つらい「食あたり」による発熱。こんなとき、どうすればいい?

Doctors Me(ドクターズミー)
医師、その他専門家
「Doctors Me」は、医師、歯科医、栄養士、カウンセラー、薬剤師、獣医などに直接相談できる、メディカル・ヘルスケアQ&Aサービスです。また、医師をはじめとする専門家が執筆・監修する人気コラム、病気・症状の体験談等を配信しています。
Doctors Me
食あたりすると下痢や腹痛が起きますが、状態がひどくなると熱が出ることがあります。…熱が出ると、より心配になりますね。でも、食あたりで発熱するのはなぜ?もしかして、病院に行く必要アリ?食あたりのときの発熱について、医師の意見をチェック!

食あたりで発熱するのはなぜ?

shutterstock_247425502_2

食あたりのときの発熱は、主に2つの原因のいずれかである可能性が考えられます。
1. 細菌が原因の場合 
腸から身体の中に有害な細菌が入りますが、細菌から熱を出す物質が出ることによって熱が出ることがあります。たとえ細菌が身体の中に入らなくても、腸の中で細菌から出た熱を出す物質が直接的に働いて、熱が出ることがあります。
また、身体に入った細菌自体に熱を出す物質がなくても、細菌は身体にとっては異物。身体の中では細菌を排除する免疫の働きが起こります。この働きのために熱が出ることがあります。
2. 食物アレルギーの場合 
細菌が原因でない食あたりで熱が出るのは、食べ物自体に対するアレルギーの反応の場合があります。

食あたりで
発熱した場合の治療方法

Woman looking at thermometer

【細菌が原因の場合】 
1. 水分補給をする
細菌からの熱を出す物質が原因の場合と、細菌を排除する免疫の働きが原因の場合は、症状を緩和するために整腸剤の内服と、下痢による脱水やナトリウムやカリウムなどの電解質バランスの乱れを改善するために、スポーツドリンクで水分を補給するのがおすすめ。
2. 有効な抗生物質が必要 
細菌が原因での食あたりによる発熱は、細菌を身体の中から除去しない限り改善しません。症状が軽い場合は市販の整腸剤で良くなる場合がありますが、熱が出るような食あたりの場合は、整腸剤の効き目はないと思ってください。このためにはどんな細菌が原因かを調べて、その細菌に対応する抗生剤を服用する必要があります。
3. 必ず医師の診察を 
下痢止めなどで下痢を無理やり止めると、腹痛や発熱が悪化することがあります。発熱を伴う場合は、必ず病院で受診するようにして下さい。またこのような細菌の中には、抗生剤によって排除しないと、身体の中に居ついてしまうものがあります。本人には症状は起こりませんが、他の人にうつす感染源となることがありますので、便検査で確実に細菌がいなくなったという確証が必要です。特に食品を扱う仕事、幼児や高齢者を介護する仕事についている場合は注意が必要です。
4. 経過の観察も必要 
細菌が原因の食あたりでは、腎不全などの二次的な合併症が起こることがあり、症状が良くなるまでは注意深い観察が必要になります。特に幼児や高齢者、持病のある人は合併症が起こりやすいので注意する必要があります。

 

【食物アレルギーの場合】 

食べ物自体に対するアレルギーが原因の場合は、整腸剤等で症状が治まるのを待って下さい。アレルギー反応は1度目よりも2度目の方がひどくなるので、同じものを再度食べないように注意する必要があります。原因となる食べ物を調べるには、病院を受診して血液検査を受ければはっきりします。
■医師からのアドバイス

食あたりでも熱が出ないもの、便に血が混じらないもの、腹痛がさほど強くないものは市販の整腸剤で様子を見ることが可能ではあります。

しかし、幼児や高齢者、持病がある場合は無理をして病院を受診しないで市販薬だけで様子を見ると思わぬ合併症が起こることがありますので、2〜3日以上様子を見ても症状が改善しない時は病院を受診した方が良いでしょう。

監修:Doctors Me医師
コンテンツ提供元:Doctors Me

発熱ジャケット「Warm Geek 4.0」が、クラウドファンディングサービス「GREEN FUNDING」で展開中。
「ミズノ」から吸湿発熱素材「ブレスサーモ」を搭載した「マウスカバー」が登場。快適な着け心地と抜群の発熱&保温性能、しかも蒸れにくく快適に過ごすことのできる...
「PolarSeal」は、腰と背中が物理的に発熱する仕様。袖口のボタンを押すことで、、低温、中温、高温を調整し、「腰だけ」「背中だけ」「両方」を切り替えれ...
Doctors Me(ドクターズミー)医師、その他専門家「Doctors Me」は、医師、歯科医、栄養士、カウンセラー、薬剤師、獣医などに直接相談できる、...
「Nintendo Switch」から同機では初となる本体カラー変更モデル「Nintendo Switch マリオレッド×ブルー セット」が2021年2月...
医療現場の院内集団感染防止を目指し、90分あればDIYで組み立てられるプレハブ工法ハウス「EZDOME HOUSE」が、山梨「加田クリニック」に導入。入口...
Doctors Me(ドクターズミー)医師、その他専門家「Doctors Me」は、医師、歯科医、栄養士、カウンセラー、薬剤師、獣医などに直接相談できる、...
自分の体重から「1日に必要な水分摂取量」を割り出す計算式を、健康情報サイト「Health & Love Page」より紹介します。意識して飲もうとすると、...
ヴェネチア市にある病院「Ospedale dell'Angelo」。僕たちが考える「水の都」から橋で渡ったところ、メストレという地域に建てられています。
市販のモバイルバッテリーにつないで、60秒で即座に発熱する「ニットキャップ&ネックウォーマー」が登場。発熱だけでなく、保温と防風にも優れ、冬の寒さをしっか...
木の実由来のファッションブランド「KAPOK KNOT」が期間限定のショールームを、東京・日本橋の「GROWND - nihonbashi -」2Fにオー...
イスラエルのスタートアップが開発をすすめる「Allerguard」は、料理にかざすだけでアレルギー源を検知する画期的なデバイス。
発熱素材を使用した「3D抗菌暖冬マスク」が、応援購入サービス「Makuake」にて先行予約を受け付けている。
原因不明の偏頭痛にず〜っと悩まされてきた女性についてご紹介。その原因が食べ物にあったとは。
健康な人の便を冷凍し、カプセルに封じ込めた薬が、「クロストリジウム・ディフィシル感染症」の治療に効果を発揮するとの研究結果が米国医師会雑誌(JAMA)に発...
「Red Heart」というアメリカの毛糸ブランドが開発した新製品「Heat Wave」が、数年後に世界中で愛用されそうなくらい便利だ。
気候変動問題に取り組むスタートアップ企業としてクラッカーを生産する「Moonshot」。同社の創業者は、革新的な方法でたちまちユニコーン企業にまで上り詰め...
おうちカフェにもおすすめ。こんな時だからこそ楽しみたい、人気のお取り寄せスイーツを「バターサンド」、「チョコテリーヌ 」、「ヴィーガンスイーツ」、「クッキ...
UCLH(ロンドン大学病院)は、主に口腔、咽頭、喉頭、鼻腔、副鼻腔、唾液腺、甲状腺、頸部食道、気管に現れる「頭頸部がん」の治療に、Googleの人工知能「...
定額制テイクアウトアプリの「POTLUCK(ポットラック)」は、シェアキッチンの「Kitchen BASE」との連携を発表。今後、シェアキッチンに入居する...
健康な体は健康な食事から。を本格的に病院の対応として取り入れている医師が話題になっています。なんと、野菜やフルーツを薬の代わりに処方し始めたのだというから...
熱中症予防のために開発された「穴空きマスク」なら、マスクをしたままストローを使って水分補給が可能に。
食べ過ぎたりやりすぎると“致死量”に達してしまう可能性がある、身近な食べ物や行いを説明している動画を紹介。「そもそもこんなの現実的じゃない」と思うものから...
Doctors Me(ドクターズミー)医師、その他専門家「Doctors Me」は、医師、歯科医、栄養士、カウンセラー、薬剤師、獣医などに直接相談できる、...