「あなたのウンチ、4000円で買い取ります」斬新すぎる医療プロジェクトで、世界を救う

あなたのウンチを買い取る
画期的な団体が、登場!

誰だってウンチはする。それが何かの役に立つかも、なんて考えもしないだろう。しかし毎日トイレに流されてしまうウンチの持つ、意外な価値に注目したプロジェクトが発足した。

米・ボストンにあるOpen Biomeは、菌を研究している非営利団体。この組織が、なんとウンチを買い取ってくれるというのだ! 価格は1回の提供で40ドル、年間にするとおよそ13,000ドルにもなる。排泄物がお金になると思えば、かなりの高額と言えるだろう。

それにしても、購入されたウンチは一体、何に使われるのだろうか?

糞便移植で、菌を撃退!

近年、クロストリジウム・ディフィシルという菌が問題になっている。多くの人の腸に生息している菌で、通常はさしたる害は及ぼさないのだが、病気にかかり抵抗力が落ちると、とたんに急増殖して毒素を生成しはじめるのだ。

この菌によって、毎年アメリカで250,000人が腸炎を発症しており、そのうち死亡例はなんと14,000人に及ぶ。しかも感染力が高いため、病院や老人ホームなどの閉鎖空間において、大規模で重大な院内感染が起きることが問題になっているのだ。

このクロストリジウム・ディフィシル菌に対する最も有効な対処法が、実は糞便移植だそう。これは健康な菌を含んだ便を他の人から提供してもらい腸の中に導入するというものだが、その成功率はなんとほぼ100%に近い数字だという。まさに特効薬と言うべき治療だ。

しかし糞便移植を行うためには、便を提供するドナーが必要になる。そこでウンチを広く買い取ろう、というのが今行われていることなのだ。つまり「ウンチを売る」というのは、正確に言い換えれば「糞便移植のために便を提供するドナーとなる」ということになる。

ウンチが人を救う!

買い取られたウンチは、冷凍保存され、糞便移植用に加工された後、病院に治療のために出荷される。そして重篤な腸炎で苦しむ患者を、ウンチが癒すのだ。ウンチが人命を救う日が来るとは、なんとも驚きだ。

Reference:OpenBiome
HIV感染から女性を守る。これまでの医療技術とは全く異なる観点から、感染予防を可能にする新たな技術が「Popular Science」で紹介されている。H...
健康な人の便を冷凍し、カプセルに封じ込めた薬が、「クロストリジウム・ディフィシル感染症」の治療に効果を発揮するとの研究結果が米国医師会雑誌(JAMA)に発...
先日、フェストフードチェーン「タコベル」のタコスソースが人の命を救うという出来事がありました。
米メディア「Collective-Evolution」でライターArjun Walia氏が紹介するこの記事は、近年がん治療に「医療大麻」が有効であるという...
『Tilt Five』はホーログラムを使った新しいタイプのゲーム機で、特殊なARメガネを着用すると専用のゲームボードに“3Dの世界”が浮き上がるという新し...
WHO(世界保健機関)は、キューバがHIVと梅毒の母子感染を“撲滅した”と発表した。これは世界初の事例となる。具体的には、10万人の出生数に対して、感染者...
細胞から新しい臓器を作り出す再生医療は、ひと昔前では考えられないほどの進歩を遂げています。そしてこのたび、意外な素材から人間の心臓を作り出す研究が、米・ウ...
3月14日、オーストラリアのニンビンという村で、2人の男性が口論をした末に片方が矢を放ちました。そして、被害者にあたる男性の命を救ったのはスマホ。
先日旅行で廈門市を訪れましたが、そこで利用したトイレが以前北京で経験した「ニーハオトイレ」と違いすぎて驚きました。リゾート地だったからかもしれませんが、中...
「じゃばら」に含まれるナリルチンは、花粉症の症状を緩和して抗酸化力を向上させることができるとされ、子どもや妊婦でも安心して摂取が可能。生産農家を支援し、花...
「ドムドムハンバーガー」初心者も、往年のファンも、2020年これだけは外せない!「絶対食べておくべき」マストメニューのご紹介。
国連が定めた「世界トイレの日」の本日、NPO法人「日本トイレ研究所」が訪日外国人に向けてトイレの使い方動画「 The robot toilets in j...
ロンドンをベースにするアーティストScott Conrad Kellyが、100箇所以上のトイレの落書きから、男女が描く内容の違いを解析したプロジェクト「...
「SHERLOCK」では、少しの血液を採取し紙につけるだけで、がんだけでなく感染症も発見できる。
近年、目覚ましい発展を遂げるAI(人工知能)ですが、イギリスの医療研究機関MRC(Medical Research Council)の発表によれば、心不全...
ニューヨークのコロンビア長老派教会医療センターが、ある40曲のプレイリストを発表しました。年代やジャンルを問わないヒットナンバーの数々がそろっていますが、...
スウォッチには発売当初からスケルトンモデルがあって、1983年のモデル「JELLY FISH」は伝説的な存在!「BIG BOLD JELLY」は、あの往年...
iHerb(アイハーブ)で買える、プロテイン20g配合のおすすめ「本格派プロテインバー」を紹介します。日本では珍しいあんな味も......!
アメリカでは約2,000万人の女性が摂食障害に苦しんでいて、女性の約200人に1人が拒食症、100人に1人が過食症だと言われています。摂食障害の治療は道の...
フィンランド人男性Janne AntinさんはHIV感染者のひとり。ヘルシンキの広場でサインボードを自作した彼は、両手を広げて目を閉じました。彼の両脇には...
私たちは、健康診断を受けたりサプリメント薬を摂取することで、元気な体を保とうとします。けれど、生活習慣を改めない限りは、真の健康を維持することもできません...
なぜか私たちは「うんち」や「おしっこ」という言葉を声に出すことに恥じらいを覚えてしまう。でも、世界のトイレ事情についてあつ〜く語ってくれている「The I...
花粉症ラスト・スパートは、これで乗りきりましょう。
世界で現在、爆発的な感染流行をみせているエボラ出血熱。その致死率も話題となっているが、既に悪名高いマラリアも、実はそれに劣らない危険な疫病だ。マラリアは主...