「私たちはどんな体験をするか、選べる時代に生きている」-石川真弓-

普段は会社員として広報業務をこなしながら、数々のWEBメディアでライター業をこなす石川真弓さん。現在はHDR写真についての著書もヒット中。そのマルチな活動の根底にあるものは?

001.
判断基準は、
「楽しい」や「ワクワク」

mayumiishikawa__bengmealea

athlete_head_q

会社員、ブロガー、ライター・・・。ズバリ石川さんって何者なんでしょうか?

Answer

基本的には会社員です(笑)。ただ、大学生の頃から「書く」ということは、やっていましたね。10年以上前の当時はブログで日記のような内容を、時には酔っぱらいながら綴っていました。今思い返すとちょっぴりイタい内容もあったかもしれません()

でも、以来web上に自分の居場所みたいなものを作ることができて、ずっと書き続けてきています。
現在は、週4日は会社員としての仕事を、残り1日は自宅で執筆活動をするというサイクルです。

athlete_head_q

いろいろな媒体で原稿を書かれていますが、なかでもご自身のブログ「URAMAYU」 は月間約15万人に見られています。

Answer

最初ブログをはじめた時は「これからはインターネットの時代だ!」くらいの感じで飛び込んでいったんですけど、それが本当になりましたね。今はみんながスマホを持って、SNSでつながっている時代。素直に楽しい時代だなって思います。

athlete_head_q

やはり「楽しい」というのは、キーワードですか?

Answer

ですね。目の前にいろんなことあって、そのなかで「やる」「やらない」を決める時、私はそれをやっている自分を想像するんです。で、楽しそうだなと思ったら「やる」。食わず嫌いはよくないので、基本的には「やる」なんですけど、どう考えてもつまんなそうなことも(笑)。楽しいとかワクワクとかっていうのは、チャレンジする際の判断基準になっているとは思います。

athlete_head_q

自分の感情を大事にしている?

Answer

例えば私が広報を担当しているFabCafeなんかは、レーザーカッターや3Dプリンターが置いてあったりして、いろいろなデジタルものづくり体験ができるようになっています。飲食物、モノ、そして空間だけじゃなくて、最近では「体験」までもがトータルでプロデュースされて提供されているのが「今」だとしたら、それを選ぶことが必要だと思うんです。情報とかいろんなものが溢れているからこそ、取捨選択していくことが大切なのかなって。

002.
HDR
写真の魅力は
「簡単にカッコイイ写真が撮れる」

mayumiishikawa_uyuni

mayumiishikawa_bamboo

athlete_head_q

その選択のひとつの結果が、今年出版された『HDR写真 魔法のかけ方レシピ』だと思います。そもそもなぜHDR写真だったんですか?

Answer

最初にHDR写真に出会ったのは、2009年にiPhone 4が出た時。「HDR撮影機能」が付いていて、話題になったなんですね。それで、私もいろいろ調べて、やってみたら、とっても楽しかったんです。

HDR写真とは、明るい・暗い・普通と露出を変えた3枚の写真を撮って、それを合成して、白飛びも黒潰れもないカメラのダイナミックレンジを補う撮影技法・・・と言葉で簡単に説明すると、そういうことになるんですが、見てもらえばわかる通り、単純に仕上がりが絵画みたいでおもしろくないですか?

athlete_head_q

今回の本に掲載している写真は、世界一周旅行で撮影したものだとか。旅に出たのは、出版のためですか?

Answer

いえいえ。ちょうどそれまで勤めていた会社を退社して「30代前半のこの時期を逃したら、一生世界一周なんてできないな~」なんて思ったのがきっかけです。

そして、世界一周旅行って意外と安くいけるんですよ。私が購入したのは、ワンワールドアライアンスの世界一周航空券で、サーチャージ込みで約95万円でした。これで16回ビジネスクラスに乗れるんですよ。距離は関係ナシ。高いですけど、コストパフォーマンスは抜群に良いものすごいチケットだと思います。


athlete_head_q

HDR写真を撮影しながら世界一周をするうちに、本の企画を思いついたわけですね?

Answer

世界一周旅行の目的のうちのひとつに、世界中の絶景をHDR写真で収めようというものはありましたが、本を作ろうなんて全然思っていませんでした。そして帰国後に、ご縁があって出版社に「日本で初めてのHDR写真の本」企画を持ち込んだんです。実際には出版が決まるまでも時間がかかりましたし、いざ企画が通ってからも大変でした。

HDR写真の技術的な部分もすべて自分で執筆しましたし、その情報が正しいかどうかソフトの開発会社に確認も自分で取りました。本に使っている写真素材は全部自分で撮り下ろしたものです。企画を持ち込んでから本が出版されるまで、約1年はかかりましたね。

athlete_head_q

石川さんはもともとライターではあっても、カメラの専門家ではないし、主戦場もweb媒体です。それが、大変な苦労をしてまで「HDR写真の本を出そう!」と頑張れた原動力みたいなものって、なんなのでしょう?

Answer

HDR写真が私にできるなら、きっと他の人にもできるはずだし絶対楽しいはずだし知ってもらいたい!」といった気持ちでしょうか。

HDR写真って、プロの方々には嫌われている部分があって、例えば「撮った後から誤摩化しているだけでしょう?」とか「それは自分の実力とは違うよね」なんて思う人が多いんだと思います。
でも、私はプロカメラマンじゃないし、単純に写真を見て、「キレイ!」とか「楽しい!」っていう瞬間の感覚が大事で、それを共有できたらいいなって。

もちろん、技術的にはいろいろやっていますし、それは本のなかで紹介もしているんですけど、基本的にはHDR写真は簡単なんですよ。ピントと構図さえ決まれば、後からいくらでも加工できる。すごく写真が上手じゃなくても、「カッコイイ写真が撮れる」っていうのは魅力だと思いますね。

athlete_head_q

その撮影方法は、この本を読めば分かりますか?

Answer

そうですね。技術面もしっかりフォローしているし、細かいことも書いてはいるんですが、一方で世界の絶景HDR写真集のような楽しみ方もできるので、手に取ってもらいやすいとは思います。
実際、かなり反響は大きくて、自分でもビックリしています(笑)。

003.
ホームランは打てなくても
コツコツとヒットを出せる人でありたい

mayumiishikawa_library

athlete_head_q

HDR写真の次、新たに注目していることってなんですか?

Answer

30代女性のライフスタイルやキャリア形成でしょうか、自分の状況的にも日本国内では、女性のキャリアに関してはネガティブな話題が多いですよね。賃金や子育て環境とか。

子育てをしながら上手にバランスをとって働いている女性もいますが、メディアで登場するような女性ってバリバリのスーパーウーマンみたいな方が多く、意外と参考にならないことが多い。もっと子育てと仕事を上手に両立されているフツーの話が聞きたいなって思います。

athlete_head_q

では、次の書籍のテーマは「女性のキャリア」でしょうか?

Answer

いえいえ。本は最初で最後だと思っています(笑)。女性のキャリアに関しては、興味の対象というだけじゃなくて、自分自身がそういうライフスタイルを体現していきたいと考えているんです。

athlete_head_q

いわゆるキャリアウーマンとは違っているかもしれませんが、石川さんも多彩な方法で、やりたいことをやっているスーパーウーマンなのでは?

Answer

というよりも、器用貧乏かもしれません(笑)。よく言えばゼネラリストみたいな。専門的な分野をとことん極めるような人も素敵だと思いますが、そうでない人もいます。私は後者ですね。いろいろなことに手を出しちゃう。そして、マルチタスクで、ちょっとずつ成果を出す。ホームランは打てないけれど、コツコツとヒットを出せるようにしたい(笑)。

athlete_head_q

イチローみたいですね(笑)。

Answer

そう言われるとカッコ良すぎますが、バランスを大事にしているのは事実です。ブロガーやライターの仕事も、普段会社員として働いているからこそ書くものに幅が出てくるし、反対に記事を書くことで、会社員としてはできないアウトプットが可能になっている。

athlete_head_q

今回は石川さんの本を読者プレゼントとさせていただきます。最後に読者へのメッセージをいただけますか?

Answer

「好き」のなかで生きていくこと!そして、ネット上やSNSのなかだけで完結せずに、リアルなコミュニティを大事にすること!
シンプルですが、この2つは、誰にとっても大切だと思いますね。

 

石川真弓/Mayumi Ishikawa

ロフトワーク広報PR・プランナー、ブロガー、ライター。WEB制作会社勤務を経て、シックス・アパートに入社。広報及びマーケティングに携わる。2013年、夫とともに世界一周旅行へ。その時に撮影した写真を掲載した、HDRの使用方法を説明する書籍『HDR写真魔法のかけ方レシピ』(技術評論社)2014年に発行。株式会社ロフトワークの社員として週4勤務のワークスタイルを実践。自身のブログ「URAMAYU」をはじめ、「ギズモード・ジャパン」などのメディアでライターとしても活躍中。

生きるために、仕事をしてお金を稼ぐーー。たしかに、とても大切なことです。でも、好きなことをライフスタイルの中心に据えながら自由に生きることができれば、こん...
iPhoneひとつあれば、旅の記録と記憶は美しく残せる。世界のiPhone Photographersの貴重な瞬間を捉えた写真の数々を観ると、旅にあらため...
画家ゴーギャンが「古城のよう」と表現したことで知られるポリネシア、モーレア島を拠点に活動する写真家夫婦ヴィルジニさんとサミュエルさんは、10年ものあいだポ...
iPhone 7のカメラで、綺麗でインパクト大な月の写真が撮影できる裏技を紹介。
AIに過去のデータを解析させたところ、新たに72の信号を発見。地球外生命体からのメッセージの可能性もあります。
余談ですが“バッファローウィングフレーバー”も同時に売り出すようです。
20代前半。今を生きる私たちの“仕事”は、少し特殊なのかもしれない。
本を選ぶ時、書評欄や書店員さんなど誰かのオススメから選ぶ方は多いでしょう。しかし、今や本もAIがオススメしてくれる時代なんです。ということで話題のAI書店...
先日発表されたばかりの「The iPhone Photography Awards」は、スマホで撮影した写真のみがノミネート可能。そのクオリティの高さに、...
世界各国の若者の部屋を6年間にわたり撮影。フランス、スイスなど世界各国で続々出版。「ナショナルジオグラフィック・ポーランド」が絶賛し、いま、全世界で話題沸...
人類初の民間月旅行の発表後、イーロン・マスク邸ではスペシャルディナーが開催されていました。そこで出された食べ物は、まさかの◯◯だった!
Agoraphobic Traveller(広場恐怖症を抱える旅人)と自称するJacqui Kennyは、驚くことにたくさんの旅行写真を自身のInstag...
ホラー映画や心霊現象映像など、とにかく苦手な私。ありきたりな答えだけど、「怖い」のだ。ただ、フォトグラファーのFrank Machalowskiによる心霊...
   窪咲子  Sakiko Kubo元雑誌編集者。初心者バックパッカーながら、女ひとり、世界一周の旅へ出発。ライターの仕事をしながら、1年8か月、50カ...
「Fishball」は、取り付けるだけで360度写真を撮れるようにしてくれる、iPhone用外付けレンズ。今なら、約5,500円でオーダーできるそうです。
「え、そんなとこにも?」という国の新緯度帯ワインをご紹介。ベトナム最大の街・ホーチミンから北へ約300kmの美しい高原地帯で生産される赤ワイン「ダラットワ...
この発想はなかった!いま海外で、想像の斜め上をいく「iPhoneケース」が大きな話題となっています。それは…「EYE」は、Androidのスマートフォンを...
創業者である、コラス=アーベルさん自身が乳がんの摘出手術を経験し、医療では治せない心のダメージに寄り添うために、起業することを決めたと語る。「がんでダメー...
私たちは、まだまだデバイスのポテンシャルを最大限に生かしきれていないのかもしれません。iPhoneで撮影した写真が集まる「The iPhone Photo...
近年、「終活」ブームなんて言葉もあり、早い人は30代で遺言書を用意する人もいるそう。ここでは「Elephant Journal」から、ブロガーAnna J...
8歳の少女が世界を見つめる姿を撮り続けるのはフォトグラファーである父。しかし写真は娘のためではなく、自分のためだそう。彼の不安や憂鬱は、清廉で特別にも見え...
旅をこよなく愛する男・倉崎憲。学生時代にはラオスに小学校を建設し、世界一周の旅に出たこともある彼は「旅で人生は変わらない」と言う。そんな彼はなぜ旅の虜にな...
「ADcase」はドイツの学生Philip Frenzelさんが開発した、エアバッグのような機能を持ったiPhoneケース。
「歴代のiPhoneを水没させたら、どれが一番最後まで生き残るか?」Zach Straleyさんが行ったちょっと過激な実験が、YouTubeで話題を集めて...