「Netflix」が日本で「アニメーター育成支援」をスタート

「Netflix」が、アニメ業界における才能強化や発掘のため、日本でアニメーターの育成支援をスタートする。

業務提携を組むアニメ製作会社「ウィットスタジオ」が4月から開講する「WITアニメーター塾」のカリキュラムを監修し、特待生制度によって受講生の授業料生活費を支援することで、新たなアニメーターが安心して学べる環境を提供するという。

塾の内容はというと、元「スタジオジブリ」所属のアニメーターである舘野仁美氏らが講師を務める、6ヵ月間の少人数カリキュラム。基礎スキルから実践まで履修し、ジブリなどで培われた動画技術などを学ぶことができるのだとか。

応募資格は、2021年3月に高校卒業見込みか、高校以上を卒業しており、日本在住の18〜25歳であること。特待生制度を受けた卒業生は、Netflixオリジナルアニメ作品の制作に取り組んでもらうそう。

ジブリの動画技術を学んだアニメーターが手掛けるNetflixアニメが、いつか観られるようになるのかも……どんな作品が生まれるのか楽しみだ。詳細はコチラをチェック。

Top image: © Kit8.net/Shutterstock.com
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事