YouTubeよりも便利!?日常を盛り上げてくれる「音楽サービス」って?

レコードからCD、そして配信へ。音楽を聴く方法は時代とともに常に進化してきました。
そして、ガラケーに変わってスマートフォンが普及してきたなかで徐々に注目されているのが、ストリーミングサービスです。
国内でも様々なサービスが出てきていますが、ここではNTTドコモが提供している「dヒッツ」のメリットを紹介しましょう。
「d」ってことはドコモしか使えないの?と思いきや、他のキャリアのユーザーでも楽しむことができるんです♪

「ストリーミングサービス」って?配信楽曲を、月額制でネット回線を使ってストリーミングで好きなだけ聴けるサービス。ダウンロードの必要がないのでサクッと音楽を楽しむことができる。

メリット①
日本人アーティストなら
負けません!
他社サービスに比べて
邦楽のラインナップが豊富

shutterstock_298543409

ストリーミングサービスはたくさんあるけれど、大抵は邦楽のラインナップが弱点。国内上位300アーティストのうち、カバーできているのは55%のみです。一方、dヒッツなら85%!もはや、有名曲は全部聴ける、と言っても過言ではありません。

あ、もちろん洋楽のラインナップだって負けてませんよ。

メリット②
YouTubeよりも便利!?
ネット環境がなくても再生可能
shutterstock_190333361

冒頭で説明したように、従来のストリーミングサービスはネット環境が整っていないと楽しめません。でも、dヒッツは違います!
お気に入りの曲を見つけたら「my ヒッツ」に登録すれば、ネット環境がなくても好きな時に再生が可能。ネット環境なしで楽しめるストリーミングサービスなんです。

myヒッツ登録できるのは毎月10曲ずつ。これを1年続けると120曲ものリストが完成する計算に。さらに、スマートフォンに保存している楽曲を合わせると、オリジナルのプログラムも充実です。

メリット③
カラオケLOVERは見逃せない
歌詞を見ながら曲が聴ける

dhits

さらに他社サービスにはないdヒッツ特有の機能も。それは、「同期歌詞機能」という音楽を聴きながら歌詞を読むことができるというもの。しかも、歌のタイミングに合わせて歌詞が赤く表示されるので、カラオケさながらに、家で歌に入り込んじゃったりして!?

メリット④
24時間365日
あらゆるシチュエーションに合った
プログラムが2,000以上

スクリーンショット 2015-11-06 18.19.07

ドライブやジョギング、仕事中や勉強中など日常のさまざまなシーンでdヒッツは大活躍♪

「アーティスト」「新曲」「年代別」「恋うた」「特集」「キモチ」「タイアップ」「シチュエーション」「ジャンル」の計9チャンネル別にプログラムが用意されていて、その数なんと2,000以上。たとえば「キモチ」のチャンネルを選ぶと「優しいキモチになれる10曲」があったり、「シチュエーション」には「朝のシャキッとSONG」や「ドライブのためのベストセレクト」があったり。気分やシチュエーションに合わせて選べるので、ぴったりな曲が絶対見つかるはず。

メリット⑤
こんないい曲あったの?
今まで知らなかった
新しい出会いも

shutterstock_255600385

それぞれのプログラムには、テーマに沿ってあらかじめ10曲ほどが選定されていて、ラジオのように自動的に流れてくるというのがdヒッツのスタイル。今まで知らなかった曲にも出会えることも多くなって、流行りの曲にも詳しくなれちゃいます。

もし、「これあまり好きじゃないな」なんて曲があったときはスキップ機能を使えば問題ナシ。

月額たったの500円(税抜)で
約300万曲以上が聞き放題
さらに今なら初回31日間無料!

気になるのが「これ、一体いくらなの?」ってこと。
ストリーミングサービスのなかには、月額1,000円近くかかるものがありますが、dヒッツは月額500円(税抜)、なんと、ワンコイン!もはやタダ同然!?というのは言い過ぎですが、このお値段は驚きです。

さらに、今dヒッツに登録すると初回31日間無料で楽しめるキャンペーンを実施中!ストリーミングサービスが気になっているけど、何から始めていいのかわからない…という人も、無料なら気軽に試すことができるはず。きっとその使い勝手の良さにビックリするはずですよ。

btn_rnttdocomo_151109_2

Sponsored by dヒッツ

他の記事を見る
サンフランシスコに拠点をおくメンズアパレルブランド「Eison Triple Thread」は、先日テクノロジーを最大限に活用したサービス「Fits」を始...
水中で、息継ぎしながら、音楽ライブ!?
「サイマティクス(Cymatics)」という学問をもとにつくられたそう。
町工場×DJの音楽レーベル「INDUSTRIAL JP」
Nikeがアフリカ系の人々に敬意を表する「Black History Month」に合わせて、2019年のコレクションを発表しました。
身近にあるものを使って色を紹介するインスタ「@lucialitman」。これまで知らなかった色をたくさん知ることができておもしろい。
音楽関連の調査会社MusicWatchによると、ティーン世代をアンケート調査したところ、主にストリーミング配信で視聴する結果となった。今のティーン世代はZ...
YouTubeが2017年上半期に日本国内で注目を集めた音楽動画トップ50を発表。これは2016年12月1日以降にYouTubeで公開されたMV(ミュージ...
「Your Time Capsule」という”あなただけの懐メロ”を集めてくれる新サービスがSpotifyで開始。10代のころに聴いていただろうという曲を...
マイルス・デイヴィスに「この星で最も重要な音楽家のひとり」と評されたと言われるブラジル音楽界の巨匠。顔面パンチできるくらい親密だったとか。
雨季以外はほぼ夏というダナンで、住人がエアコンの使用に依存することなく快適に暮らせるよう考案された、アイロンビーズのような家があります。
ジャマイカ発祥の「レゲエ音楽」が登録されました。ユネスコは、ボブ・マーリーやジミー・クリフに代表されるピースフルな音楽が、多くのアーティストにインスピレー...
この木に吊るされた15個のヘッドフォンからは様々な音楽が流れます。大人も無邪気に笑顔になってしまうアートには製作者の「音楽に出会う喜びを感じてほしい」とい...
あのマイルス・デイヴィスに「この星で最も重要な音楽家のひとり」と評されたと言われるブラジル音楽界の巨匠が、日本にやってくる。
カンタンに「Adoptify」を説明するならば、共通の音楽の好みを持っている犬と里親をつなげるサービスだ。
SQUEEZE MUSICは、再生中の音楽が放つムードをリアルタイムに分析して、曲の構成や展開によって味がブレンドされるといったユニークなプロダクト。曲の...
開催日は2月19日〜21日。作品を展示するのはナイジェリア系アメリカ人アーティストであるAmarachi Nwosuさん。
ここで紹介する『アイカサ』は、傘のシェアリングサービス。ゲリラ豪雨でも、台風でも、ビニール傘を買わなくて大丈夫なんです。
とてつもなく小さな物音も魅力的。世界の魅力的な機械を紹介します。
音楽は見て再生!そんなアイデアを元につくられたシステム「REIFY」が斬新です。以下の動画で紹介されているように、その再生方法は、目の前にある造形物をスマ...
自宅のCDラックから音楽的ルーツやその人となりを探る連載企画「GOOD RACK!」。今回はロックバンド、Wienners(ウィーナーズ)のボーカルにして...
「Contexts」は“音楽”と“本”をテーマにしたイベントで、粋なミュージシャンがライブパフォーマンスと共にお気に入りの本をリコメンドするという内容。こ...
5月11日(土)、12日(日)の2日間、静岡県の富士山こどもの国にて、これまでテレビを通して、音楽、映画、スポーツの感動を伝えてきたWOWOWによる初のキ...
古今東西のカルチャーについて独自の視点から好き勝手に論じる『ジェフの勝手にカルチャー論』。Vol.54