今更聞けない・・・お詫びのお菓子ってなにがいいの?

自分や家族が他人に迷惑をかけてしまったので、お詫びをしに伺うとき。やはり手ぶらというわけにはいかないので、なにかお詫びの品を持って行くことになります。品物はやはり「菓子折り」が無難。しかし、菓子折りといっても一体どんな種類のお菓子を持って行ったらいいのでしょう。値段の相場は?今更誰にも聞けない、お詫びのお菓子についてのルールをお伝えします。

お詫びのお菓子って何がいいの?値段は?

お詫びのお菓子の平均値段は?

お菓子と一口にいってもたくさんの種類があります。
「お詫びのお菓子」にふさわしいお菓子の種類とは何なのでしょうか。 こういうときはやはり「誰でも知っている有名店のお菓子」が一番。
お詫びの相手の好きなお菓子がわかれば一番いいですが、全く見当もつかない場合がほとんどだと思います。そんな場合は「有名店のお菓子」というところで誠意を示すしかありませんし、伝わりやすい方法でもあります。

値段は、迷惑の度合いや相手にもよると思いますが、5,000円から1万円程度が一般的です。あまり不相応に高価なものは「モノで済まそうというのか」とかえって相手の怒りをあおる結果にもなりかねませんので注意しましょう。迷惑の程度が軽ければ3,000円くらいでも。値段も誠意の見せどころなのでケチらないようにしましょう。

洋菓子か和菓子か、については、最近は年配の方でも洋菓子を好む方が増えているので一概にはいえません。
種類よりも、万人に好まれるかどうかに焦点を当てて選ぶといいと思います。謝罪の場ですから奇をてらうのは控えましょう。

のし紙はどの種類を選ぶの?表書きは?気を付けたいルール

のし紙の気を付けたいルール

お詫びの菓子折りを渡すときに何よりも大事なのは、菓子折りを渡すタイミングです。事件が起こったらなるべくその日のうちに謝罪に伺いましょう。遠方の菓子屋の立派な菓子折りにこだわって時間が経つより、近所で評判のケーキ屋さんのお菓子を持ってすぐに伺ったほうが誠意を伝えられます。

相手のところに伺ったら、まずはお詫びの言葉を相手に伝えます。丁寧に気持ちをこめて謝罪し、相手が「わかりました」「今回だけは」など謝罪を受け入れる旨の言葉をかけてくれたら、そこで初めて菓子折りを紙袋または風呂敷から出し、「せめてものお詫びの気持ちです」などの言葉を添えて相手に渡します。
もし相手が許してくれなかったら、お菓子は持ち帰ります。相手がお菓子を受け取ることは「謝罪を受け入れた」という意味になるので、相手が受け取らないと言っているのに勝手に置いて帰るのは無礼なふるまいです。

結論からいうと、お詫びのお菓子にかけるのし紙の正解はありません。正式な作法にのっとれば、紅白の水引で一般的な花結び(蝶結び)のものをかけることになるのですが、紅白の色合いはやはりめでたい感じがするのでお詫びには不謹慎、という考え方もあります。肝心なのは「相手がどう思うか」なので、水引やのしのない、無地のかけ紙が無難かもしれません。

表書きは「お詫び」「陳謝」「深謝」。右のものほど謝罪の度合いが深くなります。不釣り合いな謝罪は仰々しくなりかえって失礼になるので、お詫びの内容を考えて選びましょう。一般的には「お詫び」で十分です。または「松の葉」。松の葉は、目上の方に渡す手土産などに使われる表書きです。松の葉に包めるほどささやかなもの、という意味になります。
「粗品」でも間違いではないのですが、漢字から受けるイメージで「つまらないものを相手に渡すなんて失礼」と感じる方もいるので、使うときは気をつけてください。のし紙をかける場所は、菓子折りを包む包装紙の上にかける「外のし」が正式。包装紙の下にかける「内のし」は、もともとは郵送する場合ののし紙のかけ方になります。

「菓子折り」の「折り」はなんの意味?

000071933317_Large

ところで「菓子折り」の意味を知っていますか?最近では箱入りの改まった感じのお菓子のことをこう呼びますが、この名称には由来があるのです。

人に食品やお菓子を送る場合、本来なら重箱に詰めて贈るのが正式。昔の人はそれを簡単にするために経木と呼ばれる薄い板を折り曲げて使い捨てのできる箱を作り、それに詰めて送るようにしたのだとか。その箱は「折り箱」と呼ばれていました。今でも駅弁の箱には木製のものがありますが、それはこの折り箱の名残です。

お詫びの際のマナーやしきたりなどをご紹介しましたが、何より大切なのは相手を思う気持ちです。例えば菓子折りを渡すときは入れてきた紙袋から出すのがマナーですが、相手も出先のときは紙袋に入れたままで渡すほうが持ち運びしやすくていいでしょう。のし袋のかけ方も、内のしにして目立たなくした方がいい場合もあります。臨機応変に対応してくださいね。

色とりどりのお菓子で溢れるRaymondさんのInstagramアカウント。見ていると幸せな気分になってくる。驚きなのは、このクオリティーの高さで独学だと...
がんばって仕事をしている自分に、ご褒美の「お菓子」。オフィスならばよく見る光景です。でもそれで満足できないなら、心ゆくまでお菓子を堪能できる「ホステル」な...
店頭、もしくは電話予約でのみ注文を受けつけ、そこから約10日ほど待ってようやく出会えるお菓子があります。岐阜県大垣市、わざわざ訪ねてでも手に入れたくなる「...
美容や健康にいくら気をつかっていても、どうしても欲求にかなわないのがお菓子、ですよね。そんなときにオススメしたいのがスペインの「トゥロン」。アーモンドやは...
いくら会議しても話が進まない、取引先とのやり取りにも先が見えないーー。新しい閃きが欲しい!そんな時には、ネットや本ではなく「お菓子」を変えてみてはいかが?...
ピレネー山脈を挟んで、スペインとフランスにまたがるバスク地方という地域がある。ここは大航海時代、マヤ・アステカ(現在のメキシコ)を起源とするチョコレート文...
春夏秋冬に土用を加えた「五季」。この5つの季節を発酵調味料(酒、塩糀、酢、醤油、味噌)で表現した、お菓子を紹介します。日本料理の基本となる調味料「さしすせ...
お菓子のコンセプトは、それぞれの作り手が独自の考えを持っているはず。それがハッキリと名言されない場合もあるとは思うけれど、僕が知るかぎり「映画」を題材にし...
「クロナッツ」、「フローズンスモア」、「クレームデュラコーン」、これまで数多くのメディアがどれだけドミニクアンセルベーカリーを紹介しても、ユニークすぎるお...
要注意!甘い香りが写真の奥から匂い立ってきますよ。マフィン、フィナンシェ、カップケーキ、ドーナツ、パイに、アイスクリーム。お菓子好き、さらにはつくるのも好...
オレオにプリングルス、キットカット、レッドブル──。そんな誰もが知っているお菓子や飲み物のパッケージが、もっと“正直なデザイン”だったら?……と言われたと...
完全予約制で、入手困難なカヌレがある。そんな噂と共に『富士山カヌレ』の存在を知ったのは、SNSの中だった。東京きっての美食家たちが賞賛し、聞けばオープンわ...
世界中に17万人ものフォロワーを抱える、大人気インスタグラマーVickie Liuさん。彼女のどんな投稿が多くの人を魅了しているかというと…それは以下を見...
商品の魅力を大きく左右する、パッケージデザイン。思わずパケ買いしたら「予想してた味と違った…」なんて、がっかりすることもしばしば。でも、今回ご紹介する作品...
2017年10月1日、自由が丘にオープンしたチャルダ専門店『La・Cialda』。イタリアのトスカーナ地方で、おばあちゃんがいつも作ってくれるような、懐か...
「サプライズ」「スイーツ」「プレゼント」。ひとつずつ聞いても魅力的な言葉なのに、全部が組み合わさったらどれほど素晴らしいでしょう。ここで紹介するのは、Am...
結婚式などのドレススタイルで欠かすことのできないポケットチーフですが、正しい折り方を知らないという人も意外に多いのでは?「Presidential Fol...
卵の黄身の使い道は数あれど、白身となるとそうはいかないものです。捨ててしまうのはもったいないし、とはいえどう使えばいいか思い浮かない。ありますよ、卵白の使...
大豆ミート、ソイミルク、エナジーバーなど。近年、脚光を浴びている大豆食品ですが、私たちの食文化には、古くから貴重なタンパク源として大豆を加工した食品があり...
2年ほど前に手に入れた、クシ型のクリップです。物をなくしがちな私が、唯一なくさないものです。世田谷の『D&DEPARTMENT』で買いました。3本セットで...