東京大学などが研究する「野菜と魚の栄養素を同時に摂れる」錠剤がスゴイ!

ミドリムシってご存知ですか? 食べたことありますか? 実はこのミドリムシ、とても栄養価が高く、未来の食品として長年注目されてきました。しかし、大量培養は困難で、あのNASA(アメリカ航空宇宙局)でさえ実現できなかったほど。そんなミドリムシの培養技術を確立したのは、東京大学をはじめとした日本の産学連携チームでした。

かつて最先端の食品だったミドリムシは、今や多くの人に支持される栄養食品となっています。そのパワーを凝縮した錠剤、それが『ミドリムシ ナチュラルリッチ』です。

食べやすいものばかり
食べていませんか?

shutterstock_307019948_2

最近、なんだか体がだるかったり、やる気が出なかったりしませんか? 外食や出来合いの惣菜は避けていても、食べやすかったり作りやすいものばかり食べてしまっていることって、意外と多いもの。厚生労働省の調査によると、調理に手間のかかりがちな野菜や魚は、若い世代からお年寄りまで、幅広い世代で摂取量が減っているそうです。

体調が整わないのは、ひょっとしたら知らないうちに栄養不足になってしまっているからかもしれません。野菜と魚、不足しがちなふたつの食材に含まれる栄養素を一緒に含む夢の食品、それが「ミドリムシ」です!

「ミドリムシ」は
「ムシ」じゃない

えっ、ムシを食べるの?と思うかもしれませんが、ミドリムシは藻類と呼ばれる植物の一種で、ワカメやコンブの仲間。にも関わらず、自力で水の中を移動できるという動物としての特徴も兼ね備えた生き物でもあります。

そのためミドリムシには、植物である野菜の栄養素と、動物である魚の栄養素、その両方が含まれています。まさに現代の日本人にとって完全無欠の栄養食品! この栄養豊富なミドリムシを飲みやすい錠剤にしたサプリメントが『ミドリムシ ナチュラルリッチ』です。

59種類もの
豊富な栄養素

shutterstock_219800203_2

ミドリムシには、なんと59種類もの栄養素が含まれています。

まずは18種類の必須アミノ酸。体の中で作ることができないため、食べ物で摂ることが必須な栄養です。体を構成しているタンパク質を作るために必要で、肉などにたくさん含まれています。

心筋梗塞や脳梗塞のリスクを上げるのは、血管の老化。血液をサラサラにして血管を柔らかくする効果が期待されているEPAやDHAなどの不飽和脂肪酸も11種類入っています。通常はサバ、サンマ、イワシなどのいわゆる「青魚」を中心とした魚以外には、ほとんど含まれていませんが、ミドリムシなら豊富に摂れるのです。

美容や健康に欠かせないビタミンも14種類入っていますし、不足しがちな鉄分やカルシウムなどのミネラルも9種類入っています。また、不要なものを吸着してくれるミドリムシ独自の栄養素「パラミロン」をはじめとして、クロロフィルやGABAなど、その他の栄養素も7種類が含まれます。

しかも、この『ミドリムシ ナチュラルリッチ』では、腸の調子を整えてくれる有胞子乳酸菌、善玉菌を増やしてくれるフラクトオリゴ糖、ミドリムシと同じく栄養たっぷりのクロレラなど、健康を助ける成分までも配合しているのです。

石垣島産ミドリムシなど
こだわりの国産材料

shutterstock_293677478_2

明るい太陽、綺麗な空気、そして澄んだ水。ミドリムシを育てるのに必要な環境が全て揃っているのは、沖縄県石垣島。東京大学をはじめとした日本の産学連携チームが、世界で初めて大量培養に成功した、ミドリムシの本場です。

『ミドリムシ ナチュラルリッチ』は、石垣島産ミドリムシをはじめとして、すべての原料が安心の国産。着色料や香料、保存料などは一切含まない無添加で、製造もすべて国内で行っているこだわりの逸品です。

アレルギーのある人から妊婦さんまで、安心して飲めるこのサプリ。最近野菜や魚が不足しているかも?と思う方は、ぜひこの夢の研究成果を試してみてください。

Sponsored by 株式会社エポラ

書くときは青色のボールペンを使う。さらには、耳栓をしてささやきながら暗記する。嘘か真か、巷には色々な暗記術が溢れています。でもこれからは、方法だけでなく、...
「アリ」と言えば、働き者の代表格のようなイメージ。自分よりずっと大きな虫やエサを運ぶ、小さな体のすごいヤツ。そんな、童話でも働き者として表現されるアリです...
東京大学の研究グループが、表面温度の分布を測定する、薄くてしなやかなプラスチック製の温度センサーを開発した。人体に直接貼り付ける超薄型の温時計なんていうの...
にわかには信じがたい事実が、英国オックスフォード大学と豪州クイーンズランド大学の共同研究によって明らかになりました。え…、魚が人の顔を覚えているって?「E...
「Original Travel Company」は、独自の視点で旅をプロデュースしてくれるイギリスの旅行代理店です。
ミントタブレット、適当に選んでませんか?
困難とされていたマグロの完全養殖に、約30年の年月をかけて成功した近畿大学。そのマグロが「近大マグロ」として販売されていることはよく知られています。でも、...
東京大学の石川・渡辺研究室が、絶対人間に負けないじゃんけんマシーンを開発しました。0.001秒で相手の手を読み取る!このじゃんけんマシーンが勝率100%を...
「幸せ」。古来より論じられてきたテーマについて、ハーバード大学が科学的に研究するセンターを設立しました。もちろん、闇雲に追いかけるわけではありませんよ!「...
人間の手首や手足の指が、魚のヒレの柔らかい骨から進化したものという証拠を米シカゴ大学の研究チームが発表した。数百万年前の哺乳類の進化の歴史が、遺伝子組換え...
雨の日は、おうちの中でキッター(カッター)遊び!
健康を維持するためにも、栄養は効率よく摂りたいものです。しかし、当たり前のようにやっていることが、じつは食材の栄養効果を無駄にしてしまっていることも……。...
2015年10月6日に発表されたノーベル賞のプレスリリースで、東京大学宇宙線研究所の梶田隆章所長がノーベル物理学賞を受賞したことがわかりました。岐阜県にあ...
最初にビルの屋上でマイクロファームを始めたのは、ニューヨークだっただろうか。2010年代に入って、都心における農業が注目された。そして今、世界的に注目を集...
東京ミッドタウンで開催されたFIS TOKYOのオープニングトークセッション。ゲルフリート・ストッカー(アルスエレクトロニカ)、山中俊治(東京大学生産技術...
秩父市と深谷市、埼玉県の2つの市が育んだ味が融合して生まれた絶品おかず「深谷焼きねぎ秩父味噌」。おにぎりの具や野菜スティックの付け合せ、お味噌汁にもおすす...
健康のことを考えたとき、一番に始めるたいのが「食生活の改善」。野菜を多めに摂ったり、玄米にしてみたり、なんとなくでも栄養管理をする人も多いはず。しかし、そ...
みなさん、どうやって野菜を切っていますか?まな板に乗せて、流れ作業のように包丁をザクッザクッ。その切り方、ちょっと待って!
「おやつ」や「間食」と聞くと、罪悪感を感じてしまう人も多いのでは。健康的なものを食べたいけれど、近くに売っている場所もあんまりなくて…。「snaq.me」...
今から97年前の今日、1920年2月5日。慶應義塾大学と早稲田大学に、国内で初となる私立大学の認可がおりました。現在まで築きあげられた慶應と早稲田の歴史、...