月に3日間、約1万円から!都心に「もうひとつの家」を持てるサブスク

暮らしの最適化の追求をビジョンに掲げる「株式会社Unito」から、新しい暮らしのサブスクプランがリリースされた。

urban(アーバン)」は、月に3日間、1万500円から東京の都心にもうひとつの家を持てるプラン。1ヶ月あたり3日間、5日間、10日間の3タイプから、希望の日数を選択できる。

複数の物件が用意されており、立地や広さなど希望に合ったものが見つかりそう。契約月は1ヶ月間ずっとunito Shibuya、あるいはunito CHIYODAに、荷物と郵便の受け取りおよび通知サービスを設定しておくことが可能だ。

自宅でテレワークがはかどらない人の作業場として、リモートワークの導入で郊外へ引っ越した人の、月に数回の出社前夜に泊まる家としてなど、働き方に伴って変化する暮らし方に寄り添ったプランといえるだろう。

実際に暮らせる部屋など、サービスの詳細はこちらでチェックを。

©株式会社Unito
©株式会社Unito
©株式会社Unito
Top image: © 株式会社Unito
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事