料理にかざすだけ。画期的な「アレルギー検知デバイス」

世界的に増加傾向にあるという「食物アレルギー」。この問題に対し、イスラエルのバイオ関連スタートアップが開発研究を続けてきたデバイスに世界の耳目が集まっている。

ハンディタイプの「Allerguard」は、料理の乗ったプレートに近づけるだけで、料理が発する蒸気分子を吸収してアレルギー源となる物質を特定してくれるというもの。

アレルギー検知といえば、食品サンプルを採取して、そこから分析をするもののように思うが、サンプル採取の必要もなく、目の前の料理が発するおいしそうな“におい”や“湯気”(正確には蒸気)をデバイスに嗅がせるだけでAIが化学構造を分析して、食べても問題なしという許容範囲までアレルギー源を特定していくそうだ。しかも、特定までにかかる時間は約30秒というから、料理が冷める心配もなさそうだ。

実際、似たような検出デバイスの開発競争が世界中のバイオ企業で起きている。だが、一般的な検出デバイスの場合、特定の食材や料理をひとつひとつ計測していくのに対し、Allerguardが画期的なのは料理が盛られたプレート全体に解析をかけ、アレルギーの特定に寄与する点。

当然ながら、これは命に関わるデバイス。検知ミスがあってはならない。試作は大詰めでも、実用化にはまだ1年半ほどかかる見込み。販売予定価格は150ドルほどに抑えることを目指しているという。ちなみに、個人のアレルギーや身体情報を登録し、クラウド上で管理するためのICカードも1ドルに設定予定。

必要な人が誰でも手の届きやすい価格。命を守るデバイスとはこうでありたい。

Top image: © iStock.com/Ganna Galata
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事

関連する記事

飼育費や犬アレルギーのため飼いたくても飼えない人のために生まれた「Theia」。片手で持てるデバイスで、ユーザーの手を行き先の方向に動かし道案内をしてくれ...
6月29日、米「カリフォルニア大学」のロサンゼルス校の研究チームが、アメリカ手話(ASL)を読み取り、リアルタイムで音声変換するデバイスを開発したと発表。...
「いびき」を分析して快眠をサポートするデバイス「スノアサークル」に新モデル。「AIいびき認識システム」を搭載し、特殊ないびきにも対応。アプリ対応で心身共に...
キャッシュレス先進国・イギリス発のスマートリング「EVERING(エブリング)」が、日本に初上陸。ファッションリングのようなオシャレな見た目でありながら、...
「ほぼ日」から、気持ちを晴れやかにしてくれる“肌とメイクと道具”のビューティーブランド「Shin;Kuu(シンクー)」が登場。デビューコレクションの、...
「オーディーエス」は、スマートフォンで再生した好きな音楽に、入眠時の脳波と同じ周波数の信号を加えるRBS技術を搭載した、快適な睡眠をサポートしてくれるデバ...
まるでルービックキューブのような形をした新しいキューブ型デバイス「WOWCube」が発表され、ありそうでなかったこの革新的なデバイスに大きな注目が集まって...

人気の記事

「国際宇宙ステーション(ISS)」に滞在した山崎直子氏の経験を聞けるだけでも貴重な体験だが、今回はほかにもさまざまな特別プログラムが用意されているようだ。
SNS映えに特化した観光サイト「スナップレイス」が、2020年の総集編として「インスタ映えスポット」ランキングトップ10を発表。
プログラミングを、PC画面とにらめっこせずに学べるツールが開発されています。「Project Bloks」では、子どもたちが遊びながらにして、自然と基礎を...
埼玉県、名栗エリアの北欧文化を体験できる施設「Nolla naguri(ノーラ名栗)」が、グランピングエリア開業にともない2021年4月29日(木)にグラ...
先月、ニューヨーク市の動物福祉局は、食肉の消費量削減目標を達成するため、肉の消費を控えるよう市民に訴えかける電子メールを送付した。
渋谷PARCOに先週7日(日)から「スウォッチ」の新作「ミッキーマウス x キース・へリング コレクション」をフィーチャーポップアップストアが登場。今月2...
東京・西大井の人気店「超蜜やきいもpukupuku」の焼きいもを、ボタンひとつで作れる究極の焼き芋トースター。