ゴッホのファンじゃなくても欲しくなる。BOTANISTの新作がかわいい

のっけから元も子もないですが、このかわいさ、もはや説明不要。

しかも、とっても上品。

SNSを中心に「かわいすぎる」とすでに話題沸騰中なんだとか。

そう、誰もが知っているあの名画。

「BOTANIST」とゴッホが異色のコラボレーションです。オランダのゴッホ美術館が、日本の消費財ブランドとタッグを組むのは、これがはじめて。

そのうえ、限定アイテムなんて言われたら、まだ今のシャンプーが残っていても、思わずポチってしまいそう。

一目惚れってまさにこのことです。

→さっそくチェック

ひまわりとアーモンド。
「どっちか」じゃなくて「どっちも」が正解

天才画家「フィンセント・ファン・ゴッホ」のマスターピースを、ボトルにデザインしたBOTANISTの新作「ゴッホデザインシリーズ」。

品のよさを纏いながら、チャーミングな魅力が漂います。

生涯、植物を愛したゴッホがたくさんの草木や花を描き続けたことは有名。だから、BOTANISTとの相性も抜群です。

今回、数ある作品からセレクトされたのは、代表作『ひまわり』と『花咲くアーモンドの木の枝』。生命力溢れるまばゆいイエローも素敵だし、ニュアンスある済んだブルーも美しい……。

バスルームって、どうしても生活感が出てしまう場所だけど、これさえ置けばパッと華やかでモダンな雰囲気になりそうです。

どっちかひとつといわず両方並べたら、美術館気分でかわいさも倍増です。

→今すぐ欲しい!

もちろん「香り」も楽しめるのが
BOTANIST

もう、ボトルデザインだけで、心はしっかり掴まれました。

でも、BOTANISTだからやっぱり中身も優秀。特筆すべきはその香りなのです。

ゴッホが晩年をすごした南仏の太陽から、着想を得て描かれた『ひまわり』。

サンフラワーの香りを中心に、オレンジの香りを通じて、春の穏やかな陽気が脳裏に広がります。

 

凛としたグリーンノートをベースとする「花咲くアーモンドの木の枝」は、アクセントにアーモンドブロッサムとペアーが香り立つ。

この作品は、ゴッホの唯一の理解者であった弟テオに生まれた、長男を想って描かれたそう。

春めく気分にぴったりのナチュラルな香りが、心まで満たしてくれます。

成分にも、ヒマワリ種子から抽出したオイルや、アーモンドエキスを使うなど、植物を愛する両者のこだわりが隅々までたっぷり詰まった逸品です。

→今すぐチェック

部屋でも同じ香りを
楽しんでみる?

お風呂上がりって匂いを感じやすいから、部屋にいろんな香りがあれこれ漂っていると気になるもの。

せっかくBOTANISTでいい香りに洗い上げたなら、邪魔されずにその芳香を楽しみたい。

「ゴッホデザインシリーズ」は、ヘアケアアイテムに加えて、ハンドクリーム、ディフューザー、キャンドルも揃います。同じ香りで、空間を統一できるのも嬉しい!

それに、絵画を飾るよりも肩肘張らずに、アートをインテリアとしても楽しめるなんてとっても贅沢。

→今すぐ欲しい!

見た目も中身も100点満点な「ゴッホデザインシリーズ」。

「BOTANIST ルクア大阪店」と「BOTANIST Tokyo」、オンラインストアおよび全国のバラエティショップ(※一部店舗を除く)にて発売中。

BOTANISTが1年間を通じて行うキャンペーン、第2弾のテーマは「創造性」。ゴッホ美術館の学芸員にインタビューした動画が公開中です。

人物を描くように植物の表情を見出したゴッホと、BOTANISTのクリエイションも併せてチェックしてみては。

→詳しくはコチラ

関連する記事

360度に(なんなら床にも)映し出されたゴッホの絵画を鑑賞……というか、全身で体感!このteamLabのデジタルアートを彷彿とさせる展覧会を開催しているの...
一見ランダムに決められているような配色ですが、元になっているのはゴッホの「星月夜」。夜空や星、月を描く時に使われた色がまとめられた1本のクレヨンです。
ゴッホだと思わしき人物が描かれているのは、広島県広島市にある「ひろしま美術館」に所蔵されているアンリ・ド・トゥールーズ=ロートレックの『ルイ13世風の椅子...
フィンセント・ファン・ゴッホが描いた「ひまわり」などの絵画をプリントしたウェアをカジュアルブランド「Bershka(ベルシュカ)」が発売中。価格はどれも3...
使い込むほど魅力が高まる家具や日用品を、サブスクリプション型で提供する新サービス「(tefu)vintage supplies」が誕生。
ゴッホといえばバブル期の1987年、53億円で落札された名画「ひまわり」が有名だ。当時、美大の女の子とつきあっていた僕は、話題沸騰の絵をすぐに観に行き、そ...
ある日、とある美術館に飾られたポートレートに、描かれていないはずの「足元」が出現しました。これは、上半身だけのポートレートに下半身を描く「Portrait...
さほど美術に詳しくない人でも、一度はフィンセント・ファン・ゴッホの作品を目にしたことがあるはずです。そんな彼の生涯を描くアニメーション映画が、現在ポーラン...
「BOTANIST」は、環境に配慮したサステイナブルな社会を目指す取り組みの第一歩として、また、多様なライフスタイルに合った商品を提供をしたいという想いか...
もうすぐ、夏がやってきます。楽しみな一方で、日焼けが気になるし、エアコンが効きすぎて乾燥もするし、暑さで夏バテにもなったり……。何かとカラダのケアが大変な...
この記事では、『恐ろしいほど人の本音がわかる!大人の心理テスト』から人間関係にまつわる心理テストを3つ厳選してご紹介します。人間関係に悩むあなたの深層心理...
「POSCA」を使ってゴッホの代表作「星月夜」をマスクに描くオンラインイベント「POSCAペイントパーティー」が10月3日に開催される。
原宿は学生の街…なんて思っていたけど、その面白さを見直し始めている今日このごろ。日本初上陸のカフェはまずこの街に集まってくるし、知らない道を入れば個性的な...
葛飾北斎——誰もが知るその名前。でも、私たちは同じ日本人であるのにも関わらず北斎の本当の凄さを知らないのかもしれない。現在開催中の「北斎とジャポニスム」展...
「BOTANIST cafe」がクリスマスまでの期間限定で発売する「ホリデー ホットチョコレート」は、クリスマスツリーに見立てたクリームを好みのデコレーシ...
米「J・ポール・ゲティ美術館」が「あつまれ どうぶつの森」に本物のアート作品を持ち出せる新機能「Animal Crossing Art Generator...
水圧転写させて絵画を描く「エブル」は、マーブリングを意味するトルコ語で、墨流しなどと類似しており、水の上に絵を描く特殊な技法です。と、小難しい話はさておき...
ファーストクラスのアメニティを集めました。第六回はフィンエアーです。
「イオン」の限定商品として5月に登場したヘアケア商品「VEGAN STYLE」は、「ヴィーガン認証」「ハラール認証」の両方を取得したヘアケア市場初のアイテム。
オーストラリア人アーティスト、ロビン・エリーは、ハイパーリアリズムと呼ばれる作風の油絵画家だ。ゴッホによる名作『星月夜』をプラスチックフィルムで包んだこの...

おすすめ記事

大分県の景勝地、耶馬渓に3日間限定でが「耶馬溪トンネルホテル」がオープン。客室となるのは道路に設置されたキャンピングカー。トンネル内には、建築家・佐野文彦...
「ラムを作ろう、壁ではなく」というタイトルのユニークな動画広告は、オーストラリアのラム肉メーカー「Australian Lamb」が制作したもの。「私たち...
米国にできた最新の「7-Eleven Evolution」で夢のような宿泊プランが企画中。快適なラウンジシートや「プレイステーション 5」が用意されている...
米・ニューヨーク市の「ハドソン・リバー・パーク」と「ジャビッツ・センター」が増設されることが分かった。
今月1日、「帝国ホテル東京」がホテル内での「サービスアパートメント」をローンチ。3月15日からの入居開始に先駆け、現在、予約を受付中だ。
浜松市の鉄工所がつくったジュラルミン仕様のペグ。強度はもちろん、らせん形状に秘密あり。
「THE NORTH FACE」から、3Dカーボンプレートを搭載したトレランシューズが発売。エネルギー効率を徹底的に意識し、より速さを追求するランナーにぴ...
結婚式の写真は一生残るものだから、痩せようと決心する女性は多いと思う。が、もし他人から押し付けられたらどうだろう?そもそも自分でその必要性を感じていなかっ...
「Goldwin」の2021年春夏シーズンのコレクションがローンチ。
埼玉県、名栗エリアの北欧文化を体験できる施設「Nolla naguri(ノーラ名栗)」が、グランピングエリア開業にともない2021年4月29日(木)にグラ...