クセが強い!ギアが噛み合うのが気持ちいい歯車型デスクトイ「Helico Gear」

なんともいえないクセになる歯車型デスクトイ「Helico Gear」が登場!7月2日までクラウドファンディングサイト「Kibidango」にて日本上陸に向けたプロジェクト展開中だ。

転がして、スピンさせて、コマにして……歯車の美しい動きを指先でコロコロと回転させて楽しむだけのアイテムだが、ギアが互いに噛み合う独特の感触が絶妙に気持ちよく、イライラストレス手持ち無沙汰などをスッキリ解消。

素材は、高密度な真鍮と軽量なアルミニウムという2重構造。手先の小さな動きにも敏感に反応するため、細やかなコントロールが必要な高度な技のマスターが意外と難しいなど、ただの暇つぶしではなく長く楽しめるのも「トイ」として質が高いポイント。

ちょっとした瞬間に手にとれる、とってしまう。そんなクセになるトイは、デスク作業が多く手軽な息抜きを求めているアナタにおすすめ!

©きびだんご
© KibidangoJp / Youtube

『Helico Gear』
【重さ】110g
【サイズ】25 x 40mm
【生産国】イギリス
【内容】歯車2個とスタンド1個にて1セット
【価格】「Kibidango」特別価格:9450円

Top image: © きびだんご
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
サンワサプライから、「ERD-M○○○○○LM/M/Wシリーズ」というデスクが発売されました。これ、スマホからでも高さをコントロールできるというのがポイン...
スマホアプリで遠隔操作できるセックストイが急増中。海外のショップに限らず最近は日本でもよく見かけるようになり、もはや定番といっても過言ではないのかも?今回...
愛猫と一緒に遊びたい。だけど仕事をしなきゃいけない……。そんなニッチな葛藤を解消してくれるワークデスクを、世界中のクリエイターが自身の作品を発信するWEB...
やっぱり最初は見た目から。「え、これが?」って思うくらいに全然いやらしさを感じないトイを3つご紹介。
ピルの飲み忘れを予防するためのスマートピルリマインダー「Popit Sense(ポピットセンス)」が日本上陸。
はじめてにオススメな、リーズナブルかつ機能性も文句なしのトイを3つご紹介。
“次世代型”ともいわれるほど高い機能を備えたアナル用のバイブレーションです。
壁に向かって、ということなら話しは別だけど、それにしたって視界にはいろんな情報が入ってくる。たとえそれが自分の家だったとして。じゃない?
ソファでPC作業をするのに適したデスクが「Makuake」に登場!人間工学に基づいた設計により、体を痛める心配もなく、くつろいで仕事ができる。
「え、こんなことも?」と思うようなユーモラスな機能をそなえたトイを5つご紹介。
日本酒造りの過程で廃棄される酒粒やビールから作った、新感覚のクラフトジンを提供する「エシカル・スピリッツ」が、東京・蔵前に蒸留所を開設。極めて香り高いクラ...
オフィスのデスクに置くだけでその場が華やぐ、数々の魅力のある製品を生み出すプロダクトレーベル「ジャッカル」と話題のアイテムについてご紹介します。
シリーズ人気作の“実写版リメイク”を“8年間”かけて制作したファンが現れて大きな話題となっている。『Toy Story 3 IRL(現実世界のトイストーリ...
壁掛け式のコンパクトデスク「タナプラスS」は、ホッチキスで固定する石膏ボード用固定金具「壁美人」を採用しており、壁が傷つかない。そして、どんな場所でも簡単...
価格と見た目、機能面でも手を伸ばしやすいトイをピックアップ。
セックストイ「Palm」は、リングのように指にはめて携帯できるバイブレーター。バイブレーションは5段階に分けて使用が可能。ウォータープルーフ仕様で、充電器...
「アディダス」のアパレルライン「アディダス オリジナルス」は、現在、12年ぶりに復刻した「A-ZXシリーズ」を展開中。このたび発表された人気ブロック玩具「...
世界中の昆虫食を販売する通販サイト「バグズファーム」から「コオロギコーヒー」が9月19日より発売された。
この4種類をデスクに常備しています。
ディズニー公式レシピ第7弾!フロリダ州「ウォルト・ディズニー・ワールド・リゾート」のテーマパークのひとつ、「ディズニー・ハリウッド・スタジオ」内の「トイ・...
「FlexiSpotデスクバイクV9」は、堅牢なデスクやモニターアーム、テレビスタンドなどを造り続けてきた企業「Loctek」が生み出したもの。重力センサ...
ショーツに装着するタイプのトイをご紹介!
仕事や勉強で使うデスクは、ある意味「親友」のようなもの。長い時間、苦楽を共に過ごしていくわけだし、自分にとってのベストであって欲しいですよね。だけど、日本...
花粉症ラスト・スパートは、これで乗りきりましょう。