「旅先だと便秘になっちゃうの…」って人は読んでください by Hotels.com

以前、ヨーロッパを共に旅した先輩は、旅のストレスで5日も便通がなく、「このままでは腸が破裂してしまうのではないか……」という恐怖に、連日恐れおののいていた。

しかし、環境が変わる旅先では体内のリズムが崩れてしまう人も多いため、この「旅先便秘」、じつは結構あるあるだ。

では、どうしたら旅先でも快腸でいられるの? そんな疑問に答えるため、「Hotels.com」では、YOGA・SUP YOGAインストラクター兼ライフスタイルアドバイザーであるTAMAO先生監修のもと、「旅先で美腸を保って旅を思い切り楽しむ10のヒント」を、人気イラストレーター八重樫王明氏のイラストと共に紹介している。

©2019 Hotels.com, LP. All rights reserved.

 

〜旅先で美腸を保つ10のヒント〜

 

①酵素やサプリを持参して毎日朝・夜の2回飲む

酵素は善玉菌を増やして腸内の環境を改善してくれるので、便秘にはとても効果的。また、酵素はタンパク質を分解する効果もあるので、消化をサポートし代謝を良くしてくれる。

 

②水を毎日2リットル以上飲む

旅行中はつい観光や移動に夢中になって、気が付けば水分を取り忘れていたり、お酒やコーヒーをつい飲みすぎることで体内の水分が失われてしまうことも。便の主成分の一つが水分なので、いつもより運動量の多い旅行中は、とくに多めの水分補給を心がけることが大切。

 

③毎朝、寝る前に簡単にヨガをする

とくに魚のポーズや鋤(すき)のポーズは、鎮静効果やリラックス効果があり、腹部の不快感を和らげてくれる。ねじりのポーズ、ガス抜きのポーズ、そしてコブラのポーズは血行を良くし、消化を促す効果が。

 

④朝は固形物を摂らず、フルーツかスムージーのみ

朝は排泄の時間。固形物の摂取を控えると、それを消化するために胃に集まっていた血液は体中を循環し、排泄効果が高まる。その結果デトックスが進み、脂肪の分解や便秘解消などの効果が期待できる。

 

⑤睡眠のリズムを崩さない

睡眠のリズムが崩れると、消化管の運動神経である「交感神経と副交感神経」からなる自律神経も十分に休息できず、自律神経失調の状態が起こりやすくなってしまう。

 

⑥おへそのあたりから「の」の字を書くように、おへその下、右下腹部、おへその上、左下腹部とマッサージ

大腸の形に沿って、おへその下あたりから時計回りに手のひらでゆっくり10回ほど「の」の字を描く。消化を促すために、寝そべるよりは身体を起こした状態で、ゆっくり呼吸をしながらやると効果的。

 

⑦よく歩く

運動を怠ると全身の血行が悪くなり、腸の動きも鈍くなる。歩きやすい靴を履いて少しだけ意識して多く歩くことが効果的。

 

⑧食べすぎたら翌朝はプチ断食

少し食べすぎたかなと思ったときは、翌朝は胃腸を休め、水、または白湯のみを摂取。デトックス効果があり、腸をリセットすることができる。

 

⑨リラックスグッズを持参する

荷物にならないアロマや音楽、お気に入りのボディークリーム、足のリラックスシートなど、自分がリラックスできるアイテムを旅先にも持参し、五感のバランスを整える。

 

⑩現地の食物繊維や乳酸菌を摂る

便の主成分の一つである食物繊維と、腸内を酸性に保ちながら善玉菌を育ててくれる乳酸菌を現地の食物から摂取できるとより効果的。善玉菌は腸内フローラのバランスを整えたり、腸の運動を活発にして、便秘や下痢を防ぐ効果が。

 

 

結局、ヨーロッパ周遊6日目にやっと便通に恵まれた先輩。このアドバイスを知っていたら、あの時の旅はもう少し力を抜いて楽しめたかもしれない。

Top image: © 2019 Hotels.com, LP. All rights reserved.
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
「Pricerooms.com」は、旅行する際、徹底的に安いホテルを探したい人向け。予約を済ませた後もさらにお得なプランを探し続けてくれるんです。
先にお金を払わずとも、旅行には行けてしまうわけです。
期間内なら、申し込み金が約100円。そんなキャンペーンを行なっているのは、オーストラリアの旅行代理店「Intrepid Travel」。出発予定日が12月...
旅行へ行くとスッキリする、行く前に比べて自分の中で変化がある気がする、なんて事を経験したことがある人は多いのでは?この記事では、研究や調査結果を通して「な...
この世界には、2種類の人間がいる。それは旅行を心から楽しむ「旅人」と、実はうまく楽しめていない「観光客」。納得なものから、うーんなものまで。ライターであり...
日本人が知らないカンボジアの“今”が詰め込まれているのが、このガイドブック。1月5日から発売されている『CAMBODIA BOOK カンボジア観光ガイドブ...
世界中の朝ごはんが楽しめる食で各国の文化を発信する外苑前のカフェWorld Breakfast Allday〒150-0001 東京都渋谷区神宮前3丁目1...
かつてニュージーランドは、「羊の数が人の数より多い国」として旅人たちに知られていた。そこから受けた印象は、牧歌的。大自然はあるけど、退屈な国。そう勝手に思...
ニュージーランドで旅をして、一番印象に残ったのは、どこもガイドブックで目にしたことがない体験ばかりでした。リアルな感動を紹介したいから、特別に紹介しちゃい...
ニュージーランドで旅をして、一番印象に残ったのは、どこもガイドブックで目にしたことがない体験ばかりでした。リアルな感動を紹介したいから、特別に紹介しちゃい...
一人旅。その醍醐味のひとつは、いつもなら出会えないような人々と友だちになれること。旅の最中は友だちができやすいシチュエーションに溢れている。ここでは旅先で...
Lauren Harburyさんは、今まで長年にわたり、不眠の悩みを抱えている人たちをサポートしてきたそう。環境が変わったり、旅行先になると眠れなくなって...
「Original Travel Company」は、独自の視点で旅をプロデュースしてくれるイギリスの旅行代理店です。
旅行者向けの服レンタルサービス「BringO」は、11月23日よりニューヨークにて試験運用を開始する。第1弾は女性向けデザイナードレス及びカジュアル服のレ...
仕事を忘れ、非日常を満喫しよう。そう思ってせっかくヨーロッパへ来たのに、どこもかしこも日本人だらけ。そんな状況は、正直言って味気がありません。どうせなら、...
ガイドブックをどれだけ読んでも見つけられないのは、有名な観光地などで実際に生活をしている人々。10年間、旅を続けたフォトグラファーが魅せられたのは、ありが...
以前にも「World Topics」の記事でご紹介したオレオのインスタアカウント。彼らがまた挑戦的な投稿をしました。
Doctors Me(ドクターズミー)医師、その他専門家「Doctors Me」は、医師、歯科医、栄養士、カウンセラー、薬剤師、獣医などに直接相談できる、...
「Glacier Pools」と称されたTom Hegenさんの作品は、直訳すると「氷河のプール」という意味。詳しいロケーションは明かされていませんが、ア...
海外旅行で本当に使えるサコッシュ「MAISON CANVVAS」の紹介です。