ヴィーガン惣菜を定期配送!「ブイクックデリ」が3月1日よりサービス開始

“誰もがヴィーガンを選択できる社会”を目指して、ヴィーガンレシピ投稿サイト「ブイクック」の運営や、食品メーカーなどでヴィーガンプロダクトのマーケティング支援を手がけるスタートアップ企業「ブイクック」が、新たにヴィーガン冷凍惣菜のサブスクリプション(定期宅配)サービス「ブイクックデリ」をローンチ。

3月1日(月)より申し込みを開始予定だ。

©株式会社ブイクック

最近、見聞きする機会が増えてきた“ヴィーガン”“ベジタリアン”という言葉だが、それを自炊以外で実践するとなると、まだまだ難しいところ。

実際、同社がおこなったアンケートで体験者から多く寄せられたのは、「昼食はコンビニおにぎりのみ」「毎日自炊するのは大変」といったマイナスな声。

もっと気軽にヴィーガン料理を食べられる機会を作りたいと考え、ブイクックデリの開発に乗り出したという。

©株式会社ブイクック
©株式会社ブイクック

メニューは、ベジタリアンが多いニュージーランドでヴィーガン料理を提供していたシェフが監修。「カゴメ」「オムニミート」「KRAAGE 2.0」をはじめとした企業とのコラボメニューを含め、全12種類を展開する。

そのなかから6種類がランダムに配送される仕組みで、頻度は、ライフスタイルに合わせて毎週・隔週・毎月の3パターンから選択可能だ。

今後、「本当にヴィーガン?」と驚くような新メニューを定期的に追加していくとのことで、どんどんワクワクするサービスになっていく予感。

なお、現在、先着100名で事前予約を受付けている。詳細は公式サイトからチェックを。

『ブイクックデリ』

【公式サイト】https://vcookdeli.jp/

Top image: © 株式会社ブイクック
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事

関連する記事

コロナ禍で「運動不足」「野菜不足」からくる健康不安を抱えている人が多い2020年。これまで以上に健康意識が高まるなか、9月、新たなヴィーガン向けの情報サイ...
9月1日、テスラの公式Twitterが「モデル3」から革を完全に排除したと発表。動物由来の素材を使わないヴィーガン仕様の自動車の誕生だ。
「ヴィーガン」は食品に限った話ではありません。いまの時代を生きるうえで欠かせない、ヴィーガンフレンドリーなあれこれをまとめてみました。
ことわっておくと、僕はヴィーガンではありません。肉が大好物だし、牛乳もたくさん飲みます。けれど、ヴィーガンへの理解を深めたいと思っているひとりです。
フレッシュで瑞々しいパプリカもいいけれど、天日に干したものを使ってつくるオムレツ。病みつきのおいしさです。
現在、ノルウェーのみで提供されているヴィーガン向けの「マックナゲット」。ヒヨコマメや人参、じゃかいもやカリフラワー、コーンや玉ねぎが使用されているとのこと...
気軽にヴィーガンを体験できる「週1ヴィーガンセット」が発売。ビーガンメニュー定番の「ヴィーガン麺」(玄米麺と米麺)と「ベジミートソース」は、30年間にわた...

人気の記事

国際送金サービスをおこなう企業「Remitly」が、“海外でもっとも住みたいと思われている国はどこなのか”をグローバル検索データを利用して調査。それぞれの...
「国際宇宙ステーション(ISS)」に滞在した山崎直子氏の経験を聞けるだけでも貴重な体験だが、今回はほかにもさまざまな特別プログラムが用意されているようだ。
毎度、趣向を凝らしたオリジナルの機内安全ビデオで楽しませてくれるニュージーランド航空。さすがに今年、新作を望むのは厳しいか……と思いきや、しっかりリリース...
京都の甘納豆専門店「京・甘納豆処 斗六屋」が、チョコレートにヒントを得た新商品「加加阿甘納豆」を発売。同じく京都のクラフトチョコレートメーカー「Dari ...
たとえ、誰からも理解されなくても、認められなくたって、コツコツとひたむきにひとつゴトに取り組んできた人々。人生の多くの時間を費やしてきた「愛すべきバカヤロ...
米国にできた最新の「7-Eleven Evolution」で夢のような宿泊プランが企画中。快適なラウンジシートや「プレイステーション 5」が用意されている...
2021年3月16日(火)に開業する「フォションホテル京都」に、フォションブランドとして世界初出店のスパ「Le Spa Fauchon/ル スパ フォショ...