あれほどネガティブだったスマホが、なんだか心強くなった

Lindsay Arakawa(荒川リンジー)

ハワイ出身の荒川リンジーです。以前はNYCに住んでRefinery29でSNSストラテジストとして働いてました。現在は東京に住み、SNSストラテジストとして働き、またアーティストとして創作活動をしています。犬が大好き。最近覚えた日本語は『ほんやくこんにゃく』。Instagram:@blindsaay

新型コロナウイルス(COVID-19)によって世界のほとんどがロックダウンし、多くの人が自己隔離を始める前は、スマホに時間を費やすことは「不健康な習慣」と見なされていた。

“心の健康”に良くないということで、スマホの使いすぎを防ぐために、アプリを使って使用時間に制限をかけることも普通になってきていた。

私自身、TikTokを何時間も見てしまったり、Instagramを何度もチェックしたりしてしまう自分にイライラすることがしょっちゅうある。

@tyna.hoang

でも、今では全世界で「常識」が変わろうとしているのかもしれない。

人々は家を出てはいけないという忠告を受けている。世界に目を向けると、不要不急の外出で罰金を課される地域もある。

イベントは中止になり、海外への渡航も制限されている。私自身も、アメリカに安心して戻ることができ、家族と会える日がいつ来るのか分からない。

多くの人が、これまでは当たり前だった普通の生活を控えざるを得ない状態になっている。そんな状況もあってか、かつての私が“依存症”とネガティブに捉えていたスマホとの関係性に、今の私は安心感を覚えるようになってきている。

些細でつまらないことなのかもしれない。

でも、この一連のできごとが起こる前、私はスマホがいかにスゴいかなんて意識することもなく、当たり前のように使っていた。だけど、スマホがあるからこそ、6千キロメートル以上も距離が離れた場所にいる祖父母に電話して様子を伺うことができる。アメリカの感染拡大の震源地となっているニューヨークで暮らしている友人とメッセージのやりとりもできる。

世界中の最新情報を得ることもできる。1918年に大流行し、1億人が亡くなったとされるスペイン風邪とCOVID-19の類似性を指摘する専門家の記事だって読める。

©Lindsay Arakawa

様々な制約のなかで日々を過ごしていると、友人たちがSNSで発信することや、情報の優先順位が変化していることがわかる。みんながお互いを支え合う方法を探り、この厳しい時期を前向きに乗り越えることに注力しているように見える。

友人たちのなかには、SNSを通じて個人の域を超えた支え合いのコミュニティーをつくろうとする動きも出てきている。これは私の身の回りだけで起きているわけではない。

つい先日も、ニューヨーク・タイムズのポッドキャスト「The Daily」で、Alone Together(共にひとりになろう)というエピソードを聴いた。テック担当の記者ケビン・ルースが、最近インターネットが優しくなっていることに気づいたと語っている。

私の多くの友人が、Instagramでライブ配信を始め、情報をシェアしている。才能あふれる友人の@tyna.hoang は、最高に美しい料理を自宅で作っていて、作り方を分かりやすく解説したレシピを、IG Storiesに載せている。

私も一年前にダウンロードしていたHousepartyというビデオアプリを通じて、バーチャル空間で楽しく過ごそうとしている。このアプリでは、ビデオチャットでインタラクティブなゲームを友人たちとプレイできる。これがまあ、本当に楽しい!

@ajamaile

ニューヨークの人たちが自己隔離を求められた最初の頃、私の多くの友人がお気に入りのワークアウト動画やインストラクションをシェアし始めた。私のお気に入りは、YouTubeのYoga with Adriene。マジで超良い!

このようなトレンドや、ジムの閉鎖が長期化していることも影響してか、アメリカのジムスタジオには、IG Liveで無料のクラスを開講するところもでてきた。

他にInstagramで私の目に入ってきているキュートなトレンドが、「自己隔離中にやれることリスト」。

@newyorknicoは、「オススメ映画リスト」をアップしている。

@jenerousは、「ソーシャル・ディスタンス・ビンゴ」をアップ。(日本の人たちも、ビンゴは遊ぶのかな?)

@mindbodygreen は、自己隔離中にやれることを書いたキュートなチャートや、バランスの取れた家掃除のチェックリスト、便利なスマホの掃除法をアップしている。重宝するかも。

今はとても奇妙な時期で、この先どうなるか分からない。でも、この閉ざされた空間で過ごす時間は、私のこれまでを振り返ったり、特定の事柄に対して持っていたネガティブな考え方を改める機会になっている。

別にこれはスマホへのラブレターではないのだけれど、このような時間は、異なる価値観に触れ、小さなことに感謝できる機会になっている気がしている。

ぜひスマホで愛する人に電話して!TikTokを見て笑って!気持ち的に余裕があれば、ニュースを読んでみて!スマホを、少しでも心を穏やかにするために使ってみて!安全のために、今は家で過ごして!一緒にこの危機を絶対に乗り越えよう!

Top image: © Lindsay Arakawa

関連する記事

必要最低限の機能しかないスマホがクラウドファンディング中です。電話、メッセージ、ナビゲーション、アラーム。これ以上ないくらいシンプルな佇まいで週末に使える...
取っ手部分にスマホがカチッとくっつく「スマホ傘」。傘を使いながらスマホが操作できるほか、傘部分をバッグにしまえばハンズフリーのスマホスタンド、逆さに持てば...
カレがなかなかスマホを触らせてくれないとなると、注意を払いたいところ。「Elite Daily」のElana Rubinさん曰く、触らせてくれない以外にも...
もしも「ハーマン・カードン」が「スマホ」を作ったら、どのようなルックスになるのだろう? デザイナーJames Tsai氏は、そんな疑問をもとに自らプロトタ...
興味はあるけど、何からやればいいのかわからない。有識者の話は参考にしにくい。それならまずは身近な人の体験談を聞いて、次のアクションの参考にしてみようという...
スマホカメラに取り付ける「スマホ用望遠レンズ」は、一眼レフクオリティーの写真を撮ることができる驚きのギア。付属品やオプションも豊富でまさに「プロ仕様」。
ファーウェイの折りたたみスマホが話題になっていますが、個人的にはコッチの方を早く製品化してほしい!イギリスを拠点に置くデザイナーが考案しているブレスレット...
「今のスマホって大きくなりすぎて、ごちゃごちゃしてない?」。そんなふうに考えたのは、フランスのデザイナーPierrick Romeufさん。
自撮りならカメラよりスマホが簡単。でもスマホだと、性能にはどうしても限界がありますよね。そんな欲張りなひとたちに、朗報です。この悩みを見事に解決した新アイ...
「Shell」はワンタッチでスマートウォッチからスマホに変形する特徴があります。2本のウィングが飛び出したら、通話の準備完了だそうです。
日本初のノンアルコール飲料専門ECサイトとして、ノンアルブームの一翼を担ってきた「MARUKU」が、プラベートブランド「MARUKU AF」を創設。第一弾...
イギリスを拠点に活動するクリエイターStefania EspositoさんとRenato Tataさんが「新型コロナウイルス(COVID-19)をスマホの...
器に入った粒子はマイクロスフィアの球体。このつぶつぶの中にスマホを埋めると、4GもWi-Fiも遮断する、電磁シールドの役割をもった器です。
デザインオフィス「nendo」がスマートフォンメーカー「OPPO」とコラボ。携帯性を高めた進化系三つ折りスマホ「slide-phone(スライドフォン)」...
この記事を読もうとするときに、頭を下に向けて読んでいたら、あなたはスマホ首になっているかもしれません。MuscleWatching高稲トレーナーが紹介する...
「Moto Zen」のスペックは「電話」と「電話」だけ。必要最低限のコミュニケーションを取りたい人向けのスマホだ。
デザイナーKlemens Schillingerさんが制作したのは、スマホ中毒リハビリ用アイテム。これを使えば、スマホをいじっているときの動作ができるそうです。
スマホにピタッとくっつけて、ワイヤレスで充電してくれるモバイルバッテリー「AIR PLUS」がクラウドファンディング「GREEN FUNDING」に登場。
スマホを持ち歩かずにSpotifyの音楽を楽しめるプレーヤー「Mighty」の販売が開始された。
Energizer社の「P18K Pop」は、電話を90時間できて、音楽を100時間聴けて、動画を2日間見れます。

おすすめ記事

3月16日、軽井沢にほど近い御代田町に新たなラグジュアリーホテル「THE HIRAMATSU 軽井沢 御代田」が開業。すでに予約を受付中。
埼玉県、名栗エリアの北欧文化を体験できる施設「Nolla naguri(ノーラ名栗)」が、グランピングエリア開業にともない2021年4月29日(木)にグラ...
1月4日、米「中央情報局(CIA)」の公式サイトが刷新され、現代風にアップデートされたロゴが公開された。どうやら若者へ向けた採用活動を大きく進めるためのリ...
「ラムを作ろう、壁ではなく」というタイトルのユニークな動画広告は、オーストラリアのラム肉メーカー「Australian Lamb」が制作したもの。「私たち...
浜松市の鉄工所がつくったジュラルミン仕様のペグ。強度はもちろん、らせん形状に秘密あり。
今月1日、「帝国ホテル東京」がホテル内での「サービスアパートメント」をローンチ。3月15日からの入居開始に先駆け、現在、予約を受付中だ。
米・ニューヨーク市の「ハドソン・リバー・パーク」と「ジャビッツ・センター」が増設されることが分かった。
NBAの「ロサンゼルス・レイカーズ」に所属している選手、アンソニー・デイビスが着用し話題となっていた「ナイキ」のサステイナブルな新作バスケットボールシュー...
大分県の景勝地、耶馬渓に3日間限定でが「耶馬溪トンネルホテル」がオープン。客室となるのは道路に設置されたキャンピングカー。トンネル内には、建築家・佐野文彦...
結婚式などのドレススタイルで欠かすことのできないポケットチーフですが、正しい折り方を知らないという人も意外に多いのでは?「Presidential Fol...