LA近郊の丘陵に建つ「ガラスの教会」。設計は日本にゆかりある、あの巨匠の息子

LAダウンタウンから車で約1時間ほど、パロスバーデスの丘の上に木立に囲まれるようにして建つ小さなチャペルがあります。この場を下見に訪れたカップルの多くが、思わず即決してしまう魅力。それは、チャペル内を満たす自然光の美しさ。

木立の隙間から降り注ぐ陽光
「ガラスの教会」の美しさ

「Wayfares Chapel(ウェイフェア・チャペル)」は、ハリウッドセレブに限らず、多くのカップルが式を挙げる場所。映画の舞台にも使われており、礼拝堂の中は壁も天井もガラス張り。祭壇の後ろに続くコロネードの向こうには、どこまでも青い太平洋が広がっています。

ガラス越しに見えるカリフォルニアを象徴するレッドウッド(セコイア)がチャペル全体を覆い、木立の間から柔らかい陽光が降りそそぐことで、チャペル内がやさしい陽光に包まれます。この他に類を見ないガラスの教会をデザインしたのは、じつは日本にたいへん縁のある人物なんですよ。

旧帝国ホテル新館を設計した
アノ人を父にもつ建築家

「近代建築三大巨匠」のひとりに称され、旧帝国ホテル新館を設計したことで日本人にも馴染みの深い、フランク・ロイド・ライト。その息子ロイド・ライト(写真上)がデザインした教会こそが、このウェイフェア・チャペルだということを知る人は、意外に少ないかもしれません。

チャペルの文献によれば、この丘に立ったロイド・ライトは「神さまと自然、さらには精神世界(人間)とが三位一体となって生まれる“調和”をデザインに落とし込もう」と決意し、1951年この全面ガラス張りの礼拝堂が完成しました。

神と自然と人間と。
光と海が祝福してくれる!

65年も前に建てらてたなんて信じられないほど、モダンで温かさを感じさせてくれる場所。シンプルなデザインと自然の豊かさを存分に活かした、程よいリラックス感もバッチリ。

真紅のブーゲンビリアが目に映えます。でも、コレだけではないんです。オリーブに松、アプリコット、いちじく、ツツジ、りんご、シャクナゲ、バラなど温暖なカリフォルニア特有の草花がチャペルのいたるところに。

教会から裏庭へと続くレンガの舗道に目をやれば、この地で式を挙げたカップルの名前や、参列者のお祝いのメッセージが刻まれてたレンガがびっしり。ガラスの教会とともに、人生の門出の記憶を残していけるなんて。ロマンチックだと思いません?

日が暮れてライトアップされると、日中とはまた別の表情を見せるチャペル。すぐ隣に建つ石塔に灯る明かりは、はるかサンタ・カタリナ湾をゆく船の上からも見えるそうですよ。

ロマンチックな非日常空間は、挙式のスケジュールがない日であれば誰でも見学自由。レンガを見に再訪してもいいですね。

大自然に見守られながら家族だけの結婚式も、仲の良い友達を招いたリゾートウェディング気分でも。ここなら最高の想い出ができるに決まってる!

Licensed material used with permission by Wayfarers Chapel
スペイン北部の都市オビエドの近郊にある教会「La Iglesia Skate」の紹介です。
アメリカ・ルイジアナ州ニューオーリンズの1860年代に建てられた教会が、ホテル「Hotel Peter & Paul」として生まれ変わりました。
日常の喧騒から隔絶された、穏やかで静かな佇まい。視界そのものが建築であるような「水の教会」は、世界的建築家・安藤忠雄が設計した教会三部作の一つです。「水・...
米コロラド州デンバーにあるクラブ「The Church Nightclub」は、名前にもある通り以前は教会でした。130年も前に完成したその建物を改装し、...
2016年の熊本地震から4年。復興の新たな挑戦としてスタートした、創業200年の「浜田醤油」による日本発の「XO醬」。
すぐれた住宅では、建築家たちはさまざまな設計の工夫をこらして、ガラスという素材の美しさとプライバシーをめぐる課題を克服しています。今回は、Houzzに掲載...
アメリカ第二の都市・ロサンゼルス。LAの公共交通機関は、都市に暮らす人々の毎日を支えている。そんな「LAメトロ」のCEOが、電車とバスの運賃無償化を検討し...
ビューティプロデューサーとして、これまで14万人もの女性にアドバイスを実践してきた平野宏枝さん。そんな彼女が、LAと日本を行き来するなかで見つけた「自分も...
世界三大建築家とされるル・コルビュジエ。近代建築の巨匠が生涯で唯一嫉妬していたといわれているのが、アイリーン・グレイ。彼女が手がけた南仏のカップ・マルタン...
真冬の北海道にたった1ヶ月間だけ姿を現わす、“幻の教会”があることを知っていますか?氷だけで作りあげた夢想空間、それが「氷の教会」です。永遠の愛を誓い合う...
冬を乗り切るための「極暖ファッションアイテム」を3つ紹介。
「L'oscar London」は、20世紀初頭にバプテスト教会の本部として建造された建物を、リノベーションに8年かけて完成させたブティックホテル。一歩足...
偉大なる建築家であるフランク・ロイド・ライトとジョン・ラトナー。「Maralah」と名づけられたこのクリフハウスは、彼らにオマージュを捧げるカタチで建てら...
1912年に設立された「サンタ・バーバラ教会」は、スペイン内戦の際に閉鎖されて以来、放置され廃墟と化していた。「ガーディアン」紙によれば、ここアストゥリア...
建築基準法みたいは話をいったん無視すれば、ですけど。こんなカンタンに家が建ってしまうのか、とオドロキでした。
数年前に話題となった“LAセレブに愛される朝食”を生んだ店「eggslut(エッグスラット)」が、9月13日、新宿サザンテラスにオープン。看板メニューをは...
10月2日、SDGsを達成するためにさまざまな活動をおこなっている「The Global Goals」が、映画『トレインスポッティング』のモノローグを題材...
「アダストリア」より、取り外しができるヒートシステムを搭載し、37℃〜53℃の温度調整が可能なウェアラブル衣料「A-WARMER」が登場。
パリ11区にオープンしたホテル「Oh la la!(ウーララ)」。「HOTEL」と書かれたファサードの店内は、カウンター席とボックス席からなるBARが.....
薄い焼き菓子にチーズやクリームを挟んで食べるイタリアの伝統お菓子「チャルダ」専門店La Cialda〒152-0035 東京都目黒区 自由が丘1丁目25-...
「Sous La Vie」は、ホームレスになってしまった人にも美味しくご飯を食べて欲しいという思いから考案された製品です。
30種類のキノコの秘伝スープが決め手六本木にあるキノコだけのしゃぶしゃぶ専門店Shangri-La's secret〒106-0032 東京都港区 六本木...
1月18日にオープンしたアメリカ・ラスベガスの「Til Death Do Us Part」は、“永遠の愛を誓います”という意味のある言葉がそのまま名前に採...
建築家トム・メインの率いる建築事務所「モーフォシス」が、ロサンゼルスに建設予定である大型施設のデザインを公開した。