2020年初旬に日本版をリリース!台湾最大規模のミートアップアプリが日本進出

台湾で最大規模のミートアップコミュニティを構成するアプリ「Eatgether」が、昨年11月末に日本における初めてのコミュニティ実施を成功させた。そして、2020年初旬には、日本版アプリも正式リリースして、本格的な日本進出を果たす。

Eatgetherは台湾でのリリース後たった3年で合計ダウンロード数およそ100万。開催されたコミュニティは25万を超え、直近の月平均開催数は2万以上という成長著しいミートアップアプリ。

出会うことに抵抗を抱かれやすいコミュニティの対策として、参加者からオーガナイザーのコミュニティ評価をする制度を導入。質のいいコミュニティ開催につながるマッチングアプリとしても機能している。

昨秋、銀座で開催された台湾以外で初めてとなるコミュニティは、インバウンド向けに職業案内をおこなう「Workilfe in Japan」と共同で開催。定員100名制で招集をかけたところ、3日でおよそ1000名の参加申請が集まり、業界およびマッチングアプリ市場での影響力の高さを示した。

©Eatgether

コミュニティ開催が盛んでありながら、人と人との距離感がある日本社会で、今までにない新しい出会いの場を日本ユーザーに提供してくれるかもしれないEatgetherには、日台間での国際交流や互いの個人旅行サービスを案内する場としても期待が寄せられている。

『ミートアップアプリ「Eatgether」
【対応OS】iOS 10以降(iPhone、iPad、iPod touch対応)、Android 5.0以降
【累計ダウンロード数】62万ダウンロード(2019年11月時点)※iOS用、Android OS用の合計
★2020年初旬日本版アプリ正式リリース

Top image: © Eatgether
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
日本統治時代50年間のなごりを味わう。台湾でローカライズされた日本食がおもしろい。
台湾発の「machi machi」は、丁寧に抽出した台湾茶に塩味の効いたチーズクリームをのせたチーズティーの専門店。台湾ではすでに人気上昇中。6月26日に...
台湾から初上陸、漢方を扱うライフスタイルブランド「DAYLILY」。「COREDO室町テラス」内の「誠品生活日本橋」にオープン。
台湾ポップスを聞いたことがない人へ。台湾語のエキゾチックな雰囲気と都会的なサウンドは新鮮です!
今、僕らがリアルに、使っているもの、使えるもの。
一般的には常識外れな亜熱帯の台湾で造られるウイスキー「KAVALAN(カバラン)」。造り方とか調べると、けっこう“台湾としての個性”を感じさせる面白いお酒です。
デザインを手がけたのは建築家の隈研吾氏です。
台湾のコンビニに染み付いた、あの匂いの根源「茶葉蛋」について。
どうやら10月6日〜8日の3日間は、台湾のほうから日本に来てくれるみたいです。しかも会場は東京タワーのお膝元。夜はライトアップされて夜市で食べ歩く気分なんて
ここに紹介する台湾人アーティストPigo Lin(皮哥)も、「多分に日本のカルチャーに影響を受けた」人物。ユーモアとちょいエロ、それ自体は日本の春画(笑い...
新型コロナウイルス感染拡大のなか苦境に立たされる外食業界。料理の「先払い」によりレストランをサポートしようという動きが続々と。
去る2月6日深夜に起きた台湾地震。いま僕たちには何ができるのだろうか。
全12回にわたってお届けしてきた、ちょっとディープな台湾ガイド。最終回は、これから台湾を旅する人のために、意外と知られていない常識を紹介。
全12回にわたってお届けしている、ちょっとディープな台湾ガイド。第2回は、「THE観光」だけでは物足りないという人におすすめの、台湾ローカル気分を満喫でき...
去年の10月から教育部(教育省)で議論されている台湾での英語公用語化。実現に向けて着々と準備が進んでいると一部の地元紙が8月末に報じました。
イエローの車体色が統一されている台湾のタクシー。初乗り70元はランチ代と変わりませんが、MRT(地下鉄)の普及もあり、空車は対向車線からUターンするなど客...
「YELLOW BLANK MARKET」が、新型コロナウイルスの感染拡大による営業自粛を受けてオンラインクラブを始動する。それに伴って4月3日〜5日の...
電気自動車メーカー「テスラ」のCEOイーロン・マスクが世界の病院へ向けて人工呼吸器を送料も含めて無償で配布することをTwitterで発表した。対象は「テス...
8月16日に台湾のニトリがまるちゃんと花輪くんが登場する動画を公開していました。
台湾のドクターズコスメシェアNo.1ブランド「DR.WU 」が日本初上陸する。品質の高さから、台湾旅行での買い物やお土産の定番としても知られていたブランド...
回転すしの「スシロー」が2020年秋から開催される「ドバイ万博」に出展することが決定。スシロー流のこだわりで日本の魅力を世界にアピールする。
台湾の総統府に宿泊できるという企画が発表され、申し込み受け付けが開始された。応募要項にはSNSに関連するいくつかの条件や事項などが含まれている。
小籠包、魯肉飯、牛肉麺、タピオカミルクティーにかき氷。それぞれお気に入りの専門店があるはず。でも、台湾庶民の味ならばコチラ!
10月11日、台湾発のドリンクブランド「Milksha(ミルクシャ)」が日本初上陸。東京・青山に日本第1号店をオープンする。