約8億ℓの水を削減した、リーバイス®の環境対策が本気すぎる・・・「アパレル業界の根本を変えたい」

世界中の水に関する問題に取り組んでいるNGO「WaterAid」によると、地球には水が豊富だが、実際に人間が使える水量はごくわずかだという。
例えば、地球全体の水をおふろ一杯分(約200ℓ)だとする。そのうち淡水は約5ℓ。しかも、淡水の70%は氷河や地面の奥深くに眠っている。その他諸々を加味すると、我々が使えるのはわずかスプーン一杯分(20mℓ)となるそうだ。そして、そのスプーン一杯分しかない水を日々、汚染しているとも。

この事実に問題意識を持って取り組んでいる企業のひとつがリーバイス®だ。

じつは同社の代名詞ともいえるジーンズは、その生産過程に加えて、持ち主が洗濯することで、大量の水を使用している。その量、ジーンズ1本つき約3,800ℓ。ちなみにこの水量はざっとシャワー53回分。
この量を多いとみるか、少ないとみるかは個人差があるだろう。とくに日本のような水が安易に手に入る先進国にいると、なかなか水の貴重さは実感できないかもしれない。
しかし、例えばアフリカのある国の子どもたちは日常の水を汲みに行くために1日に3時間を費やしているという(ちなみに、これは日本の若者がスマホに費やしている時間とほぼ同じだ)。その事実を知るだけでも「ジーンズ1本で約3,800ℓ」という水の消費量の重さを感じることができるはずだ。

安いジーンズは誰でも作れる
しかし、少ない水で
いいジーンズを作れるのは?

リーバイス®は、ベター・コットン・イニシアチブ(BCI)という外部機関と手を組み、すでに製品生産時に必要な水を減らす活動をスタートさせている。その成果をまとめたのが以下の数字である。 ニューヨーク市、ロンドン市の1ヶ月の水の供給量と同じだけの水がすでに削減されている。

これだけを見ると、ジーンズに関する水問題は、かなり改善されているように感じるはずだ。しかし「我々はアパレル業界が環境へもたらす影響や消費者の服に関する考えを根本から変えることが可能なのだ」とは、リーバイス®のCEOであるChip Bergh氏の弁。同社はその言葉通り、現在25%の製品に導入されている、より少ない水でジーンズを生産する技術を、2020年までに80%の製品に導入すると約束している。

ファストファッションに代表されるように、今や安いジーンズを作れるブランドは少なくない。しかし、少ない水で生産できる、環境に負荷をかけないジーンズを作れるブランドは多くはないはずだ。そこが、リーバイス®の強みとなるかもしれない。

リーバイス®ストアで
ジーンズの回収をスタート!

levis04

ここで知ってもらいたいのは「本来ジーンズは、長く穿けるものである」ということだ。その前提を持って、消費者が水問題に対して起こせるアクションは2つある。
ひとつはリーバイス®ストアに、穿かなくなったジーンズを持っていくこと。穿かなくなったジーンズを持ってきてくれた人は、6月12日(金)までの期間、リーバイス®から15%OFFのディスカウントチケットを受け取ることができる。
同社は、回収したジーンズの生地をカスタイマイズした商品を販売し、収益すべてを水問題へ取り組む「WaterAid」への寄付へとあてていくという流れだ。 この循環システムを持ってして、リーバイス®は水問題を少しでも解決へ導こうとしている。

もうひとつは、もっと簡単だ。
日常のなかで、ジーンズを洗う回数を減らせばいい。メリットもちゃんとある。洗濯回数を減らせば、ジーンズの魅力である、インディゴ独特の色落ちをより自然な風合いで楽しめるだろう。

※上記のキャンペーン期間は終了しました

Sponsored by リーバイス®

アパレル業界で問題視されている、生地のから出る大量のゴミ。ニューヨークのとあるファッションデザイナーが、100%廃棄物を出さない服を製造する新ファッション...
2002年にファッションレーベル「Daydream Nation」を立ち上げ、香港を拠点に活動するKay Wongさん。今では洋服を作るのをやめて、こんな...
アパレル業界では、大量の生地の切れ端がゴミとして捨てられている。この廃棄物に目をつけたのが、ファッション・デザイナーDaniel Silverstein。...
カンタス航空は、シドニー国際空港と協力しながら、一部の利用客に顔認証システムを使ったチェックインサービスを提供し始めたようです。
体の内側からキンキンに冷やしてくれるデトックスウォーターの紹介です。
ファストファッションブランドの台頭により、劇的に変化したファッション業界。一方で、その生産現場の悲惨な労働環境も問題視されている。大量生産・大量消費の裏側...
米メディア「TakePart」で、ジャーナリストPadma Nagappan氏が、サンディエゴ国際空港の節水対策に注目した記事をご紹介。記録的な干ばつ被害...
今や完全にスニーカースタイルの定番となった「ニューバランス」。けれどアパレルラインに限ってみれば、これまでナイキやアディダスの後塵を拝してきた印象を受ける...
世界がもし1つの国だったら─。そんな理想を追求した動画がある。しかし中を見てみると、実は現代だからこその深刻な問題が浮き彫りとなった。一部の人々に偏る富・...
20世紀の「使い捨て社会」から循環型の社会へ。いま世界の多くの人々が、そのための努力を続けています。大量生産、大量消費、大量破棄。それらが食品業界にもたら...
サンフランシスコ生まれの「The Chiller's Pack」は、クーラーが付いているバックパックです。缶ビールをキンキンに冷やせるようになっています。
私が暮らすスペインと日本とでは、「サステイナブル」の考え方が根本的に異なると感じています。では、どう違うのか?第三回目となる今回は、あるファッションブラン...
去る8月13日、2015年をまだ4ヶ月以上も残して、人類は“タイムアップ”の日を迎えてしまった。「アース・オーバー・シュート・デー」地球が1年間に生産可能...
世界自然保護基金<WWF>が打ち出した新しいコレクションは、全面に工事現場や、自然を破壊する情景の写真が使われている。環境を守りたいと思うからこそ、生み出...
アメリカ人男性3人によるスタートアップ企業Bureo社が、ユニークな手法で環境問題にアプローチしています。もっとも、ここでいう環境問題とは「海洋汚染」。美...
大気汚染や水質汚染問題など、汚しているのは人間だけど、結局のところ最後に困るのも人間だと思う。オランダの環境問題について真剣に考えるAlice de Kr...
地球が誕生し、多くの生命が産声をあげ進化する鍵となった「水」。そもそもが神秘性の塊であるけれど、そこに現代の最先端テクノロジーがかけ合わさることで、地球に...
リコッタチーズを単純にはさむのではなく、「スクランブル」にしてタコスの具材にした一品。
イギリス北西部、チェシャー州に位置するアシュトン・ヘイズ。この街は、住民たちの協力のもとで「Co2削減」の試みがおこなわれ、なんと10年で約40%もの削減...
SNSで情報の入れ替わりがより早くなった今、ファッション業界にも大きな影響が出てきているようです。20代のHARAの創設者に同年代にとってのファッションの...
地球上の約7割が海。「海水を真水に変える」それは、世界の技術者たちが、こぞって研究開発を進める分野のひとつ。ライターJoe Martino氏が「 Coll...
現代社会が抱える深刻な環境問題を、あえてユーモラスに伝え、お祭り気分の参加型エコチャレンジとすることで、国境を越えて人々が自発的に取り組んでいる活動を紹介...
エコ意識への高まりは世界規模で広まり続けています。たとえばスーパーやコンビニでもらうレジ袋の有料化。ゴミを減らすだけでなく、温暖化対策にも貢献できる。確か...
先端部分に注目。ここにテクノロジーが集約されているのです。中には植物の種がびっしり。地面にトレッキングポールを突き刺すごとに、種が埋め込まれる仕掛け。