自立した女性なら目元は「黒」。強くて可愛い「旬顔アイメイク」の作り方

いよいよ夏本番ということで、ブルー系やグリーン系、パープル系など、クールなカラーマスカラをポイントで使うアイメイクを街でもよく見かけるようになりましたね。でも、自立した強くてカワイイ女性を演出するなら、アイメイクのベースは断然「黒」で!

強くてカワイイ「旬顔」を作るなら
話題のEYEMANIA

今「旬顔アイメイク」を極めるなら、ぜひ使いたいのがインスタグラムでも話題の『EYEMANIA』。「THINK LIKE A MAN, ACT LIKE A WOMAN(男性のように考え、女性らしく振舞う)」というブランドコンセプトを掲げていて、時代の先端をカッコよく生きる女性を応援するアイメイクシリーズです。

MEGBABYさんの出演するCMは、まさにその世界観を表現していましたね。NYを連想させるクールなパッケージも印象的です。

でも、オシャレなだけじゃありません。EYEMANIAは、独自のミネラルコンプレックス配合。トレンドアイメイクを簡単に自分のものにできて、同時に美毛ケアまでしてくれる優れものなんです。マスカラを筆頭に4種類のアイテムがあるので、気になる人は以下をチェック!

01.
「黒」なのに、華やかなまつ毛。
ミネラルマスカラ

EYEMANIAのマスカラは「美・漆黒」と名付けられた独特の濃い黒色。黒酸化鉄とカーボンブラックの2種類を配合したこれまでにない深みのあるブラックで、印象的な目元に仕上がります。

旬顔を作るマスカラ使いのポイントは「盛りすぎない」こと。自毛のようなナチュラルさを大切にしましょう。EYEMANIAのマスカラは、「ロング」「セパレートロング」「ボリューム」と、仕上がりで選べる3タイプ。どのタイプもブラシの形状に工夫が凝らしてあるので、誰が使っても簡単にナチュラルな仕上がり感を手に入れることができますよ。

例えば「ロングマスカラ」を使ったメイク法はこんな感じで。

02.
「濃色」でキリッとした目元に。
リキッドアイライナー

EYEMANIAのアイライナーもカーボンブラック配合の特徴的な「濃色」で、キリッと目元が引き締まります。コシがある細筆ペンタイプなので、他のアイライナーにはない滑らかな描き心地で太い線も細い線も自由自在。フィルムタイプだから肌に負担をかけずお湯で簡単にオフできますよ。さて、ここで「旬顔」のワンポイント。

アイラインは一気に引いてはいけません!少しずつ描き足して、目の形に合わせた美しいラインを描きましょう。

03.
チップとペンシルで叶える美眉。
2WAYアイブロウ

EYEMANIAのアイブロウは適度な硬さの極細ペンシルとシルキーチップを採用。立体的で自然な美眉を実現できます。さらに新発想の「ワックス&パウダーW方式」で、キレ&ふんわり感の演出が自在。汗で崩れないウォータープルーフなので、つけたての発色も1日キープできますよ。

アイブロウにおいて「旬顔」を作るポイントは、とにかく間延びさせないこと!「締め」と「抜け」を上手に作ってメリハリをつけましょう。

04.
一本一本が高発色の美眉へ。
アイブロウマスカラ

顔の印象を決める大きな要素だからこそ、美人度を上げる眉マスカラこそ高発色なものを。EYEMANIAのアイブロウマスカラなら独自のソフトタッチブラシでふんわりナチュラルな眉に仕上げつつも、高発色を1日中キープできます。もちろんミネラル配合なので一本一本が艶めく美眉へ。

眉マスカラの旬顔ポイントは、付けすぎないこと!染めたような繊細さで仕上げましょう。EYEMANIAアイブロウマスカラなら、ベタつかずひと塗りでしっかり色づくので、付けすぎの心配もありませんよ。

いかがでしたか?ここで紹介したシリーズ4アイテム、じつはすべて楽天ランキング1位を獲得している実力派。あなたもEYEMANIAで「強くてカワイイ旬顔アイメイク」をマスターしてみませんか?

LINE友だち追加で
もっとお得に!

今ならLINE公式アカウントを友だち追加するだけで、お得なクーポンやキャンペーン情報がもらえるので要チェックですよ。
「メイク」を使って、社会に潜むさまざまな「闇」を表現。アートの新しい可能性に挑戦するアーティビストがいます。
メイクアップアーティストのMay Sumさんは、商売道具のコスメをメイク道具として使うだけではなく、口紅そのものを彫り鑑賞物に生まれ変わらせてしまったのです。
出かける前の身だしなみ、家の中のどこでしていますか?洗面所で行う人はもちろん多いかと思いますが、一人暮らしなどで、洗面所がなく、家のあちこちでメイクすると...
人気YouTuberのMs Yeahによるメイクアップ動画が波紋を呼んでいます。美容部員さんからは決して教えてもらえない、禁断のハウツーをどうぞ。
パラオ政府は、2020年より、サンゴ礁に有害な物質を含む日焼け止めを禁止にする方針を明らかにしました。
醸造所が併設されているロンドンのパブ「Long Arm Pub & Brewery」。ここではMillennial Stoutと名付けられたアボカドビール...
Scottさんはメイクが大好き。以前から化粧をして職場へ行っていたのですが、新しくきた上司に理解されずショックを受けます。化粧を落とせという要求に従わず、...
近年、メイクアップ技術は著しく進化している。あまりにも素顔とかけ離れ過ぎて「化粧=詐欺」と形容されることもしばしば。更には、性別を越える事も可能になってき...
マレーシア人のSaraswatiさんは、メイクをする時、普段から身に着けているヒジャブもフル活用するメイクアップアーティスト。折ったり結んだりして、自由自...
Doctors Me(ドクターズミー)医師、その他専門家「Doctors Me」は、医師、歯科医、栄養士、カウンセラー、薬剤師、獣医などに直接相談できる、...
ワイングラスをモチーフにしてつくられた椅子『MERLOT』。丸みを帯びたグラスの曲線部分が背もたれになっていて、椅子の脚の部分はグラスのステム部分となって...
「黒リップ」と聞くと、裏原やゴスロリ系のイメージを持つ方も少なくないはず。でも、ビューティー・メイクアップ界では、2014年にかけて、黒い唇が一大トレンド...
ギョッとするような女性の顔。怖いんだけど、あまりにも見事でずっと眺めてしまう。このメイクを手がけたのは、ロンドンを拠点に活動する美容師のVANESSA D...
くちびるの動きに合わせて、キャラクターを動かすメイクアップアーティストのSandra Changさん。くちびるの動きとキャラクターがぴったりと当てはまり、...
Rand Jarallahさんは自分の顔をキャンバスとして利用し、SNSを中心に様々な社会問題を訴えている。そんな彼女にアーティビズムとは何か?アーティビ...
保護性もデザイン性も機能性も大事だけど、カスタムして遊ぶっていう感覚もアリだと思います。
メイク方法を紹介しているビューティーブロガーCatherine Martinezさん。聴覚障害者の人たちとの壁をなくすために、手話を使って動画を配信しています。
葛飾北斎の『神奈川沖浪裏』をリップに描いちゃうなんて斬新。「Girl Grey Beauty」名義で活動する、1991年生まれのカナダ人メイクアップアーテ...
奇術のような驚きのメイクをする韓国人アーティストのDain Yoonの新作が登場した。日々、腕を磨き続ける彼女は、ついに指先にまで「顔」を施すように。In...
このメイクをしていたら、間違いなく熱い視線を集めることになると思う。女性たちの憧れの的、映画『ティファニーで朝食を』のオードリー・ヘプバーンと目が合って、...
「新しい映画のキャラクターだよ」と言われても納得してしまいそうなモンスターたち。これらはすべて、オーストラリアの16歳の少女が独学でつくったものなんです。...
彼女の名前は、ケイト・ヴェルナー。なんと15歳。YoutubeやSNSで公開されるメイクアップアートに触発され、自身で始めてみたのが約2年前。Instag...
ビューティプロデューサーとして、これまで14万人もの女性にアドバイスを実践してきた平野宏枝さん。そんな彼女が、LAと日本を行き来するなかで見つけた「自分も...