男性が口ずさんでいたら、「キュン」とする音楽って?

彼氏でも好きな人でも友達でもない。カフェで偶然隣の席になったとか、街中ですれ違っただけ、とか全然面識のない人にもキュンとした経験がある女性って意外と多かったり。

その理由は顔がタイプだった、持ち物を落としたときに優しく拾ってくれた…など人それぞれですが、なかにはここで紹介するような曲を口ずさんでいたからというのもあったりして。困ったことに女性って本当に単純な生き物なんです。

01.
え、私のこと?
絶対勘違いしちゃう
モンゴル800『小さな恋のうた』

j_MONGOL800(C)2001 TISSUE FREAK RECORDS

「ほら、あなたにとって大事な人ほどすぐそばにいるの」。このフレーズが聞こえてきたとき、「え?私のこと?」って、自意識過剰かもしれないけれど本当に思っちゃう。
“The 青春ソング”な曲だから、単に高校時代に付き合っていたあの子のことを思い出していただけなのかも。とは知りつつ、淡い期待を寄せちゃうんです。

02.
垣間見える「弱さ」に
母性が芽生えてきて…
山崎まさよし『僕はここにいる』

j_yamazaki(C)Office Augusta

たとえば、いかにもガタイのいい男性がタバコをふかしながら儚げな顔をして「僕はここにいる」を口ずさんでいたら…。考えただけでもすごく、イイなって思う。母性本能のせいなのか、守ってあげたくなっちゃう。
女性ってそういうギャップに弱い生き物なんです。

03.
あなたが微笑むまで
何回だってキスします
秦基博『ミルクティー』

j_hatea(C)Ariola Japan

「微笑むまでキスをして」ってミルクティーよりも甘いフレーズが聞こえてきたら、きっと心の底でこう思っちゃう。「うん、あなたが微笑むまで、むしろ満面の笑みを浮かべてくれるまでキスします」って。

04.
カラオケはちょっと…
でも、鼻歌なら♡
Rake『100万回の「I love you」』

j_Rake(C)Ariola Japan

超ダイレクトで、告白されているかのような歌詞。
カラオケで「愛してるの言葉じゃ、足りないくらいに君が好き」なんて、熱唱されたらちょっと引いちゃうかもしれないけど、ふとすれ違いざまに聞こえるか聞こえないか、今にも消えちゃいそうな儚いボリュームで聞こえてきたときには、キュンとしちゃう。

05.
「年上の彼が欲しい」
な〜んて考えちゃう
スキマスイッチ『奏』

j_sukima(C)Ariola Japan

年上の彼が口ずさんでいたら思わずついていきそうになる曲No.1。だって、「君が大人になってくその季節が寂しい歌で溢れないように」なんて大人の余裕というか、哀愁のようなものを感じるフレーズを聞いて、クラ〜ってこないわけがない!

06.
いい日になるように、頑張ろう
前向きな気持ちになれる
高橋優『明日はきっといい日になる』

j_takahashi(C)WARNER MUSIC JAPAN

「あ〜なんでこんなミスをしちゃったんだろう」「私って本当にダメだな」。仕事がうまくいかなくて落ち込んでいるとき。「明日はきっといい日になる」が鼻歌でも聞こえてくるだけでも、元気が出る。そして、明日もまた頑張ろうって思えるんです。

今なら「31日間無料」で
dヒッツを楽しめる♪

時代もジャンルもバラバラなこの歌を、ひとつずつ揃えるのは大変…でも邦楽を多く取り揃えた音楽配信サービスの『dヒッツ』なら、カンタンにプレイリストをつくれて、いつでも聴くことができます。 しかも今なら初回31日間無料で体験可能。
もちろんこの記事で紹介したプログラムも、実際に聴くことができます。しかも、この記事には載っていない曲が追加されているかも!?ぜひお試し下さい♪

※プログラムの曲順はランダムとなります。

btn_rnttdocomo_151109_2

Sponsored by dヒッツ

音楽関連の調査会社MusicWatchによると、ティーン世代をアンケート調査したところ、主にストリーミング配信で視聴する結果となった。今のティーン世代はZ...
あのマイルス・デイヴィスに「この星で最も重要な音楽家のひとり」と評されたと言われるブラジル音楽界の巨匠が、日本にやってくる。
SQUEEZE MUSICは、再生中の音楽が放つムードをリアルタイムに分析して、曲の構成や展開によって味がブレンドされるといったユニークなプロダクト。曲の...
とてつもなく小さな物音も魅力的。世界の魅力的な機械を紹介します。
もう半年以上も前のイベントになってしまうのですが、2月16日と17日にサインスピナーの世界一を決める大会がラスベガスで開催されました。
「Below The Surface」は、70万ものゴミがいつの時代に製造されたのかを記録しているサイトです。
音楽プロディーサーのChristian Pierinは、廃棄された音楽機材やレコードで、ジミ・ヘンドリックスやジョン・レノンなど、偉大なアーティストたちの...
フリーな素敵すぎるパーティのご紹介です。
『Context=文脈』をテーマにした、音楽と本のイベント。素敵な音を奏でるアーティストのライブと、彼ら自身が推薦する本を“音楽家の本棚”に並べて展開しま...
「Contexts」は“音楽”と“本”をテーマにしたイベントで、粋なミュージシャンがライブパフォーマンスと共にお気に入りの本をリコメンドするという内容。こ...
2018年5月22日からノルウェー・エアシャトルのウェブサイトでは、気温を条件に目的地が選べるようになりました。
音楽を聴いて鳥肌が立つ人とそうでない人がいます。今まで謎に包まれていたこの現象が起きる理由は、脳の働きの違いにあったようです。
人気のある音楽ジャンルと聞くと何を思い浮かべるでしょう。ポップスか、はたまたロックか。音楽史において最も影響力のあるジャンルとは一体…。これは、2015年...
冷蔵庫を開けると、音楽が流れてくる...!?
なかなか馴染みがないクラシックコンサート。ですが、一部のビジネスパーソンや海外では、教養を深めるため、そしてネットワークを構築するために愛されています。その
音楽、映画、文学など、誰にだって心のよりどころとしている作品があるはず。そんな“オール・タイム・フェイバリット”を探る週替り連載企画。今週はロック・バー「...
音楽が大好き、仲間と一緒と盛り上がるのはもっと好き! そんなアナタへ。インストールしたくなるアプリを紹介しましょう。まずはこの動画を見れば、このアプリが最...
つい先日、世界各地の1ドルで飲めるビールの量を公開されました。
音の無い世界で生きる人たちがいる。耳の聞こえない聾(ろう)者たち。彼らに楽器が奏でるメロディーや歌声は聞こえない。しかし、決して音楽の無い世界に生きている...
音楽が心にもたらすメリットは、様々なところで語られていますが、「I Heart Intelligence」に掲載された記事は、それをまとめて紹介したもので...
『Science Vs. Music(科学VS音楽)』 と銘打たれたミュージックビデオを紹介。電流が見える「テスラコイル」など、あらゆるテクノロジーを駆使...
自宅のCDラックから音楽的ルーツやその人となりを探る連載企画「GOOD RACK!」。今回はロックバンド、Wienners(ウィーナーズ)のボーカルにして...
悲しいメロディを聞いて感傷に浸るとなんだか癒される、というのも音楽の楽しみの一つかも。でも、なんで人は「悲しい」音楽を好きになるんでしょうか?悲しくなりた...
思いっきり泣いてしまいたい時ってありますよね?恋人、友人、家族など大切な人との離別や、仕事でうまくいかなかった時などなど。でも、音楽を聴きながら感情にまか...