知らないと後悔する、「デビットカード」を海外旅行に持って行くべき5つの理由

旅に出ると、いつどこで欲しいものに出会うかわからないけれど、多額の現金は持ち歩きたくない。でも、不測の事態に備えて最低限は必要だし・・・旅慣れた人でも旅先にどのぐらい現金を持って行くべきかには悩むものですよね。

最近では『VISAデビット』を1枚持つことで、国内はもちろん海外旅行をさらに身軽・気軽に楽しんでいる人が増えているようです。そのワケは・・・

01.
クレジットと現金のいいとこ取り
「デビットカード」

8494677c8b0c47353c9158b5aac04c2f2239c1b9

「デビットカード」は、クレジットカード同様にカード決済ができ、利用代金がその場で口座から引き落とされるカードのこと。カードと口座が直結だからチャージの必要もなく、即時決済なので現金感覚で使えます。さらに、クレジットカード同様に現金を持っていなくても支払いができ、利用履歴をいつでも確認できるので、いわばクレジットと現金の「いいとこ取り」ができる便利なカード。多額の現金を持ち歩かなくてよくなるので、旅行のお供に重宝しますよ。ガイドブックで事前にチェックしていた人気のレストランで料理を堪能するのも、街をそぞろ歩いて見つけた味のある置物に一目惚れして衝動買いするのも、どちらも旅の醍醐味ですよね?

中でも『VISAデビット』なら、国内はもちろん、海外でも世界シェアNo.1のVisa加盟店で使えるから、旅行中の食事やショッピングで大活躍してくれそうです。

02.
海外のATMで
現地通貨が引き出せる

D7920c4fdf7273cf08421385acc5b2fc62ccd834

とは言え、とってもいい雰囲気だけれど現金しか受け付けてくれないローカルなお店に出会うことも多々あります。あるいは、本来はカード払いが可能なはずのお店なのにカードリーダーが壊れていて「It doesn't work, do you have cash?」・・・こんなことが比較的頻繁に起きるのが海外旅行。訪れる国によっては、サービス利用時に「チップ」を支払い続けていたら思いの外早く現金がなくなってしまった、なんていうことも・・・

想定外に急遽現金が必要になった時も、『VISAデビット』を持っていれば、簡単に近くのATMで現地通貨を引き出すことができるんです。

03.
使い過ぎの心配がない

9af47e3e9979d70bc96428320f98c8adf40d00f7

せっかく旅行に来たのだから、食事もショッピングもアクティビティも、あまりケチなことは言わず思い切り楽しみたいところ。とは言え、羽目を外しすぎては後が大変。『VISAデビット』なら預金口座の残高の範囲内、または限度額が事前に決められるから、使いすぎる心配がありません。

これ、実は旅行中に限らず助かる機能。クレジットカードと違ってあくまで預金残高の中でしか使うことができずセーブできるので、普段の買い物からVISAデビットを利用している、という人も多いみたいですよ。

04.
お金の管理がラク

F5110500800b811d34d324f67bfdd3321837c77e

デキる旅人は旅行中の支出をキッチリまとめて把握するもの。そのデータの蓄積が、旅での金銭感覚を磨いていくのです。しかし、現金の場合だと、海外のレシートは見づらいし、うっかりレシートを失くしてしまったり、クレジットカードの場合も、ついつい予算以上に使ってしまったり、支払った当時の換金レートは?と悩んだり・・・と、何かと面倒が多いもの。

その点『VISAデビット』なら、利用明細がWEB上にキッチリと残るので支出の計算がとても楽ちん。しかもクレジットカードと違い使ったタイミングで口座から引き落とされるので、旅行後ずいぶん経ってから突然大きな額の請求が来てドキッとすることもありません。


05.
Visaカードの特典が
同じように受けられる

Baf1353ea7511c529a589678f3f0480f3eb57730

『VISAデビット』は、現金感覚なのに毎月のご利用額に応じてキャッシュバックを受けられるだけでなく、保険や補償もついて安心。さらにVisaマークのついているカードを対象とする各種キャンペーンやさまざまな優待も受けられるので、旅先でオイシイ思いができる特典も盛り沢山なんです。

旅好きな人なら絶対お得な『VISAデビット』、普段使いのカードとしても大活躍間違いなしなので、頻繁に旅行はしないという人にもかなりオススメです!


ちなみに……

今、新規で「三菱東京UFJ-VISAデビット」を申し込むと、最大1,500円がもれなくもらえるので、まだデビットカードを持っていない人はこの機会に作ってみては?
14c0e01ff6101d7bc23586902cf9266fb3a41d37
Sponsored by 三菱東京UFJ銀行
 「旅に出て、もしも自分よりもすぐれたものか、または自分にひとしいものに出会わなかったら、むしろきっぱりと独りで行け。愚かなものを道連れにしてはならぬ・・...
「Exo」は、主にクレジットカードなどを使いやすくするためにデザインされた財布です。1番の特徴は、本体の銀色部分を上にスライドさせれば、スッとカードを取り...
飛行機で隣になった旅行好きに教えてもらって以来、海外旅行のたびに重宝しているサイトがある。その名も「The Basetrip」。旅に必要な基礎情報が一気に...
バックパッカーなどの安旅好きなら知ってる人も多いだろう。とはいえ、なかにはお金がないけど、なんとか海外に行きたい!って人もいるはず。海外旅行の敷居が、今よ...
タクシー配車サービスを運営するUberが大胆な発表をしました。優秀なドライバーの大学授業料を肩代わりするとのこと。
注目すべきスペックは遠隔操作でソールの温度調整ができるところ。充電すればエンドレスで使える、お財布に優しいアイテムです。
海外旅行に行くとき、どんなバッグを持って行きますか?何かと荷物も多いから、移動用はバックパックの一択、という人も多いでしょう。でも日本ならまだしも、海外で...
動画メディア『The Infographics Show』が、1日10ドルで過ごせる国を、東南アジアを中心にまとめています。贅沢とは無縁でいいから、とにか...
先にお金を払わずとも、旅行には行けてしまうわけです。
サンフランシスコを拠点とするクラウドファンディング「Indiegogo」。日々たくさんの面白いアイテムが飛び出すこのサイトで、今月一番人気だったアイテムが...
ブラックやホワイト、ヘザーグレーなどカラバリ豊富で迷っちゃいそうだけど、ランジェリーという視点で選ぶならベビーピンク一択。
様々なカルチャーを紹介している「Mamahuhu」による動画では、中国のキャッシュレス社会がありのままに映されている。そこにはカードを使っている様子などな...
キャッシュより電子マネーのほうが早いし便利!スーパーでの買い物で毎日使ってるよという人も多いかもしれませんが、北欧ではその利便性をもう一歩先に進めようとし...
「RetraStrap」は、キャリーケースの取っ手部分につける、ストラップのようなもの。それを自分の肩にかけて、引いていくイメージです。値段は22ドルから。
旅行へ行くとスッキリする、行く前に比べて自分の中で変化がある気がする、なんて事を経験したことがある人は多いのでは?この記事では、研究や調査結果を通して「な...
これは、アメリカとニュージーランドのメディアが報じていた珍事件。思わぬ方向に展開しちゃいました。
財布の中でかさばっていたカードの役割をすべて担ってくれるのが「OraSaifu」です。
旅慣れたトラベルライターMatthew Kepnes氏が、数多くの旅行経験を元にしたお役立ち情報を、「Elite Daily」にまとめています。旅に出ない...
チェコにできたキャッシュレスマーケット。クラフトビールからアパレルショップまで様々なものが売られています。
過酷な状況でもユーザーが最高のパフォーマンスを発揮できるように様々な機能が盛り込まれたアウトドアのギア&グッズは「旅行」でも多くの快適さをもたらしてくれま...
海外から帰ってくると、多かれ少なかれ手元に外貨が残るはず。それを、毎度律儀に両替し直すのは、思いの外ハードルが高い。そもそも硬貨に関しては、両替所でも銀行...
「死の体験旅行」は、アメリカが発祥と言われているプログラム。体調が悪くなり、病院で検査を受け、病気を告知され、治療から緩和ケアへと移り、そして亡くなってい...
旅行先で、ネットが繋がらずGoogle Mapが見れなくなった時。目的地への行き方が分からなくなり、迷った人もいるのでは?でも、この記事を読んでいるアナタ...
 ローコスト・トラベル(LCT)の時代がいま、幕を開けた。旅行の費用はあり得ないぐらいに安くなっている。LCCで海外に飛び、Airbnbで泊まるところを見...