ゴッホのファンじゃなくても欲しくなる。BOTANISTの新作がかわいい

のっけから元も子もないですが、このかわいさ、もはや説明不要。

しかも、とっても上品。

SNSを中心に「かわいすぎる」とすでに話題沸騰中なんだとか。

そう、誰もが知っているあの名画。

「BOTANIST」とゴッホが異色のコラボレーションです。オランダのゴッホ美術館が、日本の消費財ブランドとタッグを組むのは、これがはじめて。

そのうえ、限定アイテムなんて言われたら、まだ今のシャンプーが残っていても、思わずポチってしまいそう。

一目惚れってまさにこのことです。

→さっそくチェック

ひまわりとアーモンド。
「どっちか」じゃなくて「どっちも」が正解

天才画家「フィンセント・ファン・ゴッホ」のマスターピースを、ボトルにデザインしたBOTANISTの新作「ゴッホデザインシリーズ」。

品のよさを纏いながら、チャーミングな魅力が漂います。

生涯、植物を愛したゴッホがたくさんの草木や花を描き続けたことは有名。だから、BOTANISTとの相性も抜群です。

今回、数ある作品からセレクトされたのは、代表作『ひまわり』と『花咲くアーモンドの木の枝』。生命力溢れるまばゆいイエローも素敵だし、ニュアンスある済んだブルーも美しい……。

バスルームって、どうしても生活感が出てしまう場所だけど、これさえ置けばパッと華やかでモダンな雰囲気になりそうです。

どっちかひとつといわず両方並べたら、美術館気分でかわいさも倍増です。

→今すぐ欲しい!

もちろん「香り」も楽しめるのが
BOTANIST

もう、ボトルデザインだけで、心はしっかり掴まれました。

でも、BOTANISTだからやっぱり中身も優秀。特筆すべきはその香りなのです。

ゴッホが晩年をすごした南仏の太陽から、着想を得て描かれた『ひまわり』。

サンフラワーの香りを中心に、オレンジの香りを通じて、春の穏やかな陽気が脳裏に広がります。

 

凛としたグリーンノートをベースとする「花咲くアーモンドの木の枝」は、アクセントにアーモンドブロッサムとペアーが香り立つ。

この作品は、ゴッホの唯一の理解者であった弟テオに生まれた、長男を想って描かれたそう。

春めく気分にぴったりのナチュラルな香りが、心まで満たしてくれます。

成分にも、ヒマワリ種子から抽出したオイルや、アーモンドエキスを使うなど、植物を愛する両者のこだわりが隅々までたっぷり詰まった逸品です。

→今すぐチェック

部屋でも同じ香りを
楽しんでみる?

お風呂上がりって匂いを感じやすいから、部屋にいろんな香りがあれこれ漂っていると気になるもの。

せっかくBOTANISTでいい香りに洗い上げたなら、邪魔されずにその芳香を楽しみたい。

「ゴッホデザインシリーズ」は、ヘアケアアイテムに加えて、ハンドクリーム、ディフューザー、キャンドルも揃います。同じ香りで、空間を統一できるのも嬉しい!

それに、絵画を飾るよりも肩肘張らずに、アートをインテリアとしても楽しめるなんてとっても贅沢。

→今すぐ欲しい!

見た目も中身も100点満点な「ゴッホデザインシリーズ」。

「BOTANIST ルクア大阪店」と「BOTANIST Tokyo」、オンラインストアおよび全国のバラエティショップ(※一部店舗を除く)にて発売中。

BOTANISTが1年間を通じて行うキャンペーン、第2弾のテーマは「創造性」。ゴッホ美術館の学芸員にインタビューした動画が公開中です。

人物を描くように植物の表情を見出したゴッホと、BOTANISTのクリエイションも併せてチェックしてみては。

→詳しくはコチラ
360度に(なんなら床にも)映し出されたゴッホの絵画を鑑賞……というか、全身で体感!このteamLabのデジタルアートを彷彿とさせる展覧会を開催しているの...
一見ランダムに決められているような配色ですが、元になっているのはゴッホの「星月夜」。夜空や星、月を描く時に使われた色がまとめられた1本のクレヨンです。
フィンセント・ファン・ゴッホが描いた「ひまわり」などの絵画をプリントしたウェアをカジュアルブランド「Bershka(ベルシュカ)」が発売中。価格はどれも3...
ゴッホといえばバブル期の1987年、53億円で落札された名画「ひまわり」が有名だ。当時、美大の女の子とつきあっていた僕は、話題沸騰の絵をすぐに観に行き、そ...
「ルイ・ヴィトン」のメンズラインのクリエイティブディレクターであるヴァージル・アブローと、「メルセデス・ベンツ」のチーフクリエイティブディレクターであるゴ...
ある日、とある美術館に飾られたポートレートに、描かれていないはずの「足元」が出現しました。これは、上半身だけのポートレートに下半身を描く「Portrait...
さほど美術に詳しくない人でも、一度はフィンセント・ファン・ゴッホの作品を目にしたことがあるはずです。そんな彼の生涯を描くアニメーション映画が、現在ポーラン...
「BOTANIST」は、環境に配慮したサステイナブルな社会を目指す取り組みの第一歩として、また、多様なライフスタイルに合った商品を提供をしたいという想いか...
もうすぐ、夏がやってきます。楽しみな一方で、日焼けが気になるし、エアコンが効きすぎて乾燥もするし、暑さで夏バテにもなったり……。何かとカラダのケアが大変な...
ヨーグルト、グラノーラやナッツも入ってて具沢山。おいしそう!
「UHA味覚糖」が開発を進めていた宇宙日本食ミルクキャンディ「宇宙食 特濃ミルク8.2」。ついに「JAXA」の認証を受け、米国の宇宙企業「スペースX」が開...
葛飾北斎——誰もが知るその名前。でも、私たちは同じ日本人であるのにも関わらず北斎の本当の凄さを知らないのかもしれない。現在開催中の「北斎とジャポニスム」展...
原宿は学生の街…なんて思っていたけど、その面白さを見直し始めている今日このごろ。日本初上陸のカフェはまずこの街に集まってくるし、知らない道を入れば個性的な...
水圧転写させて絵画を描く「エブル」は、マーブリングを意味するトルコ語で、墨流しなどと類似しており、水の上に絵を描く特殊な技法です。と、小難しい話はさておき...
「BOTANIST cafe」がクリスマスまでの期間限定で発売する「ホリデー ホットチョコレート」は、クリスマスツリーに見立てたクリームを好みのデコレーシ...
「POSCA」を使ってゴッホの代表作「星月夜」をマスクに描くオンラインイベント「POSCAペイントパーティー」が10月3日に開催される。
「Apple」は、9月16日におこなわれたオンラインイベントを通して、「Apple One」と名付けられたサブスクリプションサービスのバンドル(一式)を発...
撮ったその場でモノクロ写真を印刷できるインスタントカメラが登場。しかも、レシートなどに使われる「感熱紙」を使用することで、フィルムの費用を抑えつつコンパク...
ファーストクラスのアメニティを集めました。第六回はフィンエアーです。
オーストラリア人アーティスト、ロビン・エリーは、ハイパーリアリズムと呼ばれる作風の油絵画家だ。ゴッホによる名作『星月夜』をプラスチックフィルムで包んだこの...
フィンセント・ファン・ゴッホにフランシスコ・デ・ゴヤ、ジャン=フランソワ・ミレー。美術史にそれほど造詣が深くなくとも、彼らの名は一度くらい聞いたことがある...
11月19日から東京・六本木の「森美術館」で近未来の人間像を考察するための展覧会「未来と芸術展:AI、ロボット、都市、生命——人は明日どう生きるか」が開催。
付き合うと「彼色に染まる」女の子もいるようですが、恋する乙女のような夢中さにとどまらず、自らのヘアアレンジをアートに染めてしまった女性を紹介します。芸術鑑...
人気映画やドラマをテーマにしたクルーズもファンにはおすすめ。例えば、「Walker Stalker」主催の『ウォーキング・デッド』がテーマのクルーズ。これ...