インフラ不足の途上国で、最も注目されてる無人輸送機ドローン

世界規模でサービスを展開するAMAZONは、2015年に小型無人機を使ったサービスの開始を発表したが、インフラ不足の途上国でも、無人輸送機ドローンへの期待が高まっている。

例えば、アフリカの運送事情を改善するための、プロジェクトThe Flying Donkey Challengeは、そんな期待への表れだ。

プロジェクトでは、標高5199mのケニア山でドローンを使い、24時間以内に周辺の目的地へ20kgの荷物を届けというFlying Donkeyレースを開催。そこで、ドローンの安全性と機能性を競い、優秀な作品には助成金が給付される。このレースは2020年まで続けられる予定だ。

また、ゲイツ財団が支援するThe Matternet社もインフラの整っていない途上国への医薬品や食料など、救援物資の運送用無人機の開発に力を注いでいる。

アフリカをはじめとする途上国では、インターネット利用率が上昇中。ネットで買い物をする人も増えてきたが、インフラが整っていないため、商品の輸送が難しいのが現状だ

インフラ整備には、膨大なコストと時間がかかる。それなら空から運搬すればいいという画期的なアイデア。ドローンが実用化されれば、途上国に住む人々の生活は劇的に改善されるはず。

 

Reference:fastcompany

supportedbybeforward

beforward_btn01

Sponsored by BE FORWARD
よりよい暮らしのためには、教育が不可欠。けれど様々な理由で、その機会が与えられていない人もたくさんいます。そのひとつが、電源がないこと。そこでドイツの企業...
子どもの成長は早い。靴のサイズはすぐに合わなくなります。そのため、新しい1足を買う余裕のない途上国の子どもたちは、フィットしていないものを無理やり履き続け...
「ANAホールディングス」と五島市は「自律制御システム研究所」「NTTドコモ」などと協力し、長崎県五島市における有人島間のドローンを用いた物流網の構築を目...
日本企業『株式会社クリエイティブトレーディング』が開発したドローンが話題になっています。その名も『Flying Magic Cleaner』。世界初の空飛...
Googleショッピング検索がより便利にアップデートされる。新機能では、特定のアイテムを掲載するオンラインショップが一括で表示され、色やサイズ、ブランドな...