世界でも珍しい!?日本唯一の「畑ガイド」と一緒に、農業王国・十勝の畑でピクニック!

広大な土地と豊かな自然がある北海道は、言わずと知れた農業王国。とりわけ、帯広市を中心とする十勝地方は、日本でも有数の畑作地帯として知られています。地平線まで見渡せる広大な畑は、まさに北海道を感じさせてくれる景色です。

そんな十勝で、通常は立ち入り禁止の畑を案内してくれるのが、日本で唯一の「畑ガイド」たち。季節に応じて、菜の花、じゃがいも、小麦、とうもろこし、ながいも…など、十勝エリアの畑を解説しながら一緒に歩いて回ってくれるのです。 

おそらく日本でここだけに存在するユニークな「畑のピクニック」。一体、どんなツアーなのか、さっそく出かけてみましょう!

畑ガイドと一緒に
本物の畑」を散策!

C150eabbf58f205556799609b35369c806cec615

農場ピクニックを主催する「いただきますカンパニー」が案内する農場は、観光農園ではなく、実際に作物を生産している現場です。どの農家さんも、作物に責任感と誇りを持った情熱的な人ばかり。

実際の畑を自分の目で見てもらい、自分の足で歩いてもらう。食卓ではなく、畑の真ん中で旬の作物を食べる。そして、農家さんがどんな想いを持ち、作物を育てているかを知り、体験を通じて心と身体で感じる。

食事の前に言う当たり前の挨拶である「いただきます」の意味を考えて、その言葉に込められた感謝の気持ちを育むお手伝いをしたい…社名にはそんな気持ちが込められています。

畑を知り尽くしたガイドによる
楽しい解説!

40c6164901d082740d09295394d0a2d125251b2d

実際の畑に足を踏み込む前には、大切な作物を育てる畑に有害な菌などを持ち込まないように、専用の長靴に履き替えたり、靴カバーをつけたりして下準備。用意ができたら、いよいよツアーに出発します。

忙しく仕事をしている農家さんに代わって、農場のことを説明してくれるのが「畑ガイド」の皆さん。豊富な経歴を持ち、十勝や畑の魅力を熟知したガイドさんたちが、作物が植えられてから食卓に上るまでのストーリーをユーモアを交えながら、わかり易く、楽しく教えてくれます。

参加者のペースに合わせてくれるので、小さなお子さん連れのご家族でも安心ですよ。

実りの秋は、収穫実体験のシーズン!

1f77a8db1157d38e7ecdaa7eb4204ec03128fe4a

もちろんですが、畑の中で元気に育った旬の作物を実際に収穫することもできます。特に実りの秋には、「とうもろこし」や「ながいも」などの収穫体験が楽しめますよ。

自分の手を使い、土まみれになって作物を収穫する喜びは忘れられない体験になることでしょう。

採れたてを畑のど真ん中で
「いただきます!」

45ca6fb403731da6c963364054fc5f4cdb040115

農場ピクニックには「ランチツアー」と「おやつツアー」の2つのコースがあり、どちらも散策した畑の作物が食べられます。

たとえば秋のおやつツアーなら「もぎたてとうきび」や「ながいもバター焼き」、ランチツアーにはそれにプラスして「十勝産小麦のチャバタサンド」や「十勝小麦のパン」などがついてきます。

2b8b12d3bcfa14fc6639a369270845e656d2ce8a

自分自身で収穫した採れたてが味わえるのは、格別なお楽しみ。「いただきます」を意味を五感で感じながら、さあ召し上がれ!

畑でのいろんな出会いに感謝!

食後は、畑の写真を撮ったり「畑ガイド」とお話ししたりして、時間までのんびりと過ごしましょう。最後には、使った靴カバーや長靴を返却してツアーは終了となります。

畑を通じて、いろんな出会いがあるのが農場ピクニックの最大の魅力です。農家さんの苦労や想い、そして、溢れんばかりの情熱に触れることで、食材や食べることに対する考え方は大きく変わることでしょう。もしかしたらそれが、本当の意味でいちばんの「収穫」になるかもしれませんね。

さあ、北海道・十勝の畑で身も心も満足できるピクニックを体験してみませんか? くわしくはいただきますカンパニーまでお問い合わせを!

C6d6b001deb23f81045a521d38820ee9dd00f5d5Bfc9a24e1d958751d8728de65c6cc9141b0695e9
Sponsored by 旅して体験!ほっかいどう
ミシュランガイドに載るほど外国人人気が高いという島根の世界遺産・石見銀山。今年で世界遺産登録10周年を迎え、日本の産業を支えた重要な世界遺産でありながら、...
農業ブームなんて言葉もありましたが、いまだに「大変そう」「汚れそう」といったイメージを持っている人も多いかもしれません。でも、そういったイメージを覆して「...
紅葉もいいけれど、それ以外の「秋」の自然の楽しみ方として「のこのしまアイランドパーク」のコスモス畑を紹介する。ビビッドなコスモスと海のブルーが見事なコント...
あんなに小さいのに、こんなに「よくできていた」んだね。
機内食にエンタメ要素が増えること自体はうれしい。だけど、なんか前提がズレているようにも思うのです。
ロンドン市内に、新しいコンセプトのレンタカーが登場しました。なにが新しいって、これ観光専用なんです。もちろんレンタカーだから自分で運転だってできます。けど...
日本三名泉のひとつでもある群馬県の草津温泉。 おやつを食べながら散策したり、伝統の湯もみショーを見学したり、昔ながらの入浴方法を体験したり…。 ちいさな温...
パーティにおいて、みんなが楽しめることはMUST。しかもその楽しさは、SNSなどににじみでてくるくらいがちょうどいい。こんな体験型のフードで、時間と空間を...
しばしばアグリテックの先進地という言い方をされる新富町は、こゆ財団を中心に地域版アグリテックに取り組んでいる。そこでチャレンジする国産ライチ生産者、新規就...
なくしてしまったはずの結婚指輪が、奇跡的に見つかった。天にも昇るよろこびを経験したのはMary Gramsさん。畑で農作業中に、薬指にはめていたはずの指輪...
中国でキャッシュレス化がどんどん進んでいるっていうのはよく耳にする話。で、他の国はどうなんだろう?と思って、いろいろ調べているうちに、意外な国が目に留まり...
北海道厚真町で、農家の跡取りとして原木しいたけを栽培する堀田昌意さんにインタビュー。PR方法を工夫したり、販売ルートを変更して販売量を確保するなど、経営に...
メジャーなワイナリーであろうとなかろうと、魅力的なぶどう畑は、結婚式を挙げるのにはパーフェクトなロケーションだといえるでしょう。単純にワインは素晴らしいで...
「食料を自給自足するのではなく、他の地域からの輸入に頼っているニューヨークで暮らす人々に、どうやって野菜やフルーツが育てられているのかを知ってほしい」。ア...
青森県と秋田県にまたがる「白神山地」。21年前に日本初の世界自然遺産に登録された、言わずとしれた日本が世界に誇るブナ原生林がそこにある。8千年前の縄文時代...
「Never Ending Voyage」で、世界中を旅してまわるカップルが、日本を旅行している時に感じた72のことを書いています。海外を旅行した時、現地...
「庭園と図書館さえあれば、あなたに必要なものはすべて揃っている」とは、かの有名なキケロの言葉ですが、まさに「畑」を使うことで、地域の生活の質を向上させよう...
用途もデザインも、両方兼ね備えていないとダメっていう、うるさい(めんどくさい)料理男子たちへ。
もし、明日世界が滅んでしまって、文明が崩壊したらあなたはどうしますか?そんな中で、いざという時に生き延びられるサバイバルガイドが話題です。よく文明
人気トラベルブロガーのCyrielleさんが「travelettes」で、日本に住んでとても気に入った10のことを紹介していました。日本人にとっては当たり...
北海道から沖縄まで47都道府県を写真で繋ぐ日本地図。全国津々浦々にある風景や情緒を海外の人に感じてもらい、よく知ってもらおう。経産省によって公開されたwe...
堀田昌意さんのインタビューの後編では、農業にのめり込んだきっかけ、堀田さんが考える農家のあり方、そして今後どのように発展、成長していきたいかなどをお聞きし...
ウィスコンシン州の街オークレアに400エーカーにも及ぶ大きな「ひまわり畑」がある。その広さは東京ドームでたとえるとおよそ35個分と広大だ。農場には「Bab...
沖縄の南城市にある「斎場御嶽(せーふぁうたき)」は、世界遺産(文化遺産)であるにもかかわらず正しく読むことすらできず……。さいじょうおんたけ? 琉球王国に...