僕が、冬の「星空キャンプ」にハマってしまった理由

“キャンプブームに乗っている” と言われたらその通りなんだけど、仕事の疲れを癒したいときや、ひとりの時間をつくりたいときには、無意識に足が外へと向く。

たまにはゆっくり「今年も1年、がんばったな」と自分を褒めたいのだ。色めきだつ街や騒々しいお酒の席もキライなわけじゃない。けど、少しだけ距離を置きたくなることもある。

あぁ、星のキレイなキャンプ場へ行きたい!

のんびり出発しても間に合うような
キャンプ場がいい

向かったのは、東京あきるの市。

首都高を使えば、都心からでも90分ほどで満点の星空が広がるキャンプ場が待っている。少しずつ建物が低くなり、目線の先に色づいた山が見えてくる。そんな景色を見るのも心地いい。

こういうときは、疲れた体を包み込んでくれるような、ゆったり走れるクルマがいい。今回のソロキャンの相棒に選んだのは、日産のSUV「エクストレイル」。ソロキャンプのいいところは、細かく時間を気にしなくて済むところだ。寝坊してから出発するくらいでちょうどいい。

中央道に入ると、徐々に交通量も落ち着いてきた。

こうなると、つい運転を「プロパイロット」に頼りたくなる。運転だって、自分を甘やかしてしまおう。スイッチを2回押すだけで、アクセル、ブレーキ、ステアリングをクルマ側でコントロールしてくれるから、運転の疲れが全然違う。行きだけじゃなく、眠気が襲ってくるような帰り道でも助けられた。

高速道路を降りてから、目的地へ向かうまでのクネクネした峠道や、キャンプ上が近づいたときにありがちな悪路に強いのも、「エクストレイル」を選んだ理由のひとつだ。

このクルマがあるおかげで、ちょうどいい “非日常” が堪能できる。

とくに、山道でのコーナリングがなめらかになる「インテリジェント トレースコントロール」の安心感には心がおどる。

もちろん、坂道や滑りやすい路面を走るときは「インテリジェント 4×4」の存在が頼もしい。路面状況を把握しつつ、走行を安定させてくれる4WDシステムだ。

少しくらい足場が悪くても、一番キレイに星空が見えそうなテントサイトまで導いてくれる。

ガンガン積んだキャンプ道具を
降ろして、いざ準備だ

ソロキャンの荷物なら、スペースが余るくらいすっぽり収納できてしまう「大容量ラゲッジ」が嬉しい。

テントやタープ、焚き火グッズ、ランタンなどもガシガシ積めるし、シートだって防水タイプだ。結露で濡れてしまったキャンプギアは、遠慮なくしまおう。

また、荷物を持って両手がふさがったまま「あぁ、今日はひとりだった」と、誰にも開けてもらえないバックドアの前で途方に暮れる必要もない。そんなときは足をかざすだけで開く「リモコンオートバックドア」が便利だ。

ソロキャンプは、準備も自分のペースで進められるのがいい。焚き火でもしながら、あたりが暗くなるのを待つのも束の間の癒しだ。

車内で暖をとりながら
夜が深まるのを待つ

焚き火や食事など、ひと通りキャンプを楽しんだら、いよいよ今回のメインイベント「星空」の時間だ。

冬の山あいは日が落ちるのが早い。18:00くらいにはもう星がキレイに見えてくるけれど、もっともっと空気が澄んで、吸い込まれそうになる深夜まで待ちたい。

一旦クルマに戻り、暖をとる。シートヒーターが、冷え切った体をじんわり暖めてくれる。カップホルダーに送風があたる仕様なのが、ここにきて感動させてくれた。道中に買ってきたコーヒーが、あったかい……!

星が空を埋め尽くす最高の瞬間まで、しばらく待機だ。

あぁ、やっぱり来て良かった!!

キャンプはつい、出発の直前に億劫になることがある。

「荷物積むの、めんどくさいな」
「すごい寒かったら、やだな」
「天気崩れたら、どうしよ」

でもこんな星空を見たら、きっとすべてが吹き飛んでしまう。夏のキャンプや仲間と騒ぐキャンプも楽しいけれど、この瞬間には勝てない。

大人になって歳を重ねるほど、星が見たくなっているのは、気のせいだろか。

あなたは今年、どんな星空を見にいく?

2019年は、12月14日(土)〜15日(日)にかけて「ふたご座流星群」の観測が極大になるとのことだ。見頃のピークは、14日23時〜15日4時頃と予想されている。とはいえ、流星との出会いは運にも左右されるので、天候のチェックなどは忘れずに。

一眼レフカメラや三脚がなくたって、最近のスマホの夜景モードなどを駆使すれば、思い出の1枚を残すことだってできる。自分の目に焼き付けておくことも大事だけどね。

また、現在ウェザーニュース×日産エクストレイルで、リアルな気象情報をお届けする、「ADVANCED WEATHER REPORT」をLIVE中継で配信している。

「エクストレイル」の最先端の技術を駆使することで観測できる “圧巻のウェザーレポート” にも注目してみては?

→詳しくはコチラ!
「クリーンカンティーン」「スタンレー」「GSI」など、冬のアウトドアの醍醐味「星空の下で飲むウイスキー」を素敵においしく楽しませてくれるギア&グッズをご紹...
みずがめ座δ流星群は、流れ星の数はそれほど多くはないものの、強い光でゆっくりと尾を引く比較的見やすい流星群。今年はかなりの好条件が揃っています。一番のピー...
シンプルで、ソリッドで、ピュアな「焚き火動画」15選をご覧あれ。ASMR的にBGMとして「音」を楽しむもよし、いろいろなロケーションの「映像」でキャンプ気...
愛知県のアウトドアメーカー「BOF」が開発した、直径11cm、高さ20cmの「FLAME Mug」は、自宅で気軽に焚き火を楽しめる、コンパクトな一人用焚き火台。
肉まん、あんまんを展開する「井村屋」から、冷凍食品の新商品として大豆ミートを使った「大豆ミートまん」が登場。
毎年10月後半に見ることのできる、オリオン座流星群。オリオン座流星群は「速くて明るい」初心者でも、比較的見やすい流星群のひとつです。流星群観測は裸眼で観測...
「流星電波観測国際プロジェクト」によると、極大時刻は10月21日(土)20時。わざわざ夜更かししなくても、ご飯を食べたあとにテレビをみてリラックスする時間...
三大流星群のひとつである、ペルセウス座流星群。条件が良ければ、最大で40個以上見えることもあるそうです。一番の見頃は、8月12日の夜半頃から13日の明け方...
久しぶりに、大きな流星群が訪れます。
アウトドアアクティビティのひとつとして数えられるまでになった「焚き火」の「着火」に関連する話題&注目のアイテムを厳選してご紹介! 「ファイヤーサイド」「ロ...
アウトドアメーカー「スノーピーク」と酒造メーカー「朝日酒造」の新潟を代表する2つのブランドがコラボして生まれた日本酒「久保田 雪峰」が今年も7月の新酒出荷...
2017年最後の流星群が、いよいよ近づいてきました。「この天体ショーは必見!」…と、声を大にして言いたいところではあるのだけれど、ラストを飾る<こぐま座流...
。2018年初の流星群「しぶんぎ流星群」が、訪れる日だから。『流星電波観測国際プロジェクト』によると、見頃は4日に日付が変わってすぐ、0:00~夜明け!た...
しし座流星群は一気に出現率が下がり、1時間あたり数個~10個程度まで落ち込んでいた近年。もうすぐ出番の季節ですが、今年の予想は?「流星電波観測国際プロジェ...
夜空に、今年ラストから2番目の流星群が訪れるのは12月13日。「ふたご座流星群」。極大は14日の16時頃。明るくてこの時間には見えないけれど、日本ではAM...
火災旋風をランプに落とし込んだ「SPIN」。本体の下部からスパイラル状に空気を取り入れることで、トルネードみたいな炎をつくっています。
先週、NYはロウアー・マンハッタンの市庁舎街にある「フォーリー・スクエア(広場)」に、Black Lives Matter運動に敬意を表した600フィート...
独自開発の素材「WASHIFABRIC」を使用した「オリジナル和紙マスク」が、今月16日(木)、店頭発売及び公式オンラインストアと「USAGI ONLIN...
実は、流星群は年中どこかで流れています。しかし、残念なのは目視できる流星群は少ないということ。数ある流星群の中でも、肉眼で見られる流星群としておすすめなの...
10月中旬から11月末にかけてはおうし座流星群の観測チャンス。ゆっくりと流れる星が多く、比較的明るい流星(火球)が観測されることで知られています。2015...
自宅の庭などでも楽しめるキャンプ&BBQアイテムをまとめてご紹介する。「キャンプ&BBQ」の本格シーズンが到来するも、海や川、山への外出はまだまだ抵抗があ...
日本ではオーロラが見える寒い場所というイメージが強いアラスカ州ですが、グランピング施設「Alpenglow Luxury Camping」が公開している画...
GWも後半になると、日常に戻って欲しくない…なんて心の声が聞こえてくるものです。けれど今年のGW最後の土曜日にあたる5月6日は、「みずがめ座流星群」という...
ペルセウス座流星群は、比較的観測しやすい流星群としても知られており、しぶんぎ座流星群(1月)や、ふたご座流星群(2月)と並ぶ「三大流星群」の一つ。8月13...