「ちょうどいいプレゼント」の最適解、ここにあり。

「ちょうどいいプレゼント」を見つける難易度が、全然ちょうどよくない。ということが、よくあると思うんです。

もちろん喜ばれるもので、出来るだけ実用性は高い方がいい。無難すぎる物はつまらないけれど、尖りすぎて困らせることだけは避けたい。高価すぎて気を遣わせてしまうのはNG、安価で作り笑いさせてしまうのはもっとNG。

受け取る人のことを考えれば考えるほど、一筋縄ではいかないのがプレゼントの本質ですが、「ちょうどいい」という壁の高さに唸ってしまうときにこそ『VANS』を思い出してほしい。

「うれしい」もあるけれど、
「うれしいだけ」じゃない

自分からのプレゼントによって、大切な人の日常に新しい楽しみや発見が生まれる。そんなふうに“きっかけ”をつくることが出来たら、贈り手冥利ですよね。

そこで目をつけたのが、スニーカー。日常に取り入れやすく、新しいファッションに興味を持つきっかけにもなる。なかでも『VANS』は、定番の「ERA」や「SLIP-ON」など人気のクラシックモデルもありつつ、アメコミコラボや異素材を使ったデザインも幅広く揃っています。

いつもどんなファッションをしていたっけ?どんな靴を履いていたっけ?と、思い出しながら、ぴったりハマる一足を『VANS』なら見つけられるはず。長く愛用できて、ほとんどが10,000円以下(でも10,000円に近い)という価格も、好印象です。

『VANS』ビギナーには定番を、
愛用者にはシーズンカラーを

サイドにラインの入った「OLD SCHOOL」シリーズなどは、すでに持っているという人も多いはず。愛用者であれば、自分で買うには利便性を重視して手を出しにくい……と眺めるだけになりがちな、シーズンカラーがおすすめ。すでに愛用者だもの、何足あっても使える『VANS』をもらって喜ばないわけがない!

特に秋冬モデルは、カーキやバーガンディーなど、コーデに一色入れるとグッとハイセンスに見えるラインナップです◎

「そう言えばスニーカー履いてるところあまり見ないな…」という人へは、世界中でロングセラーのクラシックデザインを贈りたい。色はもちろん定番のブラック!季節を選ばず、スカートにもパンツにも合わせやすいから、新しいスタイルに挑戦するきっかけになってくれるはず。

デザイン性だけでなく、
履き心地までこだわりたいから…

スニーカーをプレゼントする上で、やっぱり重要なのは「履き心地」。2019年2月にリリースされた「ComfyCush」シリーズは、『VANS』史上もっとも快適な履き心地を実現したモデルとして話題になりました。

「靴擦れがきになる」「長く履いていると疲れる」というファンからの声を受け止め、本気で快適性を追求した結果、インソールにはアーチサポートが加えられ、ミッドソールがすべてクッション材に。靴底にあたるアウトソールは、伝統のワッフルソールを使用しています。クラシックデザインはそのままに、フィット感や安定性、クッション性、グリップ性がグレードアップされました。今までのモデルと比べて、軽いのもうれしい!

「ComfyCush」によって、世代・性別を問わず、ますます活躍の場が広がった『VANS』。クリスマスに限定せず、お祝いの日や、感謝を伝える記念日、自分へのご褒美としても、「ちょうどいいプレゼント」でしょ?

気になる▶︎
一見缶ビールや缶スープのように見える、「Soup Socks(スープ・ソックス)」&「Soup Socks(スープ・ソックス)」。いつもお世話になっている...
さまざまなアーティストがカスタムしたスニーカーを購入できるプラットフォーム「The Custom Movement」。希少性の高いNIKEやVANSが勢揃い!
カナダに住むAdrian Pearceさんは、約48年間も元カノからのプレゼントを開けずに持っていました。ついに開けることになった理由、それは奥さんが痺れ...
花一輪をプレゼント……はキザでも、ワイン1本ならプレゼントできちゃうかも。
そんな簡単な贈り物にするのだっていい、エチケットの花一輪が可憐で愛らしいアルゼ...
廃墟のもつ“美しさ”に注目し、見ているだけで廃墟のイメージが180度“変わる”写真展「変わる廃墟展 2020」が、3月6日より東京・浅草橋のギャラリー「T...