親元を遠く離れ、一人暮らしをした人にしかわからない「9つのこと」

親元を離れて暮らす、すべての人たちへ。「Lifehack」ライターCasey Imafidon氏が、エールを込めて人生の教訓を説いています。親から離れたくて始めた一人暮らし。ところが、困ったときに頭をよぎる親のこと。両親、兄弟、家族そして絆。家を出て、初めて分かることがコレ!

01.
「自由」と「責任」を
分けて考え始める

_279910769

家族とは、人生の柱としてあなたを支える存在。いかなる時でも、人間形成における精神的サポートをしてくれるのは家族をおいて他にない。ひとたび、家族のサポートから離れると、あなたは完全に独立した一人の人間として物事を見始め、自分で自分の問題に対処しなければいけない。その意欲に邁進することができるのが、一人暮らし最大の魅力。

02.
家族の話題から
取り残される…

例えば、身内の結婚式や両親の誕生日といった、内々の重要なイベントへの参加が減っていくだろう。FacebookやLINEで、母の60回目の誕生日を知ることだって。こうしたビッグイベントがあることで、家族と一緒にいることの喜びを恋しく思うことだってあるはず。

03.
有休の残り数日は、
決まって家族のために

_282159773

家族から離れて過ごすための時間。周りの人たちは、休暇をこう考えているかもしれない。でも、普段離れて暮らしていれば、「家族のために」休暇を使いたいと思うはず。つまり、休暇の意味合いが180度違ったものに。もちろん、自分が楽しむために十分な時間も必要だ。休みは精神のリフレッシュ。だが、ちょっとだけ不完全なものになるのは、致しかたなし。

04.
家族に頼らずとも
適応し、自活の道を歩む

新しい環境にしっかりと順応し、快適さを感じ出した頃、ようやく独立した一人の人間として、自分も周囲も認めてくれるようになるものだ。自分に責任をもって自活の道を歩むあなた。家族に頼ることなく生きることへの、大胆さと独立心、そして強さが備わってくるだろう。

05.
でも、ときどきは
家が寂しくなることも

110514470

ホームシックが何を意味するのか?みんなそれぞれに、独自の定義みたいなものがある。寂しい思いをするかもしれない。でも、家族の住む場所は、いつでもあなたにとっての帰る場所。美味しい食卓の匂い、絶えず響く談笑、そんな雰囲気が必ずや恋しくなるものだ。こうした感傷にさいなまれることも、一人で暮らすことの大きな代償。

06.
「家族」。その言葉の意味が
理解できたとき、
感謝の気持ちでいっぱいに

一人の時間は「家族」の意味を理解するのに、この上ない日々だろう。惜しみないサポート、愛情の裏返しの厳しさ、一緒に経験した思い出や楽しかった瞬間。大切にしたい時間があなたを襲う。その一つひとつが感謝への気持ち。

07.
「この決断あってる?」
時々、自分で自分を疑うことも

98228924

自ら進んで家族から遠く離れ、一人の生活を始めたあなた。あなたの人生の新しいフェーズとして、勇気をもって課題に立ち向かう必要がある。もちろん、家族のアドバイスを期待してはいけない。自分が信じられないようなときは、シンプルに、原点に立ち返ることだ。

08.
家族はゴールではなく
道中にある“給水地点”

最初に断っておくと、家族とは場所ではなく人。当然、彼らとできる限りコミュニケーションを取ろうとするはず。つねに真実はこう。家族と一緒にいる、あるいは連絡を取り合うことさえできれば、場所なんて重要ではないということ。

09.
親子ともに成長できる!

000013371938_Medium

いつまでも家族と一緒にいては、互いの関係が成長していくなんてあり得ない話。やっぱり、家族から離れてこそ、新しい価値観や人生の指標となる考え方が身についていくものだ。そうなったとき、きっとあなたの両親は、子供扱いせず大人の一人として、あなたの成長に眼を細めることだろう。

Licensed material used with permission by Casey Imafidon

仕事が終わって、疲れた体を引きずって、辿り着いたは暗い部屋。一人暮らしはしてるけどただ寝るだけの部屋。「何の為に家賃を払っているのかわからない……」という...
一人暮らしをはじめて、「丁寧な暮らし」に憧れていても、何をすれば理想の生活に近づけるのか、わからない人もいるでしょう。そこで、一人暮らしで実践しやすい丁寧...
友達は友達でも、家族のような親友ってとても大事な存在。血が繋がった家族にさえ言えないようなことも相談できるから。そのような存在がいる人だけができる、人生で...
天気とともに毎日を過ごしているような感覚になれる、不思議な水槽。
機内食にエンタメ要素が増えること自体はうれしい。だけど、なんか前提がズレているようにも思うのです。
一つのキットから、メインディッシュとサイドディッシュが作れます。
「ありがとう」を家族に口にしたのはいつですか?もう間もなくクリスマス、そしてお正月。家族が顔を揃えるひとときがやってきます。久しぶりの我が家に戻る人も、日...
自身が経験した自由気ままな暮らしっぷりを描く,イラストレーターのYaoyao Ma Van As。快適でのびのびとした「自分の城」でくつろぐ女性たちのイラ...
都心のタイニーハウス在住男子としては、やっぱりイケてる家具を揃えて、かっこいい大人を演出したい!それでいてできるだけ広々とした空間は保ちたいし…。
年の離れた兄弟の絆は独特のもの。親子とも違うし、年の近い兄弟とも違う…そんな不思議な関係について、自身も7歳半離れた妹を持つNikhita Mahtani...
重さは22.5kgもある。高さは38.5cmで、サイドテーブルと同じくらいか。「Consodi」は、Bluetoothも搭載していない有線接続タイプのスピ...
「感謝の気持ちを忘れずに」。そんなふうに言われることはたくさんありますが、多くの場合は、家族や友だちから優しくしてもらったときのことを指しているのではない...
リトアニア出身の男性Jacob Laukaitisさんは、タイを旅行中に飲酒運転の車に跳ねられる大きな事故に巻き込まれてしまいました。生還した彼は、痛々し...
物理的な距離の問題ってもどかしい。それは、恋人じゃなく親友でも同じこと。それでも、すぐには会えない関係の中で「親友」の関係を続けられる人たちがいる。彼女た...
実家を離れて、一人暮らしも順調。家賃もなんとか払えているし、部屋もそこそこ綺麗。でも、その生活スタイルを深く掘ってみると、案外まだ「子ども」な部分が見え隠...
強い火力で、ごはんが美味しく炊ける「鍋炊きごはん」。ですが、常にガス台のそばで見張っていなければならないため、ワンタッチで予約ができる炊飯器と比べて「手軽...
家族は、何にも変えられないかけがえのない存在。知らないうちに自分に染み付いていた癖が両親そっくりだったりして、成長していくにつれて、その計り知れない影響力...
慈悲深きマリアを象ったフラワーポット。
ドキドキの新生活が間近に迫ってきたけれど、まだ住まいをどうするかは決めていない…。そんな人に向けた記事がこちら。広いお風呂やおしゃれなキッチンなど、希望は...
愛する人や友達にチョコレートをプレゼントするバレンタインデーは、じつは家族に日頃の感謝を伝えるチャンスでもあります。改まって伝えるのはなんだか照れくさいか...
「言霊」という単語があるほど、言葉の力は偉大です。前向きな言葉をつぶやけば、不思議と気持ちがポジティブになる。そんな経験をしたことがある人も多いのでは?つ...
「Uターン就職」。実家を飛び出し、首都圏の大学に進学。その後また故郷に戻って職を得る。そういう選択肢も増えています。でも故郷に帰るなら、いっそもう一度実家...
感謝は心の中にしまうより、伝えた方が伝える側も伝えられる側も気持ちいもの。でも忙しいと頻繁にできるわけではない。そんな時「ありがとう」を言う以外にもさりげ...
スペインの首都、マドリッドに暮らして約5年。日々の暮らしの中で、スペイン人から学ぶことは本当にたくさんあります。それは、彼らが「人生を謳歌するエキスパート...