くるくると優しくこするだけで、メイクが落ちる「魔法のせっけん」

“すっぴん美人”は女性の憧れーー。
とは言っても、お化粧しなきゃ外に出れない!って人が多いのは、ニキビ・シミ・シワなどの肌トラブルが気になるから?
ここで紹介するのは、自分のすっぴんに自信が持てるようになりたい人に知ってほしい洗顔せっけんです。

純粋なハーブエキスで
作った「深緑のせっけん」

その洗顔せっけんの名前は『泡石』
「美しさを容(かたち)づくるのではなく、美を養うことからはじめよう」をコンセプトとしたスキンケアブランド『あきゅらいず』から発売されているものです。早速、その特徴をみていきましょう。

■薬剤を一切使わずに、純粋なハーブエキスのみを抽出

さまざまな保湿成分を秘めていると言われる東洋ハーブから、日本人の敏感な肌質に適した10種類を厳選。それぞれのエキスを抽出し、ぜいたくに配合したのが『泡石』の主成分「草根木皮たまり」です。

■肌のうるおいはキープしてくれる!

『泡石』には「草根木皮たまり」の他にも、セラミドやカッコンエキスなど、肌のうるおいをサポートしてくれる成分を配合。保湿力にとことんこだわったスキンケア製品です。お肌にやさしい成分のみでできているので、どんな肌質でも使用できるのもうれしいポイントですね。

もちもち泡が、潤いを残して
汚れだけを落としてくれる

ネーミングといい、ビジュアルといいまさに宝石のよう。「宝」ではなく「泡」なのは、このせっけんの特徴が“泡立ち”にあるからです。たっぷりの水分と保湿成分を含んだせっけんからできる泡はもちもちで、粘りっ気があるの特徴。

その泡が汚れは落としながらも、肌に必要な皮脂は落としすぎず、潤いを残してくれるので、洗いあがりはしっとりしています。

メイク落としも、洗顔も
ひとつのせっけんで

最初はせっけんを肌に直接つけてくるくると。一度洗い流した後、手で泡立ててサッと洗顔……。たったこれだけで、かるいメイク(※ウォータープルーフでないもの)なら、ちゃんと落とせます。

ナチュラルメイク派の人なら、『泡石』ひとつで洗顔はバッチリ!

3つ合わせて使うのがオススメ!

さらに、肌の生まれ変わり(=代謝)を助けてくれる『優すくらぶ(ゆうすくらぶ)』と化粧水・乳液・美容液が1本になった『秀くりーむ(しゅうくりーむ)』を使えば、肌のうるツヤがさらにUP。

いまなら、この3つを合わせたトライアルキットを1,380円(税込)で販売中。ぜひ試してみて!

Sponsored by あきゅらいず

メイク方法を紹介しているビューティーブロガーCatherine Martinezさん。聴覚障害者の人たちとの壁をなくすために、手話を使って動画を配信しています。
人気YouTuberのMs Yeahによるメイクアップ動画が波紋を呼んでいます。美容部員さんからは決して教えてもらえない、禁断のハウツーをどうぞ。
出かける前の身だしなみ、家の中のどこでしていますか?洗面所で行う人はもちろん多いかと思いますが、一人暮らしなどで、洗面所がなく、家のあちこちでメイクすると...
インド北部ラージャスターンの伝統料理だそうです。さすがはインド、奥が深い。
チョコレートとは呼べなくなってしまったお菓子。製法も味もチョコレートと同じにもかかわらず、だそうです。
『オフィシーヌ・ユニヴェルセル・ビュリー』の「アラバストル」は、石に香りをつけるというユニークなルームフレグランス。白磁器の容器も上品です。
「メイク」を使って、社会に潜むさまざまな「闇」を表現。アートの新しい可能性に挑戦するアーティビストがいます。
"アニメ『魔法の天使 クリィミーマミ』に「魔法のステッキ」をそのまま小さくしたようなリップクリーム。実際のステッキと同じようにハートモチーフがくるくる回る...
Doctors Me(ドクターズミー)医師、その他専門家「Doctors Me」は、医師、歯科医、栄養士、カウンセラー、薬剤師、獣医などに直接相談できる、...
全神経を集中させる、積み石ゲームの開始です。
立派な門構えから一歩足を踏み入れると、緑あふれる自然に歓迎された。その向こうには大きな日本家屋の屋根が見える。千葉の房総、長南町(ちょうなんまち)で現代に...
ラテアートのようにスキルを競い合うほど進化したカルチャーにはならないかもしれないけれど、「泡」を媒体として飲む人同士をつなぎ合わせる「ビアアート」に、“ノ...
「黒リップ」と聞くと、裏原やゴスロリ系のイメージを持つ方も少なくないはず。でも、ビューティー・メイクアップ界では、2014年にかけて、黒い唇が一大トレンド...
ビューティプロデューサーとして、これまで14万人もの女性にアドバイスを実践してきた平野宏枝さん。そんな彼女が、LAと日本を行き来するなかで見つけた「自分も...
1985年にスタートした、つげ義春のシリーズ連作漫画『無能の人』。主人公の助川助三は、多摩川の河川敷で拾った石を掘建て小屋に並べ、その石を売る。妻に愛想を...
「優しい人になりたい」と思うことは至って自然なこと。でも、ただの“いい人”で終わってしまわないかと、少なからず抵抗をもつ人もいるかもしれない。そのようなネ...
ギョッとするような女性の顔。怖いんだけど、あまりにも見事でずっと眺めてしまう。このメイクを手がけたのは、ロンドンを拠点に活動する美容師のVANESSA D...
AR(拡張現実)で立体をデザインできる3Dドローイングツールです。
2018年6月23日(土)から、アップリンク渋谷、新宿シネマカリテほか全国順次ロードショー。
かつて、フランス料理において泡=タブーな時代がありました。漉しが足りなかったり、温度が高すぎたり…料理人はスープやソースから泡をなくすべく格闘していたので...
スペイン・イビサ島といえば、美しい海や街並みもさることながら、世界のクラブシーンを牽引してきた場所として有名。その方面にさほど詳しくなくとも、フロアで泡ま...
頬がフレームにあたる…鼻からズレ落ちる…サングラスを使っていて、こんなイライラありますよね。夏も近いということで、このイライラをすべて解消した新商品「Co...
『髪とアタシ』は、ミネシンゴさんと奥さんの三根かよこさんの二人による夫婦出版社「アタシ社」から出版されています。流行の髪型だけを取り上げる美容雑誌ではあり...
「新しい映画のキャラクターだよ」と言われても納得してしまいそうなモンスターたち。これらはすべて、オーストラリアの16歳の少女が独学でつくったものなんです。...