市販の香水には「5つの有毒物質」が含まれている可能性がある?

Doctors Me(ドクターズミー)
医師、その他専門家
「Doctors Me」は、医師、歯科医、栄養士、カウンセラー、薬剤師、獣医などに直接相談できる、メディカル・ヘルスケアQ&Aサービスです。また、医師をはじめとする専門家が執筆・監修する人気コラム、病気・症状の体験談等を配信しています。
Doctors Me

おしゃれ感覚、あるいは体臭の消臭用にと、香水を活用している人は多いのではないでしょうか。最近では数えきれないほどの種類が販売されていますが、みなさんはその成分を意識したことはありますか?

今回は、そんな香水に含まれる成分が体にどんな影響を及ぼすのか、医師に詳しく教えていただきました。

科学薬品を含む
香水が広まったのは約70年前

w
香水の歴史は古く、昔はすべて天然由来の原料で作られていたといいます。それが、1940年代以降、科学薬品による香水が市場に増え始めたのです。

この科学薬品には、次のようなトラブルを引き起こす、有害な物質も含まれているとのこと。

香水に使われる5つの有害物質

Perfume_206441110

1:ベンズアルデヒド  ・中枢神経障害  ・目のかゆみ  ・喉の痛み  ・消化器系障害 など   2:アセトン  ・中枢神経を抑制  ・めまい  ・のどの渇き  ・吐き気  ・意識をもうろうとさせる  ・重篤な場合、意識障害を引き起こす など   3:酢酸ベンジル(ベンジルアセテート)  ・発がん性  ・肺や目の障害 など   4:しょうのう(カンフル)  ・中枢神経の障害  ・めまい  ・吐き気  ・けいれん  ・目や鼻の痛み  ・重篤な場合、意識障害となるケースも など   5:エタノール(エチルアルコール)  ・めまい  ・吐き気  ・筋力の低下 など

香水に使用されている有害物質には、それぞれ特有の害を引き起こす可能性が指摘されています。下記を参考に、どのような症状が出やすいのかをチェックし、購入時には必ず成分表をチェックするようにしたいですね。

■ 医師からのアドバイス

Perfume_000003002287_Medium

上記のような化学薬品が使用された香水のつけ過ぎには要注意。自分だけではなく、その香りを吸い込んだ周囲の方の体調不良を引き起こす可能性もあります。 香水を使用するのであれば、できるだけ天然成分の香水を使用するようにしたいですね。香水に頼るのではなく、自分の臭いを把握して対策をするのもいいかもしれませんね。

監修:医師 佐藤留美
コンテンツ提供元:Doctors Me

「セントピック」は、毎月新しい香水を提供するサブスクリプションサービス。好きな香水やライフスタイルなどのアンケートをもとに、ユーザーの好みに合ったものを届...
アメリカ社会で、いま危険視されている「Toxic Worker」を知っていますか?直訳すれば“毒性のある社員”、つまりは同僚に悪影響を与える社員のこと。彼...
クイーンズ大学ベルファストの科学者達が、汗をかけばかくほどいい香りを発する、という画期的な香水を開発したようです!湿気や水分と接するほどいい香りになるのだ...
市販のトマトソースだって少しアレンジを加えただけで、もっと魅力的に、フレッシュにいただけるのです。
立ち乗り電動二輪車で知られる「セグウェイ」が、電動キックスクーターの新作「Ninebot KickScooter Air T15」の予約を受付中。以前から...
〈LUSH(ラッシュ)〉の練り香水は、1個約1,000円〜1,500円というプライス。手の平に乗るサイズの缶入りで、香りもいろんなベクトルのものがあって、...
先月30日、ペコちゃん誕生70周年を記念して「ミルキーフレーバーの香水」が発売。
トルコでは「香水」の消毒剤としての需要が高まり、コロナウイルス対策として大量に買い占められている。
オランダのエネルギー企業ARNは、使用済みオムツをリサイクルできる工場の建設を始めました。
今年4月にローンチするブランド「IZUMI KAN」は、TPOに応じて服を選ぶように、色や空間、季節などに合わせた香りを「えらんで着る」香水を提案。「見え...
「HAPS(High Altitude Platform Station)」と呼ばれる空飛ぶインターネット基地局がナイロビ上空を飛行中。「Alphabet...
11月はノーベンバーではなくて、ヒゲを伸ばす月「モーベンバー」としても知られているんです。
太宰治の『火の鳥』には、愛についてのこうした表現が登場します。これは紛れもなく「真実の愛」と呼ぶにふさわしいものですよね。でも、中には真実とは対照的な「有...
香水は苦手だけど、いい香りは身にまといたい。そんな人に使ってほしい「retaW(リトゥ)」の「BODY CREAM」の紹介です。
今、僕らがリアルに、使っているもの、使えるもの。
家を出る前に、香水をシュッとひと吹き。もしココが湿気の少ない欧米なら、それだけでニオイ対策は十分でしょう。でも、日本の夏は高温多湿。職場に着く頃には、ほと...
以前は友だちとのテキストメッセージが息抜きだったのに、最近面倒になって後回し…。そこには「今」の世情が関係していた!
5月、緊急事態宣言中、UberEatsで月収100万円。こんなウソみたいなことを成し遂げたのが、大村達郎という人物だ。メディアにも出演しない彼にたくさんの...
コラムニストのベンです!今回は「アンフルエンサー」ということについて紹介します。
米宇宙開発局(NASA)が推奨する観葉植物があります。宇宙と植物?のつながりではないようです。「inhabitat」ライターLucy Wang氏によれば、...
パリパリのキャラメリゼ。こだわりのアイスクリーム。
野菜をおいしく食べるうえで欠かせないものといえばドレッシング。だけど毎度市販品では芸がありません。というわけで、誰でもかんたんに作れてしまう、自家製ドレッ...
スマホより軽くて携帯しやすい、手のひらサイズの空気清浄機「LUFT Cube」が、応援購入サイト「Makuake」に登場。
 あらゆることを忘れてしまっても、「匂い」は忘れないといいます。そのことをわたしは16歳の時に知ったので、17歳の春、とても好きな人ができたときに、香水を...