澤穂希が教えてくれた「5つのコト」

2015年12月16日(水)、今シーズン限りでの現役引退を表明したINAC神戸レオネッサ所属の澤穂希。翌日に行われた会見には、女子サッカー界を牽引してきたレジェンドのエッセンスが、ふんだんに凝縮されていた。

言葉の端々から読み取れる彼女の“流儀”とは?今こそ、私たちが「生きる伝説」から学ぶべきタイミングだろう。

01.
悔いなく、
やりきることの重み

sawa-retired00048632042_Large

「悔いなく、やりきった」

会見で、彼女はこの言葉を5度も繰り返した。そこに強がりは感じられない。24年間の現役生活を全力で駆け抜けた達成感がにじみ出ていた。

すべてのアスリートが、いつかは現役を退くことになる。その中で、自分の持てる力すべてを出しきり、“悔いなく”引退すると言い切れる選手が、果たしてどれだけいるだろうか?

2012年のロンドン五輪は銀メダルに終わった。そのリベンジを、2016年のリオデジャネイロ五輪で果たしかったという悔いはないか?という記者の質問に対しても「まったくないです」と言い切った。

02.
何よりも仲間を尊重

会見では、時折言葉を詰まらせるシーンも。

「チームメートの顔を見たり、思い出したり…。今まで苦しいときも一緒にやってきた仲間のことを思うと、胸がいっぱいになります」

その姿は、自分のキャリアが終わることよりも、これまで共に戦ってきた「家族のような仲間」とサッカーができなくなることに寂しさを覚えているように見えた。

24年もの間、現役生活を続けられた理由についても、「やはり仲間です。仲間がいなければサッカーはできないですし、自分自身のプレーを生かしてもらえない。つらいときはみんなが支えてくれて、楽しいときはみんなで笑った。本当に最高の仲間がいてくれたからこそ頑張れたサッカー人生でした」と力を込めた。成功の数々は、決して自分ひとりの力で勝ち取ったわけではないことを、彼女はよく理解している。

03.
どんなときも“常に100%”で

sawa-retired000041748800_Large

女子日本代表、通称「なでしこジャパン」の指揮官である佐々木則夫は、引退に対してこのようなコメントを寄せた。

「長年、日本の女子サッカーをリードしてきて、代表でも数々のワールドカップや五輪に出場した偉大な選手。ここぞというときに点を取り、さまざまな戦いで勝利に導いてくれました。私自身が出会ったなかでも特別な選手です」

ここぞというときに結果を出すーー。その秘訣は、彼女のこんな発言に隠されているのではないだろうか。

「自分は練習でも100%でやってきた。練習で100%でできなければ、試合でもできないから。正直、練習で手を抜こうと思えば絶対に抜けると思います。でも、私はそういうのが嫌い」

04.
“結果”を出さなければ
意味がない

1993年、彼女は日本代表のユニフォームに初めて袖を通した。もちろん当時は、日本の女子サッカー界における黎明期だ。

それから18年後の2011年。ワールドカップドイツ大会で世界の頂点に立ったことで、なでしこジャパンを取り巻く環境は激変。あまりにも大きなその“振れ幅”を体感しているからこそ、彼女の言葉は説得力を伴ってこちらの耳に届く。

「やはり結果がすべて。本当に今の若い子は遠慮している部分が多いなとすごく感じます。のびのびやってほしい気持ちもありますが、やっぱり勝負、結果にこだわって、より一層頑張ってほしいと思います」

05.
“楽しむこと”こそが
成長の秘訣

Homare Sawa Feature - FIFA Women's World Cup 2015

とはいえ、“楽しむこと”だって忘れてはならない。

「ここまで何十年もやれるというのは、純粋にサッカーが大好きだったから。その思いだけです。サッカーが嫌いになったことは一度もないですね」

記者から「日本女子サッカーの魅力」を尋ねられたときの回答。そこにも、彼女たちの成長の秘訣が隠されている。

「純粋にみんながサッカーを大好きなところ。サッカーがうまくなりたくて、ひたむきに、最後まで諦めない。そういうところに魅力があるのかなと思います」

Top Photo by Mike Hewitt - FIFA/FIFA/Getty Images

昨日2015年8月11日、日本女子サッカーの第一人者、澤穂希選手が30代の一般男性との結婚を発表。所属するINAC神戸の公式HPには、入籍報告の直筆メッセ...
ここで取り上げるのは、サポーターではなく「日本代表選手たち」が見せた美しきマナーについて。
史上最年少のクリケット日本代表、高橋和雅選手のインタビュー。
今年開催される第8回FIFA女子ワールドカップに向けて公開された、ドイツ女子代表のキャンペーン動画がおもしろいと話題になっています。素直に「私達を覚えて!...
もっと愛犬や愛猫との旅がしやすくなるように。そんな想いから、デルタ航空がアメリカ国内線にて、ペット専用のケージ「CarePod」を提供し始めている。
渋谷センター街の路上にて「ストリートサッカー」が初開催!小さなスペースでできる手軽さから渋谷の新たなカルチャーになることが期待されている。
サッカーファンだけでなくビジネスパーソンにも関係がある!?イングランドのゴールデン・ジェネレーションが失敗した理由です。
ベルギーリーグ1部のサッカークラブ「シント=トロイデンVV」がオフィシャルスーツサプライヤーとして都市型オーダースーツブランド「Aoki Tokyo(アオ...
クリエイティブエージェンシーAKQAのプロジェクトのひとつとして、AIが新たなスポーツ「Speedgate」を作り上げました。
8月に開催された「スポーツクライミング世界選手権」のレポート記事です。
「ローランド」が開発した「TAIKO-1」は、叩く強さや位置で音色を変化させ、さらには異なる種類の太鼓や拍子木、ほかの楽器の音まで奏でる電子和太鼓。
今、注目しておくべき「日本クリケット界」について。
心が強くなければ、戦えない。でも、強い心を手にするのは、決して簡単じゃない。トップアスリートはどのようにして“強い心”を手にし、それを発揮してきたのか。「...
東京ミッドタウンのフジフイルム スクエアにて開催されている「BACK-GROUND」は、2010年からドイツを拠点に撮影を続けてきたフォトグラファー・千葉...
「デニムクライマー」と呼ばれるスポーツクライミングの土肥圭太選手にインタビューしました。
付き合いたい女性の条件は、もちろん人それぞれ。ただその中でも、同じ趣味のパートナーを求める人は増えているようです。会話も合うし、同じ時間を共有できる。それ...
「東京メトロ」と「富士ゼロックス」が共同開発した個室型のワークスペース「CocoDesk(ココデスク)」が、2月20日より、明治神宮駅、溜池山王駅、池袋駅...
NPO法人「True Animal Protein Price(TAPP)」が今月5日に発表したレポートによると、肉製品は環境や健康維持にかかるコストを反...
スポーツをすると、カラダがスッキリとして気持ちも爽快になるものです。もしそんな気持ちを、恋人同士で共有することができたら素敵じゃないですか?「Elite ...
元横浜DeNAベイスターズ、現在はクリケット選手として奮闘する山本武白志選手にインタビューしました。
心が強くなければ、戦えない。でも、強い心を手にするのは、決して簡単じゃない。トップアスリートはどのようにして“強い心”を手にし、それを発揮してきたのか。「...
コーチが「ネイマール!」と叫ぶと、サッカー少年たちがわざと転んで痛がっているふりをする動画がYouTubeで公開されました。
JFLに所属する奈良クラブのスタジアムグルメがスゴイんです。
あのときを振り返ると、大喜利のようにキャッチーな言葉が飛び交ったのを思い出す。「五郎丸ポーズ」「サッカーのマイアミの奇跡よりも奇跡」「アイドルが格闘家に勝...