写真のスキルをグングンあげたいあなたへ。ある「フォトコンテスト」に参加すべき「5つの理由」

今やFacebookやInstagramを通じて、自分の撮影した写真を世の中に発信するのは当たり前の行為。中にはアップロードする写真のクオリティを追求しているうちに写真の魅力にハマり、密かにもっと腕を磨きたい、と思っている人も多いのではないでしょうか? そんな人にぜひともオススメしたいのが、『ゲッティイメージズ』が主催するフォトコンテスト「楽しい瞬間(とき) - Balance of Life -」に作品を応募すること。こちら、応募するだけでグングン写真のスキルが身に付き、世界への道が一気に開ける可能性を秘めたフォトコンテストなのです。「それっていったいどういうこと?」と思った人は以下で「世界へ繋がる道筋」をチェック!

01.
誰でも応募可能

photographer holding vintage reportage camera

ゲッティイメージズが運営する『iStock/アイストック』は、世界中に600万人のユーザーを抱えるストックフォトサービス。写真素材をオンラインで購入できるだけでなく、さまざまな人がフォトグラファーとして作品をアップロードし、販売もできるのが大きな特徴です。そんなストックフォトサービスが主催するコンテストなので、もちろんプロアマ問わず応募可能。誰もが気軽に腕試しできるんです。

 02.
世界中の応募者と競える

team photographer_000064336729_Large
フォトコンテストには日本はもちろん、世界中から応募作品が集まります。応募者はプロアマ問わずなので作品のクオリティもさまざまですが、自分の写真がその中でどのぐらいのポジションにいるのか客観的に眺めるにはいいチャンス。そこでもし、ちょっとした勝負心が芽生えたら、それはスキルがぐっと伸びる前触れなのかも?

 03.
応募作品に「いいね」がつく

istock_photocontest160322_000077916351_Large

このフォトコンテストでは、応募した作品がそのままコンテストの特設サイトにアップロードされます。つまり、審査員じゃなくても、誰もが応募作品を見られるのです。そして、サイトを訪れた人はSNSと同じように好きな応募作品に自由に「いいね」をつけられます。応募者からすれば、「どんな写真をアップすれば世の中の反応がいいのか」という感覚を研ぎ澄ますトレーニングには持ってこいと言えるでしょう。

04.
入賞すればその瞬間
世界デビュー決定!?

Ready to shoot. Low angle view of young man holding camera while

応募作品が評価され入賞すると、待っているのは賞品や名誉だけではありません。本来なら厳しい審査が必要なiStockの認定フォトグラファー(コントリビューター)として認定され、応募作品を含め、あなたの写真を実際に世界に向けて販売できるようになるのです。 作品がダウンロードされる度にコミッションが支払われます。日本からアップされた写真・動画の60%は海外で売れると言います。これはもう、実質的な世界デビュー。600万人もユーザーがいるサービスですから、ダウンロード数にも期待できそう。

05.
さらに・・・
超スペシャルイベント
「iStockalypse」に参加できる

istock_photocontest__000026813045_Large

そしてこのフォトコンテスト最大にして最高のベネフィットと言えるのが、こちら。gettyimages/iStockが認定フォトグラファー(コントリビューター)のため「だけ」に3日間に渡り開催する超スペシャルイベント、「iStockalypse(アイストッカリプス)」へ招待されることでしょう。

■レクチャー&撮影会で一気にスキルアップ
選ばれたものだけが参加を許されるiStockalypseは、ストックフォト業界のエキスパートによるセミナーや、アートディレクターがレクチャーする撮影会、クリエイティブ・ディレクターによるポートフォリオレビューなど、一気に写真のスキルアップが図れる実践的なプログラムが満載の超リッチなイベントなのです。

■イベントで撮った写真は必ず売れる!?
iStockalypseには、撮影ワークショップとしてロケーションとモデルが用意されています。肖像権や撮影許可をまったく気にせず販売目的の写真撮影ができること自体、普通はあり得ない、かなり贅沢な体験。参加者はそこで思う存分腕試しができます。しかも、ゲッティイメージズのリサーチ部門が現状の分析結果から「今売れる写真」をレクチャーしてくれるから、イベントで撮影した作品に買い手が付く可能性が高いだけでなく、普通は得られない知識をたった3日間で得られる大チャンス。

■今年は「京都」で開催!
過去には、ベルリン・ロサンゼルス・ミラノでも開催されたことがあるiStockalypseですが、今年の開催地は京都。「イノベーション」というテーマのもと、百萬遍知恩寺や東映太秦映画村など、日本の歴史と文化を感じさせる舞台に世界中からフォトグラファー、アートディレクターなど関係者が大集結します。写真を通じてさまざまな国のクリエイターと交流を深めることもまた醍醐味のひとつなんです。英語が解らなくても心配は要りません。本国スタッフによるセミナーには同時通訳が付きますし、参加者の半分以上は日本人なので、日本語だけでも過ごせますよ!

こんな魅力的なイベントへ参加するのもまずはフォトコンテストへの応募から。世界デビューへ最短距離を行くチャンス、あなたもチャレンジしてみませんか?(募集は4月15日まで)

btn_istock_160322_01

Sponsored by ゲッティ イメージズ

愛のアプローチって、とってもわかりづらい。
デートは順調、家にも誘ってくれて、気づいたら色っぽいお時間に。なのに彼の「あそこ」がまったく協力してくれない。それはあなたが魅力に欠けているわけではなく、...
25年間、ずっとモノクロ写真を撮り続けてきたJason M. Petersonさん。5年前から写真を公開し始めて、今やインスタのフォロワー数は100万人越...
就職や進学などで独り立ちする20代。その時に必要なライフスキルを紹介します。料理のレパートリーを一つでも持つ、お金の管理をちゃんとする、クレジットカードを...
クラウドファンディングで資金調達をはじめて、たったの45分で目標額に達したドローン「Spry」。
Ruby Silviousさんが絵を描いているのは、なんと使い終わったティーバッグ。植物や風景、ポートレートなど、美しい世界がギュッと凝縮されています。
『Wildlife Photographer of the Year』は、ロンドン自然史博物館が毎年開催している、自然と野生動物だけに絞ったフォトコンテス...
先日発表されたばかりの「The iPhone Photography Awards」は、スマホで撮影した写真のみがノミネート可能。そのクオリティの高さに、...
撮影機材はスマホ、加工も必要最小限。なのに、構図のセンスや工夫がキラリと光る作品ばかり。これ、本当に全部スマホで撮ったの?アルジェリア出身19歳のMoun...
著書『パーソナル・グローバリゼーション~世界と働くために知っておきたい毎日の習慣と5つのツール~』(幻冬舎)で世界に通用する人材になるためのスキルを提唱す...
8月下旬にコロナビール主催のスペシャルイベントにご招待いただきました。
ランドスケープフォトグラファーLudwig Favreさんによる、カリフォルニアに行きたくなる写真集『CALIFORNIA』。
忘れっぽくなったり咳や鼻水がでつづけたり。これってあんまり深刻そうには聞こえないけれど、実はそこにはふか〜い理由があるんです。この6つのサインを参考にして...
思わずクスリと笑ってしまう一瞬を捉えた、動物たちのおもしろ写真コンテストの2017年のトップが選出されました。中には「これ、本当に合成ナシ?」と疑ってしま...
「Fishball」は、取り付けるだけで360度写真を撮れるようにしてくれる、iPhone用外付けレンズ。今なら、約5,500円でオーダーできるそうです。
神戸風お好み焼きの特徴は、牛すじをこんにゃくと一緒に甘辛く炊き上げた「ぼっかけ」を使っていること。もともと神戸牛や但馬牛などの畜産が盛んだった近畿地方で、...
学校で教えられたことが、社会に出てからも役に立ってますか?Yesの人もNoの人も、大人になってからでも日々学び続けていくことが大切だ、ということに異論はな...
「Junebug Weddings」が運営するウェディングフォトコンテスト「Best of the Best Wedding Photo Contest」...
1873年にイギリスで創設された由緒正しきケネルクラブ「The Kennel Club」。世界最古の愛犬団体として知られている。犬種管理やドッグショーの運...
疲れがピークになった週末こそ、こういう写真に心癒される──。