青汁って、こんなに進化してたんですね!

ご存知でしたか? いま、青汁が進化していることを。

東京ミッドタウンにあるカフェ「33 AOJIRU TOKYO」で飲んだ青汁が、いままで思ってた“あの感じ”ではなかったんです。

正直、青汁って“味はさておき。我慢してでも健康を!” みたいなイメージでした。でも、33 AOJIRU TOKYOの青汁は、シンプルに美味しい。苦みやえぐさは一切なく、すっきりした味わいで、本当に飲みやすいんです。

あー、これからの生活はこういうヘルシーな味を中心にするのもいいなあ。

スイーツやフードも青汁に!

2021年、東京ミッドタウン内にオープンした「33 AOJIRU TOKYO」は、「緑効青汁」でおなじみの青汁専門会社「アサヒ緑健」さんが運営するカフェ。緑効青汁を使ったメニューが楽しめます。

驚くのは、そのメニューの豊富さ。ドリンクだけでも14種類がラインナップ。見た目にもきれいなサンドイッチやギルティフリーなスイーツが個性豊かに並びます。

緑効青汁380円
青汁ストロベリーレモンスカッシュ630円

まずは、すっきり飲みやすいベーシックな緑効青汁や、ここでしか味わえないドリンクをぜひ堪能してください。

「青汁ストロベリーレモンスカッシュ」は、青汁を使った特製レモネードに微炭酸を加え、イチゴを丸ごとぜいたくトッピング。ほんのり抹茶のような香りの青汁と、フルーツの控えめな甘さがこれまたいい具合にマッチしてるんです。

メニューはいずれもテイクアウトOK。ちょっとお腹が空いたときや甘いものがほしいとき、気軽に立ち寄れるのはありがたいですね。

ベジタブルサンド680円

六穀パンで、アボカドやニンジンなど7種の野菜を挟んだ「ベジタブルサンド」は、ボリュームたっぷりながら、100%植物性と低カロリーでいただけるのが嬉しい限りです。青汁をあわせた豆乳クリームは、まるでクリームチーズ。

おやつタイムには、ヘルシーな青汁スイーツを。オートミールクッキーや青汁を混ぜ込んだパウンドケーキなど、心も満たせて、さらに健康の後押しまでも! 心置きなく甘いものを楽しんでください。

→もっと知りたい!

そもそも青汁って何がいいの?

「緑効青汁」を飲んで気づいたんです。そもそも青汁のことをわかっていなかったのだと。少なくともわたしは、青汁って “飲みにくい野菜ジュース” みたいなものだと思ってましたよ。

33 AOJIRU TOKYOでいただいた緑効青汁には、熊本・阿蘇の畑で育てられた有機栽培の青汁専用大麦若葉「むぎおう」が使用されているんだとか。大麦若葉には、ビタミンやミネラルなど沢山の種類の栄養素が入っていて、ダイエットや美容に効果的と言われているポリフェノールが豊富なのも嬉しいですね。

栄養があってカラダにやさしい青汁は、ぜひ生活に取り入れてみたいですよね。

1年前より「飲み物」に
こだわるようになったあなたへ

おうちで過ごす時間が増えて、家で口にするものを以前より意識的に選ぶようになったという人も多いのでは。

自然のエネルギーがたっぷり詰まったスーパーボタニカルドリンク「緑効青汁」は、「何かカラダにいいことを始めたいなあ」と思っている人にぴったりだと思うんです。手軽に美味しくカラダに良いものを摂れるってQOLがぐうんと上がりますよ、ほんとに。

33 AOJIRU TOKYOでは、自宅でも青汁を楽しめる粉末タイプも購入できます。水やお湯だけでなく、牛乳で溶かしてラテのように楽しむのもあり。東京ミッドタウン限定デザインのパッケージもあるので、まずは一度カフェに行ってみてくださいね。

→さっそくチェック

33 AOJIRU TOKYO(サンサン アオジル トウキョウ)

 

住所:東京都港区赤坂9-7-4 東京ミッドタウン ガレリアB1F
営業時間:11:00〜20:00
Tel:03-6804-3777

関連する記事

山形の名物「納豆汁」。納豆をそのまま入れるんじゃなくてすりつぶすんです。
冷や汁は地域によって読み方も様々で、宮崎のものは主に「ひやしる」と発音するそうです。宮崎の山師の間では「汁かけめしゃ食うとけがするげなど(ご飯に汁をかけて...
すり鉢でおろしたり、短冊に切ったりした長芋ならば、なんとなく食感の想像がつくはず。料理家・平山由香さんのオススメはひと味違いました。日々のお味噌汁に、冬の...
きのこや野菜など、旬の味覚をお味噌汁を取り入れることで、季節の移ろいを感じることができます。具材の変化はもちろんですが、『毎日のお味噌汁』の著者・平山 由...
東京オリンピック・パラリンピックのチームUSA閉会式パレードユニフォームとアパレルコレクションを「ラルフ ローレン」が今月発表した。
その日の気分で自由な組み合わせを楽しむ料理家・平山由香さんのお味噌汁。今回の主役はアスパラガス。フレンチにもイタリアンにもスパニッシュにもベルギー料理にも...
信州のりんごの季節は青りんごから始まります。1年で1番最初に取れるこの時期の青りんごはさっぱりとした酸味と爽やかな香りが初夏にぴったり。そんな信州の青りん...
疲れがピークになった週末こそ、こういう写真に心癒される──。
ピーマンをお味噌汁に?独特の香りがチョット気になる人でも、焦げめがつくくらい素焼きするか、油でソテーすれば香りが和らぎ、とってもいいお味噌汁の具材になるん...
東京・浅草の味噌汁専門店「MISOJYU」が、365日分のオリジナル味噌汁レシピを公開するYouTubeチャンネルをスタート。いつもと一味も二味も違う、ち...
「四国銘酒88おへんろ絵巻」は、四国の霊場の数にちなんだ88本、88種類のお酒。6月から毎月8本ずつ、11回に分けて頒布会形式で届けられ、1番から88番ま...
体内から温めて、夏バテ知らずの体をつくる「ニンニクの味噌汁」はいかがでしょう。
お椀のなかを見たとき、まずこれがお味噌汁なのだ、と理解するまでに少しばかりの時間が必要かもしれません。おいしい生麩を使って、大胆にプチトマトとアボカドを添...
朝一番の漁を終え、仕掛けた網の片付けがひと段落したころ、あったかいお椀をすする。どこか港町の情景が見えてきそうなこのお味噌汁。明石のおいしいタコを使ったひ...
だいぶ涼しくなってきたとは言え、まだまだ気温差も激しく、疲れが残りやすい人も多いのではないでしょうか。南国・宮崎の我が家には、そんな「バテ気味な人」にぴっ...
書籍『毎日のお味噌汁』の中で紹介されている、料理家・平山由香さんのひと椀が、なぜこうも大胆で自由で、おおらかなのかを探っていくと、あるキーワードにたどり着...
朝のお味噌汁づくりが楽しみのひとつになれば、お椀に向かって「おはよう」、こんなあいさつから一日がはじまるようになる。その日の気分で自由に組み合わせを楽しん...
栃木県益子町の田町地区、そのさらに一部の家庭で夏になると食べられるソウルフードがあります。その名も「ビルマ汁」。誕生したのは1945年。太平洋戦争でビルマ...
「とろろ」は手頃な値段でおいしく食べられる庶民の味として広く親しまれていますが、ここで紹介する「とろろ汁」に使われているのは、静岡県産の自然薯(じねんじょ...
とろみをつけたり油を加えたりと、冷めないひと手間を心がけるのが冬のひと椀をつくるときの工夫です。おすすめは、すりおろした野菜。火通りの悪いレンコンや大根、...

おすすめ記事

「ラムを作ろう、壁ではなく」というタイトルのユニークな動画広告は、オーストラリアのラム肉メーカー「Australian Lamb」が制作したもの。「私たち...
米国にできた最新の「7-Eleven Evolution」で夢のような宿泊プランが企画中。快適なラウンジシートや「プレイステーション 5」が用意されている...
埼玉県、名栗エリアの北欧文化を体験できる施設「Nolla naguri(ノーラ名栗)」が、グランピングエリア開業にともない2021年4月29日(木)にグラ...
3月16日、軽井沢にほど近い御代田町に新たなラグジュアリーホテル「THE HIRAMATSU 軽井沢 御代田」が開業。すでに予約を受付中。
「Goldwin」の2021年春夏シーズンのコレクションがローンチ。
NBAの「ロサンゼルス・レイカーズ」に所属している選手、アンソニー・デイビスが着用し話題となっていた「ナイキ」のサステイナブルな新作バスケットボールシュー...
米・ニューヨーク市の「ハドソン・リバー・パーク」と「ジャビッツ・センター」が増設されることが分かった。
結婚式などのドレススタイルで欠かすことのできないポケットチーフですが、正しい折り方を知らないという人も意外に多いのでは?「Presidential Fol...
「読む」、「書く」、「なにもしない」の3つの過ごし方を軸に、自分のために時間を使う贅沢を味わう"RETREA Healing Lounge"(リトレア ヒ...
欧州でもっとも重要なキュレーター「マヌエル・シラウキ」氏の紹介。