本当にいい男を見極めるなら「アフタヌーンティー」に連れて行くべき

もともとイギリス上流階級の習慣である「アフタヌーンティー」。

紅茶を飲んで、スコーンなどを食べるという以上に、社交の場でもあった……というのはよく知られた話。ここでさらに注目したいのは、多くの社交場と違って“女性が主役”だったということ。つまり、アフタヌーンティーにおいては、男性は女性を楽しませる役割を担っているわけです。

そんな歴史を踏まえた上で、本題へ。

女性の皆さん、彼が本当に「いい男」かどうか見極めたいなら、アフタヌーンティーでデートしてみてください。そこでの立ち振舞いが、彼を丸裸にしてくれるはずですよ!

アルコール抜きだからこそ、
真の雑談力と教養がわかる

社交の場といえば、アルコールがつきもの。当然のことながら、アフタヌーンティーは違います。だからこそ真の雑談力が問われるわけです。

アフタヌーンティーを楽しめるお店は、ホテルのラウンジなど高級なお店がほとんどです。自然とお店のインテリアや料理の話題も出るでしょう。となると、教養も必要になってきます。

お酒の席では、明るく盛り上げてくれる彼。テーブルの上にあるのは、紅茶やデザートのみという状況下でも、しっかりとアナタのことを楽しませてくれるでしょうか? 

「男としてのマナー」の有無が
はっきりとする

アフタヌーンティー自体はそれほど堅苦しいものではありませんが、一応のマナーがあります。覚えておきたいのは、2つ。

①食べる順番は、サンドイッチ→スコーン→ペストリー・ケーキが基本。

②紅茶をカップに注ぐのは、男性の役目。

とくに注目したいのは、②です。もしも、このマナー自体を知らなくても、デートの場でちゃんと女性のカップを気にかけ、紅茶を注いでくれるような彼であって欲しいですよね。「お茶は女性がいれるもの」なんて思っているような彼はちょっと……ね?

大人としてのセンスが
試される

アフタヌーンティーでは襟付きシャツにジャケット着用がベター……とここまでは多くの男性がそうするはず。リゾートでもないかぎり、ホテルでのデートにTシャツ短パンなんて人は論外です。

ポイントは、ジャケットスタイルのなかでも“決してビジネスシーンではない”という微妙なサジ加減です。あくまでアフタヌーンティーはリラックスして楽しむもの。そのあたりのTPOをわきまえた着こなしができるかどうか? 

もちろん、ホテルやお店にもよるので、なにを持って正解とするかが難しいところですが、だからこそ彼のセンスが垣間見えるはずです。

一番大事なのは、
二人で楽しめるかどうか!

ここまでは、男性を試すような部分ばかりにフォーカスしてきましたが、そもそもデートで女性がうれしいのって、自分も彼も楽しめることですよね? 

そう考えると、アフタヌーンティーでも、彼自身も楽しみながらもてなしてくれるっていうのが一番大事です。そんな彼なら、きっとこの先数十年変わらずにアナタのことを愛してくれるはず……とはちょっと言い過ぎでしょうか。

本当に「いい男」って、アナタと一緒に楽しんでくれる人かもしれませんね。

本場イギリスのアフタヌーンティーへ
彼と一緒に行ってみませんか?

日本の代表的な紅茶といえば、「キリン 午後の紅茶」。「午後の紅茶」のネーミングも「アフタヌーンティー」が由来。日本人にも「アフタヌーンティー」を楽しんでほしいとの想いから名付けられたとか。今年、30周年を迎えた「午後の紅茶」では極上のアフタヌーンティー体験があたるキャンペーンを実施中。景品は2種類。本場ロンドンと国内の豪華ホテルでのアフタヌーンティー体験。

応募方法など詳細は下記ボタンからチェックを!
彼と一緒に楽しいアフタヌーンティーを楽しめる、チャンスかも?!

Sponsored by Kirin Beverage
他の記事を見る
もうじき春ですね。桜が満開になると、爽やかな飲み物をタンブラーに注いで、お出掛けしたいもの。コーヒーやビールもいいけど、今回焦点を当てるのは「自家製ハーブ...
彼女に殺されかけた男が、なんとその彼女に法廷でプロポーズしたという話。しかも、どうしても彼女と結婚したいからという理由で、裁判官に情状酌量を求めたとのこと。
デザイナーが一つひとつ丹精込めて手縫いするティー「バッグ」。伝統に甘んじない、老舗紅茶ブランドの新たな取り組みです!
Ruby Silviousさんが絵を描いているのは、なんと使い終わったティーバッグ。植物や風景、ポートレートなど、美しい世界がギュッと凝縮されています。
使い方だってカンタン。茶葉をユニコーンの中に入れてカップにセット、お湯を淹れてしばらく待てば完成。茶渋を洗うのが少し面倒くさそうだけど、そこさえクリアにな...
最近、話題の「チーズティー」。台湾発祥ですが、アメリカやイギリス、日本にも初上陸し、話題になっているよう。どんな味なのか気になってはいても、なかなか手が出...
『bills(ビルズ)』と言えば、あのふっくらまあるいパンケーキ。それから、口のなかでとろけるなめらかなスクランブルエッグ。世界一の朝食が食べられると謳わ...
おいしいイングリッシュティーの淹れかたを「Food52」よりValerio Farrisさんに教えてもらいましょう。なんでも、科学的に美味しくなるお作法が...
「LE BÉNÉFIQUE」のハーブティーは、野生の植物を1本ずつていねいに摘み取り、それを “そのままのかたちで” 乾燥させてつくられています。
2019年になって早々、話題になったある男の話。彼女にプロポーズしたにも関わらず、指輪を返して欲しい、婚約を破棄したいなどとネットでぼやいたことで炎上した...
ひとり暮らしの人やオフィスでお茶を飲むのが好きな人は、心をギュッと掴まれるアイテムです。
イルカ型のティーバッグを開発したのは、熊本県のとあるお茶屋さん。ペットボトルのお茶慣れしてしまった若い子たちに、もっと「淹れたてのお茶の美味しさを知っても...
カップルの数だけ感動的なプロポーズがあります。どれが正解って訳でもありません。たとえば、こんな方法で愛を成就させた男性がいます。あえて、結論から先に言うの...
イギリス・ロンドンのカフェ、ティーテラスは「Phonetentiary(フォーンテンシアリィ)」という一風変わったサービスを行なっています。それは「ティー...
アメリカの宝石会社が展開している「プロポーズアンバサダー」なる企画があります。投票で選ばれたカップルが、米国内の6都市をまわって最高のプロポーズ場所を見つ...
どんなビジネスにも少なからず決まりがあるものだけど、紅茶の製作にも型があるそうで。「CTC」と呼ばれるその製法は、「Crush、Tear、Curl」の略。...
チベット伝統のお茶様式「バター茶」。高地生活で不足しがちなビタミン、脂肪分、たんぱく質などを上手に補う、喫茶文化のひとつなんだとか。デザートまでは手を出さ...
男性はどんなときに結婚に踏み切ろうと思うのでしょうか?プロポーズを決めた男性12人の答えを、『Elite Daily』のRachel Shattoさんがま...
絵を売りながら旅をしていたMaxwell Tileseさん。イギリスへ行った時に、ロンドン市内にあった歴史あるパブに魅せられ、パブの絵を描いた。ロンドンへ...