あなたの体にも・・・スマホの使いすぎで起こりうる「4つのトラブル」

現在、世界の人口は約72億人。そのうちの約60億人が持っているとも言われるケータイ電話。水洗トイレを使っている人が45億人であることを考えると、爆発的な普及ですね。もちろん、スマホの躍進が大きく影響していることでしょう。

でも、それゆえに起こりうる様々な弊害も無視できません。以下、「AsapSCIENCE」で紹介されていた、代表的な例を紹介しましょう。

01.
背中に8歳児!?
なんだか腰がつらい人は…

スマホとPCを合わせると、一日にディスプレイを見ている時間は、なんと平均で4.7時間にも。おそらくもっと長いという自覚がある人も多いでしょう。これだけの長時間下を向いていると、背骨には、だいたい8歳の女の子が背中に乗っているのと同じくらいの負担がかかるとか。

さらに、近視の割合が北米では1970年代に比べて2倍になっており、アジアでは80〜90%もの人が近視だと言われています。

02.
ニコチンやコカインのような
強い依存性が…

脳は新しい刺激を受けると、ドーパミンを分泌します。脳内麻薬とも呼ばれるもので、強い快楽と依存症を引き起こします。これによって、なかなかスマホを手放せなくなってしまいます。それはまるで、ニコチンやコカインのようなものなのだとか。

03.
脳波の状態が変わり
ぼーっとする

人の脳は神経細胞の集まりで、「脳波」と呼ばれる電気信号を発しているそう。

脳波のうち、リラックスに関係があると言われているのが「アルファ波」。動画で紹介されている実験によると、携帯電話の通信中にはアルファ波が増大することが確認されているとか。スマホを使っている間、ぼーっとしてしまうのは、ひょっとしたらアルファ波が原因なのかも…。

04.
ブルーライトで
体内時計がおかしくなる

スマホのディスプレイからは、ブルーライトと呼ばれる波長の短い成分が多く含まれた光が出ています。ブルーライトを受けると、体が太陽光だと勘違いしてしまい、体内時計がずれてしまうと言われています。

今では、銀行へのアクセスや、医療機関の検索、仕事を探すこともスマホで行われるようになってきました。アメリカでは、人口の7%がスマホのみでインターネットに接続しているというデータも。

人類の歴史に残る素晴らしいテクノロジーであることは間違いありませんが、ときにはその弊害に目を向けることも必要なのかもしれません。

Licensed material used with permission by AsapSCIENCE
必要最低限の機能しかないスマホがクラウドファンディング中です。電話、メッセージ、ナビゲーション、アラーム。これ以上ないくらいシンプルな佇まいで週末に使える...
2014年に中国ではじめてリリースされた『Forest』は、スマホ依存症になることを防ぐためにつくられたアプリ。App Storeのランキングで1位になっ...
「EyeQue VisionCheck」は、測定用のデバイスをスマホに取り付けて、専用アプリを使って自宅で視力検査ができます。所要時間は3〜5分ほど。20...
「Air Throne」は、持ち運び便利なエアーソファ。最大のポイントは、空気を入れる手軽さ。内蔵されているマイクロポンプに、スマホを接続するだけ。たった...
『スマホ依存症』って最近よく耳にしますが、常に持っていないと落ち着かない、1日に何時間も画面を見ている、などの症状は、多くの人に当てはまるものだと思います。
この記事を読もうとするときに、頭を下に向けて読んでいたら、あなたはスマホ首になっているかもしれません。MuscleWatching高稲トレーナーが紹介する...
「Shell」はワンタッチでスマートウォッチからスマホに変形する特徴があります。2本のウィングが飛び出したら、通話の準備完了だそうです。
カレがなかなかスマホを触らせてくれないとなると、注意を払いたいところ。「Elite Daily」のElana Rubinさん曰く、触らせてくれない以外にも...
サンワサプライから、「ERD-M○○○○○LM/M/Wシリーズ」というデスクが発売されました。これ、スマホからでも高さをコントロールできるというのがポイン...
SNSに1時間ほどでも滞在すると、睡眠の量や質には大きな影響が出る。スマートフォンなどの発するブルーライトもさることながら、24時間絶え間なく更新されるニ...
自動車の中に常備しておくライトとして、とても頼もしい。
自撮りならカメラよりスマホが簡単。でもスマホだと、性能にはどうしても限界がありますよね。そんな欲張りなひとたちに、朗報です。この悩みを見事に解決した新アイ...
〈OUTDOOR TECH.(アウトドアテック)〉のポータブルバッテリー「KODIAK MINI 2.0」です。容量は2,600mAh。スマホで約1.5回...
特徴は、スマホの背面に貼るシールタイプというところ。これまでのスマホスタンドは、専用の台に置いて使う式かバンガーリングで支える式のモノだったので、新しいデ...
無印良品の「フィルム石けん」は、想像以上に薄いです。シートじゃなく、フィルムと名がついている点にも納得できます。
スマホを使ったことがある人なら、一度は落下させたことがあるはず。バンカーリングとかも流行ったけど、見た目が、ちょっとヤボったいし、スタイリッシュじゃない。...
今や北京では、スーパーやショッピングモール、レストラン、カフェはもちろん、生花市場の中ですら、スマホ決済ができます。なかでも中華SNSアプリ『WeChat...
いったい、この現象を誰が説明できるだろうか?スマホの着信音が鳴った瞬間、それまで縦横無尽にせわしなく動いていたアリたちが、一糸乱れぬ動きでスマホの周りを回...
中国でキャッシュレス化がどんどん進んでいるっていうのはよく耳にする話。で、他の国はどうなんだろう?と思って、いろいろ調べているうちに、意外な国が目に留まり...
突然ですが、肩こりや頭痛に悩まされていませんか?もしかしたらその原因は、スマホを見る姿勢かもしれないという記事が「Spirit Science」に掲載され...