友だちに、いいな〜って言われる部屋が見つかる「REISM(リズム)」

大きなキッチンで料理したい、オシャレな収納が欲しい、旅先のような部屋で暮らしたい……いろいろな “理想の暮らし” がありますよね。

家で過ごす時間も増えたからこそ、ライフスタイルや趣味に合わせた部屋にこだわりたい人も増加中。そんなとき「REISM(リズム)」と検索すると、友だちにも羨ましがられるような理想の部屋がいっぱい見つかりますよ!

REISMは「お部屋=ライフスタイル」という考えをベースに、中古物件を魅力的にリノベーション。東京生活が豊かになるように応援してくれるんです。

→さっそくチェック

まずは見てみて!
住みたくなっちゃうから!

これまでの部屋を探すときに「リノベ物件」という選択肢がなかった人も、ぜひ覚えておいてください。「REISM」の部屋はいずれも、一度フルスケルトンの状態にしてからフルリノベーションをかけているのでとにかく綺麗。しかもデザインだけではなく、配管や電気などの設備もまるごと新品に交換するので、見えないところまでこだわりが詰まっているんです。

趣味を思いっきり楽しみたい?
見せる収納=機能性があるお部屋が好き?
異国に旅してる感覚で暮らしたい?

REISMにはさまざまなタイプのシリーズがあり、なんとその数、33シリーズ。その一部を見るだけでも……。

大きなキッチンが料理好きにはたまらない「Kitchen」
見せる収納、が心地いい「Hondana」
海外でワーケーションしているような異国感「Chaouen」

33もある「REISM」のシリーズは、世界各国のライフスタイルをモチーフに展開しているので、アメリカンスタイルやヨーロピアンスタイルなど、あなたの個性や好みにあったお部屋も見つかるはず。

ね。他のシリーズも見てみたくなってきたでしょ?

→もっと知りたい

リノベのままでも、アレンジしても◎
「住みこなす」楽しみを

写真からも分かる通り、そのままの状態でも十分に楽しい毎日が過ごせそうですが、あえて扉を設けないオープンクローゼットにしていたり、“少しだけ” アレンジの余地が残してあるのも、REISMのナイスなところ。

部屋全体のテイストは好みのリノベーション空間でゲットしつつ、「ここはもう少しこだわりたいな」という部分をアレンジする楽しみもあります。これをREISMでは「住みこなす」と表現していて、ただ「住む」だけではなく、あなただけのライフスタイルが実現できるってこと。

また、無垢材などの自然素材を使った内装デザインが多いのも「REISM」の特長のひとつ。使い込むほどに味が出てくるデニムやレザーのように、部屋の経年変化も楽しむことができます。

なかには、ペイント&釘打ちもOKなカスタムウォールを壁一面に設置した、DIY好きにはたまらない「Rough」というシリーズも用意されているので、個性を出したい人はそちらもチェック!

意外と10万円で住める
オシャレ物件もある!

実際、立地条件や広さなど、どのくらいの予算で住めるかも気になりますよね。参考までに、10万円前後で住めるリノベ物件を見てみましょう(2020年11月現在)。

(例1)エリア:牛込柳町/駅チカ、広さ:22.11m²、家賃:89,000円/管理費込
(例2)エリア:木場/駅チカ、広さ:23.24m²、家賃:92,000円/管理費込

こう見てみると、東京23区内のアクセスがいい都心の部屋が多く、複数の地下鉄が使える場所だったり、穴場も多い印象!

今でも「都内に住む=妥協が必要」と思っていませんか? 「REISM」ならこれまでとは違う暮らしができ、気持ちにも余裕が生まれるかもしれませんよ。

ちなみに「REISM」にはウェイティング機能というものがあり、住みたい物件が見つかったとき、すでに入居者がいる場合でも、登録をしておくだけで退去の予定を優先的にお知らせしてくれるんです。これならチャンスを逃すこともありませんね!

→詳しくはコチラ
統一感がない、素人っぽい微妙な部屋になっていない?この3視点からの部屋の風景を完璧にすれば、おのずと洗練された空間になるんです。
東京・浅草にある「REEAST ROOM」は、アメリカ発「壊したい放題」のレンタルルーム。食器や空き瓶、小型プリンターなどの家電を揃え、「部屋のものをバッ...
家具を新調したりDIYするのもいいけれど、もっと簡単に部屋の雰囲気を変えたいなら「花の定期便」を利用するのはどう?インターネットやアプリで簡単に登録でき、...
ここで紹介する「Social Balconies」は、隣の部屋などとバルコニーをつなげて、いろんな人との会話が生まれるように設計されています。
見つけるとラッキーな気持ちになる「猫のひげ」。コレクションしている人も多いこの猫のひげを「雑貨」にしてしまったのが、「フェリシモ猫部」の発売した「猫のひげ...
窓の外に自然がなくたって、陽が差し込んでこなくたって、毎日元気に暮らせそう。
渋谷パルコの「Condomania(コンドマニア)」で、部屋に飾りたいかわいいコンドームを見つけました。
ルービックキューブのような、現実にはありえないこの部屋。
一見何の変哲もない、普通に家具や家電がレイアウトされた部屋です。だけど、利用者は宿泊目的でこの部屋を借りるわけじゃない。
パキスタン出身で医者のRehan Munirさんは、アメリカで仕事経験を積むためにニューヨークで部屋探し。インターネットに自己紹介と写真を掲載したところ、...
イギリス政府は地球温暖化対策を強化するため、ガソリン車やディーゼル車の新車販売を2030年までに禁止すると発表。今後は電気自動車などの普及を後押ししていく...
使わなくなった学校を取り壊すのではなく、リノベーションして新たな使いみちを生み出す。カフェやギャラリー、アートスペースとして校舎を再利用する取り組みは、今...
埼玉にある「ときがわ」という場所は聞いたことあっても、実際どこにあるのかは埼玉県民でも知らない人が多いそうです。でも、古民家での田舎暮らし希望者となると話...
ミネソタ大学のキャスリーン・ヴォース教授は、散乱した部屋で活動をしていた方が、よりクリエイティブになるということを、研究で明らかにしました。"ただのだらし...
仮想通貨を稼ぐ(マイニング)際にコンピューターから出る熱を利用して、部屋を暖めるヒーターがパリに登場しました。すでに市内6つのビルに設置されており、スマホ...
ユニクロの調査結果によると、おうち時間の増加と共に「部屋着で過ごす時間が増加している」ことが判明。さらに、テレワークの導入などもあり「リラックスするだけだ...
2021年1月16日まで、カナダ・オンタリオ州トロントの地下鉄車両内で「心の健康」に関するプロジェクト「Life on the Line」がおこなわれてい...
毎年話題の「Australian Firefighters Calendar(オーストラリアの消防士カレンダー)」から、2021年版が登場。28年目を迎え...
イギリスに住む人々の悩みのひとつが、高騰する家賃。顕著なのがロンドン中心部で、1ベッドルームで1,000ポンド(約14.5万円)が平均的な相場のようだ。そ...
ハンバーガーチェーン「バーガーキング」と不動産賃貸仲介サービス「エイブル」が、まさかの異色コラボを実現!
オランダ・ティルブルフで1月にオープンした図書館「LocHall」の前身は、電車の駅です。使われなくなった場所からみんなの集まれる場所へとリノベーションさ...
ここで紹介するのはイギリスのファッションブランド「Fabrikk」が売り出している製品で、何かを取り出そうとしたときにバッグを開けると中が明るくなる仕組み...
JR中央線の武蔵境駅からバスで10分ほどの郊外に突如として現れる、色鮮やかな円筒と球体・立方体を組み合わせたアーティスティックな建築物。一見するとテーマパ...
僕のなかのワインのイメージと言えばやっぱりまだ、高級で、ハレの日のもの。でも、今回訪れた「東京ワイナリー」は真逆。東京ワイナリーがあるのは、近隣にコインパ...