YouTubeよりも便利!?日常を盛り上げてくれる「音楽サービス」って?

レコードからCD、そして配信へ。音楽を聴く方法は時代とともに常に進化してきました。
そして、ガラケーに変わってスマートフォンが普及してきたなかで徐々に注目されているのが、ストリーミングサービスです。
国内でも様々なサービスが出てきていますが、ここではNTTドコモが提供している「dヒッツ」のメリットを紹介しましょう。
「d」ってことはドコモしか使えないの?と思いきや、他のキャリアのユーザーでも楽しむことができるんです♪

「ストリーミングサービス」って?配信楽曲を、月額制でネット回線を使ってストリーミングで好きなだけ聴けるサービス。ダウンロードの必要がないのでサクッと音楽を楽しむことができる。

メリット①
日本人アーティストなら
負けません!
他社サービスに比べて
邦楽のラインナップが豊富

shutterstock_298543409

ストリーミングサービスはたくさんあるけれど、大抵は邦楽のラインナップが弱点。国内上位300アーティストのうち、カバーできているのは55%のみです。一方、dヒッツなら85%!もはや、有名曲は全部聴ける、と言っても過言ではありません。

あ、もちろん洋楽のラインナップだって負けてませんよ。

メリット②
YouTubeよりも便利!?
ネット環境がなくても再生可能
shutterstock_190333361

冒頭で説明したように、従来のストリーミングサービスはネット環境が整っていないと楽しめません。でも、dヒッツは違います!
お気に入りの曲を見つけたら「my ヒッツ」に登録すれば、ネット環境がなくても好きな時に再生が可能。ネット環境なしで楽しめるストリーミングサービスなんです。

myヒッツ登録できるのは毎月10曲ずつ。これを1年続けると120曲ものリストが完成する計算に。さらに、スマートフォンに保存している楽曲を合わせると、オリジナルのプログラムも充実です。

メリット③
カラオケLOVERは見逃せない
歌詞を見ながら曲が聴ける

dhits

さらに他社サービスにはないdヒッツ特有の機能も。それは、「同期歌詞機能」という音楽を聴きながら歌詞を読むことができるというもの。しかも、歌のタイミングに合わせて歌詞が赤く表示されるので、カラオケさながらに、家で歌に入り込んじゃったりして!?

メリット④
24時間365日
あらゆるシチュエーションに合った
プログラムが2,000以上

スクリーンショット 2015-11-06 18.19.07

ドライブやジョギング、仕事中や勉強中など日常のさまざまなシーンでdヒッツは大活躍♪

「アーティスト」「新曲」「年代別」「恋うた」「特集」「キモチ」「タイアップ」「シチュエーション」「ジャンル」の計9チャンネル別にプログラムが用意されていて、その数なんと2,000以上。たとえば「キモチ」のチャンネルを選ぶと「優しいキモチになれる10曲」があったり、「シチュエーション」には「朝のシャキッとSONG」や「ドライブのためのベストセレクト」があったり。気分やシチュエーションに合わせて選べるので、ぴったりな曲が絶対見つかるはず。

メリット⑤
こんないい曲あったの?
今まで知らなかった
新しい出会いも

shutterstock_255600385

それぞれのプログラムには、テーマに沿ってあらかじめ10曲ほどが選定されていて、ラジオのように自動的に流れてくるというのがdヒッツのスタイル。今まで知らなかった曲にも出会えることも多くなって、流行りの曲にも詳しくなれちゃいます。

もし、「これあまり好きじゃないな」なんて曲があったときはスキップ機能を使えば問題ナシ。

月額たったの500円(税抜)で
約300万曲以上が聞き放題
さらに今なら初回31日間無料!

気になるのが「これ、一体いくらなの?」ってこと。
ストリーミングサービスのなかには、月額1,000円近くかかるものがありますが、dヒッツは月額500円(税抜)、なんと、ワンコイン!もはやタダ同然!?というのは言い過ぎですが、このお値段は驚きです。

さらに、今dヒッツに登録すると初回31日間無料で楽しめるキャンペーンを実施中!ストリーミングサービスが気になっているけど、何から始めていいのかわからない…という人も、無料なら気軽に試すことができるはず。きっとその使い勝手の良さにビックリするはずですよ。

btn_rnttdocomo_151109_2

Sponsored by dヒッツ

音楽関連の調査会社MusicWatchによると、ティーン世代をアンケート調査したところ、主にストリーミング配信で視聴する結果となった。今のティーン世代はZ...
YouTubeが2017年上半期に日本国内で注目を集めた音楽動画トップ50を発表。これは2016年12月1日以降にYouTubeで公開されたMV(ミュージ...
「Your Time Capsule」という”あなただけの懐メロ”を集めてくれる新サービスがSpotifyで開始。10代のころに聴いていただろうという曲を...
SQUEEZE MUSICは、再生中の音楽が放つムードをリアルタイムに分析して、曲の構成や展開によって味がブレンドされるといったユニークなプロダクト。曲の...
音楽は見て再生!そんなアイデアを元につくられたシステム「REIFY」が斬新です。以下の動画で紹介されているように、その再生方法は、目の前にある造形物をスマ...
自宅のCDラックから音楽的ルーツやその人となりを探る連載企画「GOOD RACK!」。今回はロックバンド、Wienners(ウィーナーズ)のボーカルにして...
音楽、映画、文学など、誰にだって心のよりどころとしている作品があるはず。そんな“オール・タイム・フェイバリット”を探る週替り連載企画。今週はロック・バー「...
「Contexts」は“音楽”と“本”をテーマにしたイベントで、粋なミュージシャンがライブパフォーマンスと共にお気に入りの本をリコメンドするという内容。こ...
てくれるし、哀しいとき、ツラいときにはそっと寄り添ってくれる――。これって少しでも音楽が好きな人なら誰しも経験したことあるのでは?個人的にもナーヴァスなと...
音楽プロディーサーのChristian Pierinは、廃棄された音楽機材やレコードで、ジミ・ヘンドリックスやジョン・レノンなど、偉大なアーティストたちの...
『Context=文脈』をテーマにした、音楽と本のイベント。素敵な音を奏でるアーティストのライブと、彼ら自身が推薦する本を“音楽家の本棚”に並べて展開しま...
音楽を聴いて鳥肌が立つ人とそうでない人がいます。今まで謎に包まれていたこの現象が起きる理由は、脳の働きの違いにあったようです。
音楽配信サービスのSpotifyとヘルスケアプロフェッショナルのソーシャルサービスのFigure 1が共同で行ったアンケート調査で、90%の外科医は手術中...
人気のある音楽ジャンルと聞くと何を思い浮かべるでしょう。ポップスか、はたまたロックか。音楽史において最も影響力のあるジャンルとは一体…。これは、2015年...
『Science Vs. Music(科学VS音楽)』 と銘打たれたミュージックビデオは、サウンドを可視化した斬新な映像作品だ。特定の周波数が生み出す音の...
思いっきり泣いてしまいたい時ってありますよね?恋人、友人、家族など大切な人との離別や、仕事でうまくいかなかった時などなど。でも、音楽を聴きながら感情にまか...
音楽が大好き、仲間と一緒と盛り上がるのはもっと好き! そんなアナタへ。インストールしたくなるアプリを紹介しましょう。まずはこの動画を見れば、このアプリが最...
もしも、音を描くことができたなら…。音を生み出すのに必要なのは、指先だけ。だれもが直感的に「音楽をつくる楽しみ」に出会える音楽アプリが誕生しました。専門的...
クラシック音楽に精通していなくても、聴き覚えのあるフレーズはありますよね?たとえば、ベートーヴェンの「ジャジャジャジャーン♪」なんて、文字だけでもどんな楽...
音楽が心にもたらすメリットは、様々なところで語られていますが、「I Heart Intelligence」に掲載された記事は、それをまとめて紹介したもので...