廃棄されるホエイ(乳清)を活用した「京都のミルクせっけん」

廃棄されるホエイ(乳清)を活用したサステイナブルな固形せっけん、「京都のミルクせっけん」が発売した。

かやぶきの里として知られる京都府美山町。その地でわずか2軒の酪農家が手がける貴重な生乳を使って作られているのが、特産の「美山牛乳」「美山チーズ」だ。

貴重な生乳から作られる美山チーズを作る過程では、仕込んだ生乳の約8割がホエイ(乳清)となるが、このホエイは、栄養価が高いにも関わらず、これまですべて廃棄されていたのだという。

しかし、ホエイには美容成分が豊富に含まれ、特に保湿性に優れていることから、その特性をなんとか活かせればと、せっけん作りに必要な水の代わりにホエイを用い開発されたのが、「京都のミルクせっけん」だ。

水を一滴も使用せず、引き締め成分として芦屋の職人が採取した海塩を配合。せっけん素地・ホエイ・牛乳・海塩わずか4つの原材料でできているという。

乾燥にも気をつけたい今の時期、自然の恵みを無駄なく使ったこんな保湿せっけんを選ぶのもアリ。

©株式会社アーク
©株式会社アーク

京都のミルクせっけん

【公式サイト】https://suppinsan-kyoto.com/item_st-sup-mya-mk1.html

Top image: © 株式会社アーク
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事

関連する記事

知っておきたい植物性ミルクの基本から、第4、第5のミルクとして今後注目されるネクストミルクまでをご紹介!
今やミルクは選ぶ時代。植物性ミルクを自宅で作って楽しむ。毎朝の新習慣にいかがですか?
自社食品工場で発生する製造ロス(端材、はじっこ)を活用した商品「Hazico(ハジコ)シリーズ」を開発してきた「ぶどうの木」。新しい取り組みとして、果汁を...
2021年3月18日、「IKEA Canada」は、家庭での食品リサイクルを目的にした廃棄食品のレシピ本「The ScrapsBook」をリリースした。カ...
チャームやブレスレットが幅広い世代に大人気の「Pandora」は、5月4日、今後一切採掘されたダイヤモンドを使用しないと宣言。同時に人工ダイヤモンドのみで...
ニュージーランド南島サウスランド地方に、国内初となる植物ベースのミルク工場がまもなく開業する。
今やミルクは選ぶ時代。植物性ミルクを自宅で作って楽しむ。毎朝の新習慣にいかがですか?
備蓄のために保管され、賞味期限が過ぎてしまった廃棄予定のお米を活用した新たな紙素材「kome-kami(コメカミ)」。そんな素材を使用したノートと名刺が「...
「ゴールデンミルク」を作ってみたら意外と簡単!むしろ簡単すぎて、物足りなさを感じるくらい。
「UHA味覚糖」が開発を進めていた宇宙日本食ミルクキャンディ「宇宙食 特濃ミルク8.2」。ついに「JAXA」の認証を受け、米国の宇宙企業「スペースX」が開...
「ラム焼肉専門店lambne(らむね)」のラムチョップと、いま話題沸騰中の、カサスグリル社製「クラフトグリル」がコラボした、アウトドアでも手軽に本格的な料...
今やミルクは選ぶ時代。植物性ミルクを自宅で作って楽しむ。毎朝の新習慣にいかがですか?
「大きな胸でもっと男性を誘惑できたらなぁ」なんて憧れを抱くかもしれませんが、巨乳女子の人生は、決して容易いものではありません。貧乳であることに喜びを感じら...
アメリカのスターバックスで導入した際、大きな話題となった「オーツミルク」と「アーモンドミルク」」が、3月13日よりスターバックス コーヒー ジャパンでも楽...
京都の「そわか(SOWAKA)」は、2019年3月にオープンしたモダンホテル。老舗料亭の数寄屋建築をリノベーションした本館は、伝統とモダンを調和させた空間...
「WASHNY」は、スタイリッシュなケースに入った紙せっけん。
1月21日、スターバックスがサステイナブルな新戦略を発表。植物ベースのオプションを拡大することや使い捨てから再利用可能なものに変更すること、食品廃棄物を再...
今やミルクは選ぶ時代。植物性ミルクを自宅で作って楽しむ。毎朝の新習慣にいかがですか?
京都にまたひとつ、新たに魅力的な宿泊施設がオープンした。その名も「梅小路ポテル京都」。
環境保全、防災の観点から荒れ果てた竹林を計画伐採し、竹林再生の過程でできるタケノコを使って作る缶詰「京都缶*環づめプロジェクト」。収益は地域住民の雇用促進...
環境保全、防災の観点から荒れ果てた竹林を計画伐採し、竹林再生の過程でできるタケノコを使って作る缶詰「京都缶*環づめプロジェクト」。収益は地域住民の雇用促進...
世界中の朝ごはんが楽しめる食で各国の文化を発信する外苑前のカフェWorld Breakfast Allday〒150-0001 東京都渋谷区神宮前3丁目1...
昨年末のオープンと新顔でありながら、早くも京都のカフェシーンを代表するほどの人気を集めています。
京都の竹工芸職人、小倉智恵美さんが手がけるのは、代々伝わる「竹籠」の技術を活かして作られた「Kyoto Basketry Accesory Series」...
「アシックス」は、これまで廃棄されていた衣類を活用した100%リサイクル素材のエコバッグ「GREEN BAG」を発売。
タピオカミルクティー発祥の台湾カフェ「春水堂」が観葉植物専門店「REN」とコラボし、茶殻の再利用プロジェクトを開始した。
「京都は迷う街である。と言っても、道に迷うという意味ではなく、いつ行くべきか、何を見るべきか、どう動けばいいか。旅に出る前に迷い、着いてからも迷い、そして...
「Glacier Pools」と称されたTom Hegenさんの作品は、直訳すると「氷河のプール」という意味。詳しいロケーションは明かされていませんが、ア...
今やミルクは選ぶ時代。植物性ミルクを自宅で作って楽しむ。毎朝の新習慣にいかがですか?
京都への全面移転を進めている「文化庁」が、京都移転を世に広く知ってもらおうと、令和3年2月14日(日)までロゴマークの案を募集中。