「シェアエコ」って便利を享受するより“自分たちが使う”もの。そう「Uber Eats」が教えてくれた

「自分のおいしい」が試せるプラットフォームたち

香港で教えられたUber Eatsだけでなく、昨今は「食」でのチャレンジにハードルを低くしてくれるプラットフォームが揃う。

そんないくつかを挙げてみよう。

▼「Kitchen Base」

©SENTOEN

複数のバーチャルレストランが入居するシェア型クラウドキッチン。約20坪の広さに、独立した4つの厨房設備があり、ネット注文に特化した客席がないキッチンだけの店舗たちが集まり、食に関わるコミュニティもそこには生まれている。複数のデリバリーサービスでオーダーが入ってくるのも魅力で、その登録手続き、配達要員の確保、開業後のマーケティングサポートなども運営側が実施。それによって、入居する店舗は“メニュー考案と料理提供”のみに専念することができる。

開業のイニシャルコストは1000万以上すると言われる中、サポートが揃ったシェアキッチンを月額制で提供するため、コストを約95%抑えることが可能。今後ますますの発展が予想される注目のサービス。

『シェア型クラウドキッチン「Kitchen Base」』
【公式WEB】
https://kitchenbase.jp

 

▼「フードトラックプラットフォーム TLUNCH」

©Mellow

日本最大級のフードトラック・プラットフォーム。ビルの空きスペースと個性豊かなフードトラックをマッチングし、シェフのこだわり料理が気軽に楽しめるランチスペースを約120ヵ所で展開する。

ただ、固定店舗を持つのではなく、自由で開業コストも抑えられるフードトラックは、チャレンジしやすい反面、出店地やどんな場所と時間が集客しやすいかなど課題も多い。その点、「TLUNCH」は売上や出店スケジュールを管理する独自システムによってデータを分析し、配車や効率的な仕入れ・仕込みにつながるフィードバックも実施してくれる。スペースを持つビルオーナー、フードトラックを運営するシェフ、利用者、すべてのステークホルダーに大きなメリットを提供するサービス。

そのあたり、これからチャレンジしやすいフードトラックを始めようと考えてる人に「TLUNCH」がアドバイスをするこの記事も読んでもらうといいかも

『日本最大級のフードトラック・プラットフォーム「TLUNCH」』
【公式WEB】
https://www.mellow.jp/tlunch

 

▼「ツカノマノフードコート」

©ツカノマノフードコート運営委員会

昨年10月から4ヵ月限定で渋谷の神泉にオープンした大人のための"ニュ〜フードコート”(間もなくクローズ予定)。新ジャンルの創造を目指すお店や、普段はお店を持たない飲食ユニットなど、気鋭の料理人たちが集う厨房で、美味しいご飯がサクッと食べられる!そんな好奇心が束になった、美味しい実験の場。

料理人同士が出会える場所、気軽に新しいことに挑戦できる場所をつくりたいという思いから立ち上がったプロジェクトで、この企画のために「ツカノマ(束の間)」集まった、1992年〜93年生まれのミレニアルズが運営メンバーを務める。

この場所で、腕を振るう料理人=ウデフルイメンバーになるには審査があるので、誰でも参加できるものではなかったが、こういった実験的なプロジェクトが立ち上がり、「やる気のある若手が挑戦する場所」「出会いがある場所」が生まれるのも現代的。

『期間限定「ツカノマノフードコート」』
【Instagram】
https://www.instagram.com/tsukanomanofood/
 ※TABI LABOでもこちらの記事で紹介!

 

いまは、やりたい・食べたいを実現できる世の中

上記で紹介したプラットフォームについて、ただ、利用者として「ふーん」「いいね」と思うだけではなく、プロバイダー(提供者)として自分ごと化して知れば、2020年の“いま”っぽい、自己実現をする手段のひとつ挙がるはず。

 

ランキングと口コミで探せるグルメサイトやグルメブロガー&インスタグラマーとかSNSをチェックしていくのが、いまっぽいグルマンではない。

「探す」より「探される」。「もらう」より「提供する」。自分たちの“食べたい”を「シェアリング・エコノミー」を通じて叶える。

いまってきっとそんな時代。

Top image: © Uber Eats
先月18日、デトロイトでおこなわれた「Forbes 30 under 30 Summit」にて発表されたのは、「Uber Eats」向け配達用ドローンのデ...
タクシーやライドシェア、便利な宅配サービスなどで知られるUberが、サブスクリプション型の月間パスの試験導入を開始したようだ。Uberが仕掛ける「サブスク...
オンラインギフトチケットサービス「giftee」で「Uber Eats」のギフトチケットの発行がスタートした。
Uberがムンバイの交通渋滞を緩和するための施策を発表しました。それが「Uber Boat」です。
ヒジャブとは、イスラム教徒(ムスリム)女性が「髪の毛を覆い隠す」ためのスカーフ。なぜ着ける必要があるのか? どのような想いで着けているのか? ムスリムのラ...
ミネソタ州ミネアポリスに暮らすNaCole Schutzさんは、息子さんが学校に行くのにUberを使っていると言います。予定通りにスクールバスが来ないから...
Uberが、米デンバーでアプリを介し、バスや電車の時間、乗車料金、さらにはチケットを購入できるサービスを開始。人々の「移動」を最大限快適にしようというもの。
「earnest」が2年間分のユーザー(匿名)のデータをみて、9種類のサービスの月収を、ランキング形式でまとめているのを発見。あくまでアメリカでの話で、日...
「Uber」が開発を進めている空飛ぶタクシーサービス「Uber Elevate」。プロジェクトのパートナーである「Bell Helicopter 」が、先...
タクシー配車サービスを運営するUberが大胆な発表をしました。優秀なドライバーの大学授業料を肩代わりするとのこと。
アウトドアブランド「パタゴニア」の食品事業を担う「パタゴニア プロビジョンズ」から3月26日にスペインの伝統的な漁法で捕獲されたサバを使用した缶詰「サント...
6月12日、リーグ・アン(フランスの1部リーグ)の名前が、2020-2021シーズンから「Uber Eats Ligue 1」になると発表されました。そう...
価格競争が激しくなっている現代社会において、安さだけでなく利便性という軸をプラスオンすることで、圧倒的な地位を築いたUber。タクシーとのさらなる差別化を...
都市生活に、多くの変化をもたらしている配車サービス、Uber。先日、大幅なアップデートが発表され、使い心地がガラッと変わるそうです。シンプルになったインタ...
シンガポールでβテストが行われているシェアリングキックスケーター「Scootbee」の紹介です。
配車アプリのUberが今月大規模なリブランディングを実行。新しいロゴや独自のタイポグラフィやアイコンの開発など本気度が伺えます。
農作物の新たな価値を届ける企業「Link to Farmland」は、先月10日より、北海道・美瑛町で生産された規格外の野菜を再利用するプロジェクトをクラ...
300年以上の歴史をもつ老舗「中川政七商店」が、2020年秋、初となる複合商業施設を奈良市元林院町、通称「ならまちエリア」に開業する。
自動運転の技術は日進月歩。以前にも、自動で動くゴミ収集車やスーパーマーケットを紹介しました。ここでテーマになるのは、Uberによって進められる自動運転技術...
南アフリカの「Uber」は、同国で就職活動をする学生たちに向けて、面接へ行く際の乗車料を“無料”にする「#GiveTheYouthAChance」キャンペ...
ここで紹介する『アイカサ』は、傘のシェアリングサービス。ゲリラ豪雨でも、台風でも、ビニール傘を買わなくて大丈夫なんです。
少し前にリリースされた「空飛ぶタクシーで時間をかけずに出勤できる!」なんていう、SFのようなニュース。アメリカの配車アプリを運営する「Uber」は、空飛ぶ...
1月6日、ラスベガスで開催されていた「CES 2020」にて「Uber」と「ヒュンダイ」が「エアタクシー」を共同開発することを発表。
アメリカの玩具メーカー「Hasbro」からミレニアル世代向けのモノポリーが登場!ゲームの進行は、もちろん彼らが“共感”できる内容で溢れています。