使う使わない、じゃない。とにかく「欲しい」テープカッター

真っ白で、コンパクトで、どこか愛嬌があるこのテープカッター。

従来の、大きくて、重くて、どこか野暮ったいテープカッターとはひと味ちがいます。

注目ブランド「GLOO(グルー)」は、コクヨが展開する接着・粘着アイテムの新ブランドで、そのデザイン性が目を引くだけではなく、文房具マニアたちの心をくすぐる仕掛けが細部まで込められているからたまらない。

片手で切れちゃう!
じつはハイスペックです

いわゆる “オシャレなだけ” のテープカッターではありません。底面についている特殊な機構がついた吸盤のおかげでしっかり固定され*、テープを「ビー!」と片手で簡単にカットできます。

それだけだと「吸盤が強いだけじゃない?」と思うかもしれませんが、ここからが本当にすごいところ。テープを動かしたいとき(吸盤を外したいとき)は、スッと上に持ち上げるだけ。

おぉ、気持ちいい!

このコンパクトさにもかかわらず、今までありそうでなかった超快適なテープカッターなんです。

素材自体はプラスティックなのでとても軽く、持ち運びもラクチン! 自宅やオフィス、作業現場まで、さまざまなシーンで活躍してくれます。たくさんテープが必要なときだって、最初に何枚もカットして机に貼っておく……なんて煩わしいことをする必要ありません。

* 取り付け面によっては吸盤が吸着できない場合があります。

さらに、カッター部分にもこだわりが。

ステンレス製の特殊加工刃を採用していて、断面がギザギザにならずにまっすぐキレイ切れるんです、しかも軽い力で! テープカッターっていつのまにかこんなに進化していたんですね……。

またこのタイプなら、従来のテープカッターにありがちな「使い込んでいくとベタベタする」というストレスからも開放されます。

いつでもスッキリ、サクッと切れます。

底面には、片手でサクッと切るための特殊な吸盤と、前方向への滑りどめがついています。

シンプルだけど、この子たちが超優秀!

→さっそくチェック

文房具好きの心をくすぐる
「GLOO」のおもしろさ

さらにじっくり見ていくと、重みが吸盤に効率よく伝わるような重心設計にされていたり、テープを引っ張ったときにしっかり踏ん張るテコ比になっていたりと「さすがコクヨさん!」と言いたくなる、細部へのこだわりっぷり。

→気になる

とりあえずパソコンの横に
置いておきたい!

どうです? ちょこんとしてて、愛らしいでしょ?

テープといえば台形のズシンとしたイメージだったけど、GLOOはむしろ逆台形。文具にしては珍しいアンバランスなフォルムです。

プロダクトデザインを手がけているのは佐藤オオキさん率いるnendoで、存在感はあるのに、しっかり生活に溶け込むのが素敵!

じつはGLOOにはテープカッターだけではなく、スティックのりやテープのり、瞬間接着剤まで、一式で揃えたくなるくらいのラインアップがあるんです。

→ラインアップを見る

これはもう「使う使わない」じゃない。
欲しい……!

今回メインで紹介した「GLOO テープカッター 小巻き」、価格はメーカー希望小売価格で980円(税抜)と、思わずポチりたくなる手頃感。径のサイズさえ合えばマスキングテープも使えますし、デスクの上に置いてあるだけでもテンション上がります。

(「テープカッター 大巻き」とセットで置くと、親子みたいでカワイイ!)

 

ついバラバラになりがちなデスク周りの文房具も、GLOOで揃えると一気に愛着が湧いてくるもの。「おうち工作」の時間も楽しくなりそうだし、GLOOのテープカッターやのりで “貼る革命” してみませんか?

→今すぐ欲しい!

関連する記事

日本を代表するプロダクトデザイナー柳宗理氏が手掛けたテープカッター「ROTARY TAPE DISPENSER」の復刻版を「コクヨ」が来年2月25日から発...
コクヨとnendoとの協業により生まれた、接着用品の新ブランド「GLOO(グルー)」の紹介です。
可愛いからってついつい買ってしまうマスキングテープ。でもその使い道に困ってしまうこともあるのでは?そこで、台湾のイラストレーターが意外な使い方を教えてくれ...
「マスキングテープブック」は、シート状のマスキングテープがブック型に綴られた商品。シート状のため、従来のロール状マスキングテープでは難しかった、面を広々埋...
新しい時代の都市と自然と人々のありようや、新たな建築、空間のありようを模索する建築集団「チームラボアーキテクツ」が保育園を設計。
どちらもスペックは良くないけど、そもそもかわいさと安さしか求めてなかったのでオールオッケー!『フライング タイガー コペンハーゲン』さまさまです。
今日は、おうちの中でキッター(カッター)遊び!
“家庭でダンボールを開ける”。そんなシーンを想定して作れたカッター「オランテ」です。オリジナルの刃は丈夫で長持ち、ガムテープの糊がつきにくいように加工まで...
文字や数字をテープに打ち込める〈DYMO(ダイモ)〉のテープライター。書類のファイルや備品などを整理するのに使われる事務用品というイメージが強く、あんまり...
「マスキングテープ(略してマステ)」の発祥の地は、岡山県倉敷市。工業用テープメーカー「カモ井加工紙」が、工場見学に来た女性たちのアイデアをもとに作ってみた...
「触ってるだけで落ち着く」「手持ちぶさた解消」など、不思議な中毒性で大人がどハマりするフィジェットトイ(暇つぶし用玩具)に、新たなアイテムが登場
STALOGY(スタロジー)〉っていうステーショナリーブランドを知っていますか? 粘着テープなどが有名な〈ニトムズ〉の製品をベースに、good desig...
ひとつで複数の機能をもつ「マルチツール」は、乱雑になりがちなデスク周りをシンプル&クリーンに保ってくれるオフィスワーカーの強い味方。今回は「レザーマン」か...
「マステンダー」は、おしゃれなファッションアイテムとして気軽に取り入れたくなるような、かわいいサスペンダーを作りたいーという想いから企画された「マスキング...
「ヴィレッジヴァンガードオンラインストア」で美しい"フェルメールブルー"が印象的な「フェルメールとレンブラント展」とのコラボマスキングテープが販売中。
50ミリ角の立方体、重さもわずか150グラム。手のひらサイズのこのキューブのポテンシャルが、想像以上にスゴかった。ハンドクラフトを趣味としている人に紹介し...
「コクヨデザインアワード2018」にて優秀賞を受賞した「黒と白で書くノート」が商品化。「明るい色と暗い色の文字は同時に読みづらい」という性質を利用した話題...
「Snorelax」の1,394人の被験者は、全員がリラックスをしながら寝れたと答えているようです。なぜなら、固定するというよりは気道を確保して、呼吸をし...
10月16日、「コクヨ」が「Life Accessories」をコンセプトとする新ブランド「KOKUYO ME」をローンチ。
知っているようで、よく知らない。よく使っていたけど、意味を勘違いしていた。そもそも、聞いたことがない。日本語には、まだまだたくさんの「知ってしまったら使い...

おすすめ記事

埼玉県、名栗エリアの北欧文化を体験できる施設「Nolla naguri(ノーラ名栗)」が、グランピングエリア開業にともない2021年4月29日(木)にグラ...
3月16日、軽井沢にほど近い御代田町に新たなラグジュアリーホテル「THE HIRAMATSU 軽井沢 御代田」が開業。すでに予約を受付中。
「Goldwin」の2021年春夏シーズンのコレクションがローンチ。
浜松市の鉄工所がつくったジュラルミン仕様のペグ。強度はもちろん、らせん形状に秘密あり。
「ラムを作ろう、壁ではなく」というタイトルのユニークな動画広告は、オーストラリアのラム肉メーカー「Australian Lamb」が制作したもの。「私たち...
米・ニューヨーク市の「ハドソン・リバー・パーク」と「ジャビッツ・センター」が増設されることが分かった。
米国にできた最新の「7-Eleven Evolution」で夢のような宿泊プランが企画中。快適なラウンジシートや「プレイステーション 5」が用意されている...
大分県の景勝地、耶馬渓に3日間限定でが「耶馬溪トンネルホテル」がオープン。客室となるのは道路に設置されたキャンピングカー。トンネル内には、建築家・佐野文彦...
手持ちのマスクが最強になるスペシャルなマスクカバーが、トラベルギアブランド「TO&FRO」から発売。
カナダのアパレルデザイナーが開発したパンツ専用のハンガー「The Jean Hanger」がシンプルなのにスゴイ。ハンガーラックにかけられてシワの発生を防...