゃなくて、ジーンズの“らしさ”がしっかり出てます。

色はもちろん、ハイライズとミドルライズも!
いろんなモデルから選べます

最後にもうひとつだけ!

シークレットラインは、ラインナップがとっても豊富です!

色が濃い、薄いだけじゃなくて、人気のハイライズや定番のミッドライズ、ビジネスカジュアルにも使えるブラックカラーまで揃ってます。

その一部を紹介しますね。

シルエットも色もスッキリ!
清潔感のあるブルーが素敵です

©2019 NEW STANDARD

シリーズのなかでも最も薄い色のジーンズは、軽やかで清潔感のあるブルーが魅力的。流行のハイライズで、お尻と合わせて、ウエストも気持ちキュッとなるところもいいですね。

シークレットライン
ハイライズスキニーデニムパンツ
淡加工色

このジーンズはコチラ!

登場回数は間違いなく多い!
トップスを選ばないブラックジーンズ

©2019 NEW STANDARD

こちらもハイライズ、スキニーとトレンドをおさえた逸品。なんといってもブラックのカラーパンツは、休日からビジネスカジュアルまで使えるのが魅力。ヘビーローテーション間違いなしです。

シークレットライン
ハイライズスキニーカラーパンツ
ブラック

このジーンズはコチラ!

幅広い年代に人気のミッドライズ
リアルなウォッシュ加工にも注目!

©2019 NEW STANDARD

こちらはミッドライズ。ここまで紹介してきたハイライズよりもちょっとだけウエスト部分が短いため、よりスタンダードなジーンズに近いかたちになってます。あと、アメカジブランドならではのリアルな色落ち感にも注目!

シークレットライン
ミッドライズスキニーデニムパンツ
中濃加工色

このジーンズはコチラ!

「全部のラインナップをみて、決めたい!」という人は下のボタンから、ドーゾ!

結局、私はこの1本に決めました!

©2019 NEW STANDARD

いろいろ試着した結果、私はハイライズスキニーデニムの濃加工色に決めました。

ハイライズならウエストもお尻もキュッとしまって見えるし、ワンウォッシュよりちょっと薄めのジーンズの色が好きなんですよね(←個人の好みw)。

「体型を補正するようなジーンズなんて……」と思っている人にこそ、ぜひ試してもらいたいですね、このシークレットライン。

Right-onの店舗だけでなく、オンラインショップでも試着した後、サイズが合わなかったら送料無料で交換もできますよ!

Top image: © 2019 NEW STANDARD
他のアイテムもチェックしたい!

関連する記事

「EDWIN」がジーンズを資源として活用することで、環境負荷を減らす未来のための循環型ジーンズプロジェクト「CO:RE(Cotton Recycle)」を...
カジュアルアイテムの大定番・ジーンズが「青い理由」について迫ります
アメカジスタイルの定番アイテム「ジーンズ」と「チノパン」の歴史をご紹介! ポケットの形や配置が違う理由は......。
長い歴史をもつ「ジーンズ」の「ベルトループ」にこんな秘話が?
興味はあるけど、何からやればいいのかわからない。有識者の話は参考にしにくい。それならまずは身近な人の体験談を聞いて、次のアクションの参考にしてみようという...
家に眠るジーンズをエプロンにアップサイクルしてくれるプロジェクト「デニム再生物語 DENIM REMAKE」が「Makuake」に登場。長年愛用したジーン...
ジーンズの前立てに施されている「ボタンフライ」と「ジッパーフライ」の歴史と用途をプロが解説。
イギリスの書店のあるツイートが驚異的に拡散され話題になりました。1991年からずっと売れ残っていた本が、ついに売れたんだとか!
東京・原宿のキャットストリートに10月9日オープンする「トミー ジーンズ キャットストリート店」は、トミー ジーンズ単独店としては初の路面店。オープンを記...
いまや世界中でファッションアイテムとして愛用されているジーンズ。そのルーツが、19世紀後半にアメリカで誕生した労働者向けのワークウェアであったことはよく知...
時代を超えて愛される駄菓子は、子どもだけの楽しみにあらず。真面目に駄菓子とスパークリングワインのペアリングを検証してみました。
みなさんが普段はいているジーンズ。それに使われているデニムが他の生地と大きく違うのは「色落ちすること」にある。はき続けているうちに、擦れ、色褪せ、自分だけ...
老舗ジーンズブランド「Levi’s」より、お手頃価格の設定が嬉しいセカンドライン「DENIZEN FROM LEVI’S」が日本に上陸。
クリスマスシーズンには4万本以上売れるという、兵庫県・神戸市にある「フロインドリーブ」の絶品シトーレン。教会のパン屋さんが作るシュトレンはたっぷりバターを...
「4尻フェチ」な私が、このヌード写真集を見つけたとき、思わず震えてしまったのです。だって、ムニュっとカタチが変わって、それでも“プリっと感”は保っている。...
諸説あるからこそ、歴史や文化、時代背景などにも想いを巡らせられる「アメリカンカジュアル」の世界っておもしろい。そこで、原宿「BUDDY」の店長にアメカジに...
約350万枚が売れた「無印良品」の大人気マスクに、秋向け素材3種が登場。10月中旬より全国の無印良品の店舗にて販売が開始される。
ジーンズなどの製造・販売を予定している「RIOT PANT PROJECT」は、社会に一石を投じるデザインが話題のファッションレーベル。問題視しているのは...
自転車パーツブランド「GORIX」が発売した「GORIX 超肉厚クッション低反発サドル (GX-C118) 」。肉厚で柔らかく、弾力がある座面と、ダブルサ...
宅配企業「佐川急便」とユニフォームを製造を手掛けている「ミズノ」は、2007年から2018年までの間に、約213万着のエコユニフォームを製作するため約1,...

おすすめ記事

「ラムを作ろう、壁ではなく」というタイトルのユニークな動画広告は、オーストラリアのラム肉メーカー「Australian Lamb」が制作したもの。「私たち...
埼玉県、名栗エリアの北欧文化を体験できる施設「Nolla naguri(ノーラ名栗)」が、グランピングエリア開業にともない2021年4月29日(木)にグラ...
浜松市の鉄工所がつくったジュラルミン仕様のペグ。強度はもちろん、らせん形状に秘密あり。
大分県の景勝地、耶馬渓に3日間限定でが「耶馬溪トンネルホテル」がオープン。客室となるのは道路に設置されたキャンピングカー。トンネル内には、建築家・佐野文彦...
1月4日、米「中央情報局(CIA)」の公式サイトが刷新され、現代風にアップデートされたロゴが公開された。どうやら若者へ向けた採用活動を大きく進めるためのリ...
NBAの「ロサンゼルス・レイカーズ」に所属している選手、アンソニー・デイビスが着用し話題となっていた「ナイキ」のサステイナブルな新作バスケットボールシュー...
「ニューヨーク近代美術館(MoMA)」のミュージアムショップがセレクトしたスピーカー/ラジオ「OB‐4 マジックラジオ」が日本初上陸。DJコントローラーの...
手持ちのマスクが最強になるスペシャルなマスクカバーが、トラベルギアブランド「TO&FRO」から発売。
米・ニューヨーク市の「ハドソン・リバー・パーク」と「ジャビッツ・センター」が増設されることが分かった。
昨年に続き、ニューノーマルを求められる2021年。在宅ワークはたしかに浸透したかもしれない。でも、皆がみな「家=シゴトの場所」とできているかは……。生活の...