「辛子明太子」が海を超えてブームに!?

山口県・下関市に拠点を置く辛子明太子の専業メーカー「前田海産」が、自社製品のEUへの輸出を開始すると発表した。

この構想は、2015年に日本食を紹介する海外番組『ディスカバリーチャンネル』の取材を受けた際、欧米で活躍するシェフたちに「辛子めんたいこパスタ」が好評だったことをきっかけに着々と取り組まれてきたもの。

ロシアアメリカに次ぐ市場開拓に向けて、EU輸出向け食品の衛生管理基準「EU・HACCP(ハサップ)」の認証取得を推進してきたが、ついにこのほど、厳格な衛生管理基準を求められるその認定書を農林水産省より受け取ったという。

©前田海産

今回認定を受けた商品は、パンやパスタといった現地の食文化になじみやすく、寿司などの和食にも利用できる、辛子明太子をほぐして袋詰めしたバラコ製品、「MAEDA SAUCE」。

さて、EU諸国での反応はどうか……気になるところだ!

Top image: © iStock.com/masa44
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
日本人として知ってて当然のはずの両者の違い。言うまでもなくこの2つの原材料は同じもの。では、どこで「たらこ」と「明太子」を見分けるか?徹底的に解説します。
博多に拠点を置く老舗の明太子屋3社がタッグを組んで、業界初となるコラボを実現。「Makuake」限定商品「味くらべセット 匠」を販売。
パッケージで微笑む女の子がかわいい福岡の「お子さまめんたいこ」。出汁が効いた唐辛子抜きの明太子で、お子さまと言わず辛いものが苦手な人にもぴったり。おにぎり...
写真家のDavid Behar氏が捉えたのはマイアミビーチの心地よい海の家。年々大きくなり続ける海の家より、ミニマルな海の家が今の気分だと思います。
エコな自然素材ででき、調湿効果でごはんを美味しく保てるなど広い世代に人気の「曲げわっぱ」のお弁当箱について、メリットやおすすめ商品をご紹介。節約やダイエッ...
以前にも「World Topics」の記事でご紹介したオレオのインスタアカウント。彼らがまた挑戦的な投稿をしました。
5月ももうすぐ終わり。はやくも夏めいてきてます。海行きてー! って思ってなくても、ためしに原宿に行ってみて。
世界中の朝ごはんが楽しめる食で各国の文化を発信する外苑前のカフェWorld Breakfast Allday〒150-0001 東京都渋谷区神宮前3丁目1...
食べた人があまりの辛さに「ヒィー」と鳴くところがほととぎすの鳴き声に似ているということで、この名がつけられた神奈川・小田原市の名産「ほととぎす巻」。落花生...
『Sigalit Landau SALT YEARS』の本で紹介される写真がおもしろい。死海でこれでもかというほど“塩漬け”された物が写っています。死海の...
環境を守るために人を雇用していこうという考え方を意味する言葉「グリーンジョブ」。新型コロナウイルスの流行をきっかけに今、注目を集めています。海外の取り組み...
「なんとなく」は知っていても、いざその違いを言葉で説明しようとすると難しいことってありますよね。例えば「シャンパンとスパークリングワインの違い」や「カプチ...
「海の日」といえば、毎年7月の第三月曜日。ですが、世界各国ではそれより1ヶ月近く早い、6月8日。つまり今日。「World Oceans Day」と呼ばれる...
紹介するのは、シンガポールのレストラン「Spice World Hot Pot 香天下火锅」が提供しているタピオカ入りの火鍋です。
浜辺へと漂着したプラスチックゴミだけを使って、ひたすらオブジェをつくるプロジェクト
中国・上海から100kmほど離れた海寧市。この都市に最近オープンしたセレクトショップ「Dear So Cute」が、淡いピンクとホワイトを基調とした内装で...
オフィスでカップ麺を食べる時、デスク周りの小物やPCなどに汁がハネるのを防いでくれる画期的なアイテム「麺ウォール」。通常はB5ノートほどの大きさ、閉じてい...
「MINOTAUR INST.(ミノトール インスト)」の「2L ANTARCTIC DOWN」の紹介です。
中央アメリカ・ベリーズの島にある、自然溢れるコワーキングスペース。大都会にあるソレと比較したらデザイン性や利便性の面では劣るけど、開放感は抜群。疲れたらハ...
完全栄養の主食「BASE FOOD」が、理想のカラダを目指す栄養バランス改善プログラム「BASE FOOD CAMP(ベースフードキャンプ) for St...
オーストラリアのサーファーたちがつくった海専用のゴミ箱「The Seabin」は、水面に設置すると、近くに浮かぶゴミを海水ごと飲み込む仕組み。
近頃、にゃんこも興味津々の「鯉のお寿司」が話題沸騰中。可愛い見た目はもちろん、自宅で簡単に作れることも人気を博している理由でしょう。作り方を教えてくれたの...
2019年までにオフィスや社員食堂から使い捨てプラスチックを廃止すると明言し、環境対策に力を入れているVolvo。少しでも水質汚染を良くしようと、彼らはシ...
人が多い夏場のビーチではまだ新型コロナウイルス(COVID-19)の感染リスクが気になるところ。そんな問題を解決するクリエイティブなアイテムを紹介。