LA近郊の丘陵に建つ「ガラスの教会」。設計は日本にゆかりある、あの巨匠の息子

LAダウンタウンから車で約1時間ほど、パロスバーデスの丘の上に木立に囲まれるようにして建つ小さなチャペルがあります。この場を下見に訪れたカップルの多くが、思わず即決してしまう魅力。それは、チャペル内を満たす自然光の美しさ。

木立の隙間から降り注ぐ陽光
「ガラスの教会」の美しさ

「Wayfares Chapel(ウェイフェア・チャペル)」は、ハリウッドセレブに限らず、多くのカップルが式を挙げる場所。映画の舞台にも使われており、礼拝堂の中は壁も天井もガラス張り。祭壇の後ろに続くコロネードの向こうには、どこまでも青い太平洋が広がっています。

ガラス越しに見えるカリフォルニアを象徴するレッドウッド(セコイア)がチャペル全体を覆い、木立の間から柔らかい陽光が降りそそぐことで、チャペル内がやさしい陽光に包まれます。この他に類を見ないガラスの教会をデザインしたのは、じつは日本にたいへん縁のある人物なんですよ。

旧帝国ホテル新館を設計した
アノ人を父にもつ建築家

「近代建築三大巨匠」のひとりに称され、旧帝国ホテル新館を設計したことで日本人にも馴染みの深い、フランク・ロイド・ライト。その息子ロイド・ライト(写真上)がデザインした教会こそが、このウェイフェア・チャペルだということを知る人は、意外に少ないかもしれません。

チャペルの文献によれば、この丘に立ったロイド・ライトは「神さまと自然、さらには精神世界(人間)とが三位一体となって生まれる“調和”をデザインに落とし込もう」と決意し、1951年この全面ガラス張りの礼拝堂が完成しました。

神と自然と人間と。
光と海が祝福してくれる!

65年も前に建てらてたなんて信じられないほど、モダンで温かさを感じさせてくれる場所。シンプルなデザインと自然の豊かさを存分に活かした、程よいリラックス感もバッチリ。

真紅のブーゲンビリアが目に映えます。でも、コレだけではないんです。オリーブに松、アプリコット、いちじく、ツツジ、りんご、シャクナゲ、バラなど温暖なカリフォルニア特有の草花がチャペルのいたるところに。

教会から裏庭へと続くレンガの舗道に目をやれば、この地で式を挙げたカップルの名前や、参列者のお祝いのメッセージが刻まれてたレンガがびっしり。ガラスの教会とともに、人生の門出の記憶を残していけるなんて。ロマンチックだと思いません?

日が暮れてライトアップされると、日中とはまた別の表情を見せるチャペル。すぐ隣に建つ石塔に灯る明かりは、はるかサンタ・カタリナ湾をゆく船の上からも見えるそうですよ。

ロマンチックな非日常空間は、挙式のスケジュールがない日であれば誰でも見学自由。レンガを見に再訪してもいいですね。

大自然に見守られながら家族だけの結婚式も、仲の良い友達を招いたリゾートウェディング気分でも。ここなら最高の想い出ができるに決まってる!

Licensed material used with permission by Wayfarers Chapel
スペイン北部の都市オビエドの近郊にある教会「La Iglesia Skate」の紹介です。
日常の喧騒から隔絶された、穏やかで静かな佇まい。視界そのものが建築であるような「水の教会」は、世界的建築家・安藤忠雄が設計した教会三部作の一つです。「水・...
すぐれた住宅では、建築家たちはさまざまな設計の工夫をこらして、ガラスという素材の美しさとプライバシーをめぐる課題を克服しています。今回は、Houzzに掲載...
ビューティプロデューサーとして、これまで14万人もの女性にアドバイスを実践してきた平野宏枝さん。そんな彼女が、LAと日本を行き来するなかで見つけた「自分も...
看板メニューは「ゴルゴンゾーラ・エスプーマ」 10種類のソースでムール貝を楽しめる、中目黒のフレンチビストロムール&ビストロ massa〒153-0051...
女性が激しくお尻をフリフリする動き。あれはトゥワーク(Twerk)と言うダンスのひとつ。そして、それに着想を得てつくられたのが、今回紹介する「Twerk ...
世界三大建築家とされるル・コルビュジエ。近代建築の巨匠が生涯で唯一嫉妬していたといわれているのが、アイリーン・グレイ。彼女が手がけた南仏のカップ・マルタン...
真冬の北海道にたった1ヶ月間だけ姿を現わす、“幻の教会”があることを知っていますか?氷だけで作りあげた夢想空間、それが「氷の教会」です。永遠の愛を誓い合う...
偉大なる建築家であるフランク・ロイド・ライトとジョン・ラトナー。「Maralah」と名づけられたこのクリフハウスは、彼らにオマージュを捧げるカタチで建てら...
1912年に設立された「サンタ・バーバラ教会」は、スペイン内戦の際に閉鎖されて以来、放置され廃墟と化していた。「ガーディアン」紙によれば、ここアストゥリア...
万が一、映画観賞中にお腹が痛くなってしまっても安心です。壁じゃなく、床にスクリーンを設置しているところがポイント。
「Sous La Vie」は、ホームレスになってしまった人にも美味しくご飯を食べて欲しいという思いから考案された製品です。
建築基準法みたいは話をいったん無視すれば、ですけど。こんなカンタンに家が建ってしまうのか、とオドロキでした。
移動式チャペルで、 新郎新婦の希望に沿った 結婚式を実現したい!結婚式。新郎新婦にとって門出となる特別な日。であると同時に、その家族友人にとってもかけがえ...
カリフォルニアには、LA以外の近郊の街にも魅力的な場所がたくさんあるので遊びにいくことが多いのですが、今回もサンフランシスコからサンタモニカに戻るまでに「...
クリスマスシーズンには4万本以上売れるという、兵庫県・神戸市にある「フロインドリーブ」の絶品シトーレン。教会のパン屋さんが作るシュトレンはたっぷりバターを...
Fox 11 Los Angelesがそんなフリーウェイの様子をレポートしている動画には、フードトラックが営業を始めて、多くの人が並んでいる様子が映し出さ...
2017年10月1日、自由が丘にオープンしたチャルダ専門店『La・Cialda』。イタリアのトスカーナ地方で、おばあちゃんがいつも作ってくれるような、懐か...
LA発の「BEAT DRUM DIET」は、ドラマーになった気分で音楽に合わせてビートを刻むことで、体を引き締められるという新しいエクササイズ。7月7日(...
メルローズアベニューのポールスミスの壁に「Go Fuck Ur Selfie」という落書きがされてしまいました。
会場のドアが開き、花嫁が教会のバージンロードをゆっくりと歩き始める。この結婚式の日ばかりは、女性は誰でもお姫様になる。父と一緒に教会の通路を歩く姿は、派手...
〈LA COMPAGNIE BMC〉のカラフェは、プラスチックだからこそのカラーリングやカタチが楽しめます。70年代、フランスの学校などで使用されていたモ...
手元を明るく可愛くしてくれる、LA発テックアクセサリーブランド「CASETiFY」のiPhoneケース・カバーコレクション。イニシャルや名前も入れられる!
エクソシストとは、カトリック教会におけるエクソシズム=悪魔祓いをできる神父のことだ。もちろん、オカルト、お伽話、ほら話、都市伝説と片付けることもできる。し...