すべてのキッズに使いまくってほしいカッター、「キッター」

 

(さかのぼること、8月の終わり)

……は、8月が終わっちゃう!

世のキッズたちは今頃、宿題の追い込み中かなあ。大人になると、朝顔の観察もしないし、絵日記も書かないし、夢中になって工作をすることもない。まあでも、今やってみろと言われたところで、たぶんどれもできない気がする。

そんなことを考えつつ
休日出勤をしていたら……
(こちらも月末の追い込み中でした)

 

社内にキッズ(8歳&5歳)がやってきた!
彼らは先輩のジュニアたち。あとちょっとで終わる夏休みの宿題と、他にもなんか持ってるぞ……?

5867907816882176
©2018 TABI LABO


ん、『CUT AND CUT!キッターであそぼう!』……? 


5歳の女の子がバラバラとテーブルの上に広げたのは、白くて丸みを帯びた子ども向けカッター「キッター」と、黒い本と、黄色い本。

なんだか楽しそうな感じ。まず本の色がいい。そして表紙のタイトルの感じもいい。ていうか、五味太郎さんの『きんぎょが にげた』とか『みんなうんち』の絵本、大好きでボロボロになるまで読んでいたな。5歳だったからもう23年まえの話か。う……センチメンタル。

ピリッ……!

5984048245637120
©2018 TABI LABO

 

28歳 女の子(?)「え!? その本、やぶいちゃっていいの!?」

5歳 女の子「うん、これいろんな “いろがみ” があるから、すきないろ、こうやってとれるんだよ!」

 

6533630432116736
©2018 TABI LABO

 

5歳 女の子「で、こうやってこの “かったー” で、きる!」

28歳 女の子(?)「なるほど!キッターは刃がほとんど出ていないから、小さい子に持たせても安心だね!こちらも変に手を貸しすぎなくなるからか、なんだかのびのび遊んでいるように見える……!」(通販のセリフっぽくなっちゃったけど、ほんとのほんとに実感値です)

 

5860076480888832
©2018 TABI LABO

 

28歳 女の子(?)「それ、なーに?」

5歳 女の子「けーきをのせる “おさら” だよー!」

 

6335343150235648
©2018 TABI LABO

 

28歳 女の子(?)「お、それは?」

8歳 男の子「 “しばふ” と “まごのて” 」

28歳 女の子(?)「え!? “まごのて” ってあの背中掻くやつ!?」(チョイスのセンスすごい……)

 

5552658240765952
©2018 TABI LABO

 

8歳 男の子「おれ、もう大人ようのカッターもつかえるし〜」

28歳 女の子(?)「まじで!?すごいじゃん!あぶなくないの?」

8歳 男の子「え〜、あぶなくないけど? ま、この子どもようのやつも、これはこれでつかえるわな〜」(ちょいちょい言い回しが面白い)

 

5501677717159936
©2018 TABI LABO

 

サイズ感は、子どもの手にちょうどいいくらい。たまご型のスタンドがついていて、作業中の散らかったテーブルの上でも失くしにくい。刃の部分を収めておけるからケガの心配もなし。

 

4571055544860672
©2018 TABI LABO

 

8歳 男の子「おれ、もうかんせい〜! “じゅうじか” の切りぬき、しっぱいしちゃったけど、ま、いっか〜!(となりに向かって)おい!おまえ、絵かいてんのかよ!」

5歳 女の子「ちょっとまって、かいたら、きるの!」


ただ切るだけではなく、色紙をつかって絵を描いたり、ちがう色どうしを合わせたり。キッターをつかって、マイペースに、安全に、持ってきた夏休みの宿題をよそに遊びまくるキッズたちなのでした。

 

6569886348214272
©2018 TABI LABO

 

あ……そうそう、大事なものをわすれていましたね。

8歳 男の子 作「まごのて」

5880769901756416
©2018 TABI LABO

 

《 ふたりが遊んでいたのは、これ!》

Top image: © 2018 TABI LABO
どちらもスペックは良くないけど、そもそもかわいさと安さしか求めてなかったのでオールオッケー!『フライング タイガー コペンハーゲン』さまさまです。
「ecoBirdy」はゴミになってしまう“プラスチックおもちゃ”を回収して、新しいキッズ用インテリアを製造しています。
みなさん、夏休みの予定は決まりましたか?家族みんなで遠出ができるチャンスですが、小さい子供がいると気苦労が絶えないですよね。とくに心配なのが、長時間のフラ...
種も仕掛けもありません。もちろん、ノコギリのようなギザギザ歯も付いていません。ごく普通のカッターでも、驚くほどカンタンにガラスの瓶がキレイに切れてしまう。...
熊本出身の私が、東京の友人への熊本みやげで必ず買っていくのが、「阿蘇の草原とぶ牛クッキー仔うしビン入り」。“いわゆる熊本銘菓”などもおみやげの選択肢にあが...
Billionaire's Row(億万長者通り)に、2020年完成を見据えて建設中の「Central Park Tower」。10月中旬、不動産開発企業...
50ミリ角の立方体、重さもわずか150グラム。手のひらサイズのこのキューブのポテンシャルが、想像以上にスゴかった。ハンドクラフトを趣味としている人に紹介し...
親がマリファナを吸っていることを打ち明けてから、子どもの反応を撮影したのは人気動画サイト「CUT」。子どもたちの率直な質問と意見をここでは紹介します。
“家庭でダンボールを開ける”。そんなシーンを想定して作れたカッター「オランテ」です。オリジナルの刃は丈夫で長持ち、ガムテープの糊がつきにくいように加工まで...
世の中には、様々なアーティストが存在するが、ペーパーカッティング・アーティストのPippa Dyrlagaもその1人。彼女が使うツールは、紙とペンカッター...
ハイドパークやヴィクトリア・アンド・アルバート博物館、サイエンス・ミュージアムからも近い好立地。1泊11万円ほどで、ベッドルームはふたつあり、最大6名まで...
子どもたちは元受刑者に、僕たちが質問するのをためらってしまいそうなことを聞いています。例えば、何で逮捕されたの?刑務所の生活はどう?友達はいた?といった具合に。
子どもの遠足用じゃないかと侮ってはいけない。強度のあるナイロン製で、専用ケースもちゃんと付属。73cm×78cmというサイズ感は、大人二人が腰掛ける必要最低限。
聴覚に障害のある人たちに、ある質問をした「Cut」のインタビュー動画がいま注目を集めています。彼らにとって、それはとてもデリケートな問いかけ。「今までされ...
大の大人なら、ある程度は共通したイメージを持てる「警察」も、子どもの場合は少し変わった姿になってしまう。そんなことを教えてくれた「CUT」の動画。アメリカ...
クールなパッケージに甘い香り。ギャップが魅力の「GROWN ALCHEMIST(グロウン アルケミスト)」のハンドクリームの紹介です。
主に若い女性に多い『自傷行為』。なぜ自分自身を傷つけるのか?どんなきっかけなのか?いろんな疑問を持つ人が多くいると思います。アメリカの動画メディア「Cut...
2台のボートがスタジオ代わり!?オモシロアートプロジェクトの紹介です。
他人にはゼッタイ言えない秘密があります。もしかしたら、このインタビューもその類。もう時効なのかもしれないけど…「アナタは盗みを働いたことある?」こんなCu...
おもちゃと言って侮ってはいけない。お国柄によっても違うし、貧富の差によっても大きく違ってなかなか深い。どんなモノを持っているかによって、その子の「生き方」...
海外だからこそ成立する(?)あの企画の続編が、1ヶ月ぶりに公開されました。そう、親子で話す「SEXについて」。日本人からすると驚いてしまうくらいに、毎回赤...
ボルトカッターで切ろうとしても15トンの圧力が必要で、接合部は航空宇宙産業で使用される硬化鋼を採用しており耐候性があって錆びにくいほか、ピッキングやドリル...
子ども用VRヘッドセット「BEYOND」はパノラマカメラと連携することで世界各地を“訪れる”ことができます。
酔うと人格が変わるのは嘘だった?という研究結果を以前も紹介したことがあるけれど、実際にお酒を飲ませてみると、普段どれだけ猫を被っているのかを明らかにしたの...