ニューヨーカーが愛するヘルシースープの日本版「チャービーボーンブロス」誕生

「アフタヌーンティー」などを展開する「株式会社サザビーリーグ」から、ヘルシーなスープを中心に提供する食のブランド「CHARBY BONE BROTH(チャービーボーンブロス)」が誕生。

「ボーンブロス」とは、鶏や牛、魚などを骨付きで煮込んだスープのこと。脂肪分が少なく、カルシウムコラーゲングルコサミンなどの豊富な栄養が手軽に取れるので、欧米ではボディメイクのために飲まれているのだとか。

新ブランドでは、岩手県産の鶏肉を長時間煮込んで作ったボーンブロスを提供し、日本でも広めることで人々の健康を手助けすることを目指しているそう。

メニューはホットコーヒーのような感覚で飲める「飲むボーンブロス」や、ゴロゴロと具沢山の「食べるボーンブロス」などが楽しめる。忙しいときでも、スープだからすぐに食べ終えられて、簡単に栄養がたっぷり摂取できるので一石二鳥かも。

9月10日から「ロンハーマン カフェ千駄ヶ谷店」にてポップアップが開催されるので、近くに寄った際にのぞいてみて!

©株式会社サザビーリーグ
©株式会社サザビーリーグ
Top image: © 株式会社サザビーリーグ
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事

関連する記事

ハイカロなイメージのオニオングラタンスープですが、イタリア・トスカーナ版は、見た目も味もヘルシーそのもの。
今週12月3日から、JR東日本の駅構内の自動販売機acureで、日本初となる具入りピリ辛スープの販売がスタートした。
紹介するのは、シンガポールのレストラン「Spice World Hot Pot 香天下火锅」が提供しているタピオカ入りの火鍋です。
野暮ったくも素朴なメキシコの絶品とんこつスープ。
外出困難者が“分身ロボット”で働く「分身ロボットカフェDAWN ver.β」が2021年6月、日本橋エリアでオープンする。
面倒なことはしたくないけど、ヘルシーなものが食べたい!というときにオススメの一品。料理家でフードコーディネーターの河瀬璃菜さんが教えてくれたのは、ヘルシー...
去年11月にオープンしてから、ヒップなニューヨーカーのたまり場となっている「The Water Tower」。窓からは、マンハッタンとブルックリンの両方を...

人気の記事

SNS映えに特化した観光サイト「スナップレイス」が、2020年の総集編として「インスタ映えスポット」ランキングトップ10を発表。
「ラムを作ろう、壁ではなく」というタイトルのユニークな動画広告は、オーストラリアのラム肉メーカー「Australian Lamb」が制作したもの。「私たち...
毎度、趣向を凝らしたオリジナルの機内安全ビデオで楽しませてくれるニュージーランド航空。さすがに今年、新作を望むのは厳しいか……と思いきや、しっかりリリース...
米国にできた最新の「7-Eleven Evolution」で夢のような宿泊プランが企画中。快適なラウンジシートや「プレイステーション 5」が用意されている...
近年注目を集めた雪駄×スニーカー「unda-雲駄-」からアップデートモデル「unda 2.0」が登場。
NBA選手3人が、フェイクミート製品会社「ビヨンド・ミート」と提携し、ホリデーシーズンを祝福するクリスマスソングのオリジナルカバー動画を公開。
京都の甘納豆専門店「京・甘納豆処 斗六屋」が、チョコレートにヒントを得た新商品「加加阿甘納豆」を発売。同じく京都のクラフトチョコレートメーカー「Dari ...