この「お尻が美しく見えるジーンズ」が約35万本も売れている秘密がわかった!

美脚、美尻のためのジーンズがたくさんありすぎて、どれがいいのかわからない。

そもそもモデルさんのキュッとしたヒップの写真を見てもリアリティがない。

そんなふうに思ってる女性は案外多いと思う。そんなかで「SECRET LINE(シークレットライン)」は累計で35万本販売という大ヒットシリーズ。発売は2011年。今年2019年も新しいモデルが発売されており、大好評だとか。

その実力を確かめるべく、自分で試してみたところ……わかりました。どうしてシークレットラインが人気なのかが!

「締め付け」じゃなくて、あくまで「サポート」
だから、はき心地がイイんです

美脚や美尻をうたっているデニムって、ピチピチしていてはき心地が悪い……っていうのは私の偏見か。

だけど、試着してみて「シルエットはいいけど、ちょっとキツすぎるんだよな〜」って経験が何度かあるのは事実。ヒップのアンダーラインをキレイに見せるために、ギュギュッと締め付けちゃっているジーンズは苦手です。いくらストレッチが効いててもキツイのはイヤ。日常ではくものだしね。

だけど、シークレットラインは「締め付ける」じゃなくて「サポートする」っていう表現を使っています。

その正体がコレです↓

©2019 NEW STANDARD

サポートインナーという裏地です。デニムの裏地にサラサラした機能性インナーを採用していて、これがお尻をクイッと軽く引き上げてくれるんですね。

早速、はいてみました。

©2019 NEW STANDARD
©2019 NEW STANDARD

上がシークレットライン、下が普段はいてるジーンズです。

並べてみると、ラインが全然違いますね。ヒップラインが丸く綺麗に見えるのにくわえて、シワの入り方も美しい……我ながらいい感じです(笑)。

さらに驚いたのがはき心地です。

たしかにこれは「締め付け」じゃなくて「サポート」ですね。ストレッチがかなり効いてるので見た目はジャストサイズでもストレスフリー!

©2019 NEW STANDARD
©2019 NEW STANDARD

座っても、キツくない。

お尻も膝も、キツくない。

インナーがゴワつくんじゃないの?って思ってたんですが無問題。肌にあたる部分もサラッサラ。

そして地味にうれしいのが、このインナーのおかげで下着のラインが出ないこと。階段でも後ろの人の視線が気になりません。

ギャル系じゃなくて、ジーンズショップ発
過剰にセクシーじゃないところもいい!

ところで美尻・美脚ジーンズってギャル系ブランドが多くないですか?嫌いじゃないんだけど、セクシー過ぎて自分がはくには抵抗感あるんですよね。極端に脚が細いラインも私が似合うとは思えない(笑)。

シークレットラインはRight-onのプライベートブランド「Back Number」のアイテム。アメカジに定評のあるブランドだけに、デイリーに着まわせるデザインになっているのも◎です。

なかでも私が気に入ったのが、素材の風合い。

©2019 NEW STANDARD
©2019 NEW STANDARD

いかにもストレッチデニムって感じじゃなくて、ジーンズの“らしさ”がしっかり出てます。

色はもちろん、ハイライズとミドルライズも!
いろんなモデルから選べます

最後にもうひとつだけ!

シークレットラインは、ラインナップがとっても豊富です!

色が濃い、薄いだけじゃなくて、人気のハイライズや定番のミッドライズ、ビジネスカジュアルにも使えるブラックカラーまで揃ってます。

その一部を紹介しますね。

シルエットも色もスッキリ!
清潔感のあるブルーが素敵です

©2019 NEW STANDARD

シリーズのなかでも最も薄い色のジーンズは、軽やかで清潔感のあるブルーが魅力的。流行のハイライズで、お尻と合わせて、ウエストも気持ちキュッとなるところもいいですね。

シークレットライン
ハイライズスキニーデニムパンツ
淡加工色

このジーンズはコチラ!

登場回数は間違いなく多い!
トップスを選ばないブラックジーンズ

©2019 NEW STANDARD

こちらもハイライズ、スキニーとトレンドをおさえた逸品。なんといってもブラックのカラーパンツは、休日からビジネスカジュアルまで使えるのが魅力。ヘビーローテーション間違いなしです。

シークレットライン
ハイライズスキニーカラーパンツ
ブラック

このジーンズはコチラ!

幅広い年代に人気のミッドライズ
リアルなウォッシュ加工にも注目!

©2019 NEW STANDARD

こちらはミッドライズ。ここまで紹介してきたハイライズよりもちょっとだけウエスト部分が短いため、よりスタンダードなジーンズに近いかたちになってます。あと、アメカジブランドならではのリアルな色落ち感にも注目!

シークレットライン
ミッドライズスキニーデニムパンツ
中濃加工色

このジーンズはコチラ!

「全部のラインナップをみて、決めたい!」という人は下のボタンから、ドーゾ!

結局、私はこの1本に決めました!

©2019 NEW STANDARD

いろいろ試着した結果、私はハイライズスキニーデニムの濃加工色に決めました。

ハイライズならウエストもお尻もキュッとしまって見えるし、ワンウォッシュよりちょっと薄めのジーンズの色が好きなんですよね(←個人の好みw)。

「体型を補正するようなジーンズなんて……」と思っている人にこそ、ぜひ試してもらいたいですね、このシークレットライン。

Right-onの店舗だけでなく、オンラインショップでも試着した後、サイズが合わなかったら送料無料で交換もできますよ!

Top image: © 2019 NEW STANDARD
他のアイテムもチェックしたい!
カジュアルアイテムの大定番・ジーンズが「青い理由」について迫ります
アメカジスタイルの定番アイテム「ジーンズ」と「チノパン」の歴史をご紹介! ポケットの形や配置が違う理由は......。
長い歴史をもつ「ジーンズ」の「ベルトループ」にこんな秘話が?
ジーンズの前立てに施されている「ボタンフライ」と「ジッパーフライ」の歴史と用途をプロが解説。
毎日ミュージックビデオを紹介する連載企画。今日は、CONANの『Volt THrower』です。
東京・原宿のキャットストリートに10月9日オープンする「トミー ジーンズ キャットストリート店」は、トミー ジーンズ単独店としては初の路面店。オープンを記...
イギリスの書店のあるツイートが驚異的に拡散され話題になりました。1991年からずっと売れ残っていた本が、ついに売れたんだとか!
いまや世界中でファッションアイテムとして愛用されているジーンズ。そのルーツが、19世紀後半にアメリカで誕生した労働者向けのワークウェアであったことはよく知...
みなさんが普段はいているジーンズ。それに使われているデニムが他の生地と大きく違うのは「色落ちすること」にある。はき続けているうちに、擦れ、色褪せ、自分だけ...
「4尻フェチ」な私が、このヌード写真集を見つけたとき、思わず震えてしまったのです。だって、ムニュっとカタチが変わって、それでも“プリっと感”は保っている。...
明洞から徒歩15分程にある「ウルチロ3街(乙支路3街)」。今ここに若いクリエイターたちが目をつけ、自分たちの好きを貫いたお店をオープンさせている。HIPチ...
クリスマスシーズンには4万本以上売れるという、兵庫県・神戸市にある「フロインドリーブ」の絶品シトーレン。教会のパン屋さんが作るシュトレンはたっぷりバターを...
ファッションは、この社会を生き抜くための鎧だ。
Be inspired!東京・NY・ストックホルムを拠点に2015年1月に創設。「社会問題を解決する“遊び心のあるアイデア”」を提供しています。また、世界...
旅の間、船内でファッションショーが開催されるクルーズ「Transatlantic Fashion Week」。その名が示すとおり、約一週間の航海ではファッ...
発売は1984年。流行り廃りの激しいこのジャンルにおいて、35年以上売れ続けているという、超超超ロングセラーです。
1989年、糸井重里がゲームデザインを手掛けた「MOTHER」がゲーム発売30周年を記念してオリジナルサウンドトラックを発売!しかも、当時を彷彿とさせるア...
「MIMION」は、温泉や岩盤浴に入ったようなポカポカとした温もりを感じることができるという“耳のお布団”。
桜が綺麗な国は決して日本だけではありません。そのことはもはや、多くの人が知っているはず。特にワシントンD.C.のそれは、日本から贈られたものとして有名。今...
ユニークで可愛いお尻型の花瓶。つるつるバージョンや毛深いバージョンなどもあり、見る人をくすっと笑わせてくれます。思わず視線を留めてしまうインパクト大なデザ...
足裏への負担を軽減するために生まれたリカバリーシューズというカテゴリー。そのなかでも〈OOFOS®〉オリジナルの特殊素材OOfoamは、衝撃の反発を37%...
17世紀〜20世紀初頭の貴族のファッションに身を包み現代に生きる25歳の若者が注目されている。
イギリス在住のとある女性。彼女は20年前、旅行用の本を古本屋で購入しました。たった1ポンドだったその本は、『ハリー・ポッターと賢者の石』の初版。競売人を自...
約400万円から購入できてしまう「Plús Hús」。現在はアメリカ国内のみの展開ですが、今後日本でも販売されればマイホームを手にするハードルがぐっと下が...