11種類のフルーツが入った「飲むサラダ」とは?

健康・ダイエット食品として老若男女に愛飲されている青汁ですが、一方で毎日飲むには、青くささと苦味を克服する必要が…。

そんな青汁のイメージを根底から覆してくれるのが『めっちゃたっぷり フルーツ青汁』。水に溶かして飲む粉末タイプの、オーソドックスな青汁ですが、名前の通り果物をふんだんに使用することで味と栄養価の両方をパワーアップ。「これなら飲める」ってレベルじゃなくて「わざわざ飲みたくなる」ほど美味しいと評判です!

見た目は青汁
でも、味はフルーティー

青汁の「マズさ」。その原因はケールにあります。その点『めっちゃたっぷり フルーツ青汁』は、苦味とエグみの少ない大麦若葉やクマザサ、明日葉などを採用。加えて、パイナップルやいちご、メロンやオレンジなど11種類の果物から抽出したエキスもプラスしています。

見た目こそフツーの青汁ですが、中身はまるでフルーツジュース。毎日飲み続けるものだからこそ、味にはこだわりたいですよね。

 

健康的に
ダイエットができる

この青汁は、腸内環境を正常化、老廃物をごっそり排出してくれるなど、痩せやすい体づくりに定評があります。しかも、栄養バランスがいいので、美容にもうれしい効果が!

■食物繊維は、セロリの31倍。鉄分は、ほうれん草の12倍

食物繊維はセロリの31倍、鉄分はほうれん草の12倍、カルシウムは牛乳の3.6倍。この青汁の主成分のひとつ大麦若葉は、栄養価がとっても高い野菜として知られています。その他にも、プルーンの100倍以上の鉄分を含むクマサザ、みかんの8倍のビタミンEが含まれる明日葉などもIN。

栄養をバランスよく摂取するのって難しいけれど、『めっちゃたっぷり フルーツ青汁』なら、1杯飲むだけで1日に摂取したいフルーツや野菜を補うことが可能。健康的に痩せる上で基盤となる体内環境はバッチリです!

■121種類の酵素&“生きた”乳酸菌を配合

酵素が体内で不足すると、栄養素の吸収&消化をスムーズに行うことができなくなり、老廃物などが身体の中に溜まってしまいます。そのくせ酵素は摂取するのが難しいことも知られています。例えば、加熱調理するとすぐに壊れてしまうのです。『めっちゃたっぷり フルーツ青汁』は、野草、野菜、果物、海藻から抽出した121種類以上の酵素を配合。これらに含まれるビタミン、ミネラルが新陳代謝UPを促してくれます。

また、腸内環境を整えてくれる、“生きた乳酸菌”も含んでおり、毎日飲むことで、体内の老廃物をごっそり排出、内臓脂肪を抑えてくれる効果も期待できます。

■内側だけじゃなくて外側も!肌のウルツヤUP

『めっちゃたっぷり フルーツ青汁』は、美容の面からも注目を集めています。

例えば、ダイエット中は栄養不足や精神的なストレスから肌荒れなどのトラブルも少なくありません。でもこれにはコラーゲンやプラセンタなど美容成分もたっぷり配合されているので、健康と同時にしっとりとしたウルツヤボディを目指すことができますよ。

300名限定!初回購入は、
5,980円→680円!

151230_ciel01

ちなみに、購入するなら定期モニターコースがオススメ。毎月先着300名限定ですが、初回購入は通常5,980円(税抜)のところ、680円(税抜)!定期継続購入なら2回目以降は35%オフ、QUOカード、テーマパークの招待チケットがもらえるなど…通常購入よりも圧倒的にお得です。

 

「スムージは朝飲むもの」そんな前提が、どこかにあるかもしれません。美容、健康、ダイエット、スムージーを選ぶ目的は数あれど、自分のためだけでなく「みんなを幸...
ごろっとしたスイカが主役のサラダレシピ。スイカをそのまま食べるのに飽きてきたって人や、せっかく買ったのに甘くなかった!っていうとき、サラダにするのが最高な...
コスメはもちろん、あかすりやハンジュンマクなど独自の美容文化が発達している国、韓国。多くの女性が食事にも気を使って、健康的な美を目指しているイメージがあり...
ブリリア ショートショートシアター オンラインで無料上映中。
サンフランシスコ生まれの「The Chiller's Pack」は、クーラーが付いているバックパックです。缶ビールをキンキンに冷やせるようになっています。
山形の名物「納豆汁」。納豆をそのまま入れるんじゃなくてすりつぶすんです。
料理家・平山 由香さんが仕掛ける魔法のようなお味噌汁のレパートリーは、食材のジャンルを問いません。たとえばフルーツだって、立派なひと椀に。『毎日のお味噌汁...
夏場に旬を迎える「桃」と「あんず」が主役です。
夏にぴったりな爽やかなサラダがタイにあります。柑橘系のサラダの「ヤムソムオー」。「ソムオー」というタイでは大人気のボーリング玉ぐらいの大きさもある果物を使...
英語では「Forbidden rice(禁じられた米)」と呼ばれる黒米。古来中国では身分の高い人のみが口にできる貴重なものだったそうです。
愛知県・瀬戸市にきたら、だいたい宿泊先は「瀬戸パークホテル」になる。そもそも街中に泊まれるホテルが少ないのも理由のひとつだが、深川神社の境内のなかにあると...
 「スムージは朝飲むもの」そんな前提が、どこかにあるかもしれません。美容、健康、ダイエット、スムージーを選ぶ目的は数あれど、自分のためだけでなく「みんなを...
グリルしたサーモンと一緒にいただくと、ディナーにもバッチリなこのパスタサラダ。メイソンジャーに詰めてピクニックランチにもおすすめです。
料理家・平山由香さんの著書『毎日のお味噌汁』より、普段のお味噌汁からは想像もつかないような変わった具材のひと椀を紹介します。意外な組み合わせはどれも斬新、...
 タイ料理というとすぐに思い出すのは、超辛いトムヤンクンやピリっとした肉のサテ。でもこういうガツンと刺激のある料理だけじゃなく、酸っぱ甘くてさわやかなサラ...
サラダのトッピングはアイデア次第。あえてステーキ肉を主役にもってきたっていいんです。
健康のことを思ったら、毎日サラダを食べるべきなのは分かってる。でも、自分で作るのは意外に手間だし、飽きないように工夫しようと思ったら、けっこう大変。だった...
「お気に入りの本を友だちにオススメしたいですか?」という質問に対して、先生も予想しなかっただろう答えを書いています。
フルーツよりも手軽で、甘い間食が欲しくなったときのお供「ドライフルーツ」。コンビニなどでもよく見かけるようになりましたが、“本当においしいドライフルーツ”...
外サク、中ふわに仕上げたジャガイモクルトン。定番のシーザーサラダだけでなく、どんなサラダとも相性◎。
すり鉢でおろしたり、短冊に切ったりした長芋ならば、なんとなく食感の想像がつくはず。料理家・平山由香さんのオススメはひと味違いました。日々のお味噌汁に、冬の...
美容効果も期待できる「アボカド」ですが、そのまま食べるのはもちろん、サラダや炒め物に混ぜたり、フライにしてもおいしいですよね。しかし残念なのが「日持ちしな...
緑が美しい季節にもってこいの緑色のサラダ。色とりどりなひと皿もいいけれど、さやえんどう、そら豆、アスパラガスだけで、たまにはグリーン一色で染めるのも粋です。
フランス伝統料理「レンズ豆のサラダ」、本来ならばゴートチーズを使うところですが、これをヴィーガン流にヘルシーなアレンジを加えました。主役は「くるみ」です。