世界でも珍しい!?日本唯一の「畑ガイド」と一緒に、農業王国・十勝の畑でピクニック!

広大な土地と豊かな自然がある北海道は、言わずと知れた農業王国。とりわけ、帯広市を中心とする十勝地方は、日本でも有数の畑作地帯として知られています。地平線まで見渡せる広大な畑は、まさに北海道を感じさせてくれる景色です。

そんな十勝で、通常は立ち入り禁止の畑を案内してくれるのが、日本で唯一の「畑ガイド」たち。季節に応じて、菜の花、じゃがいも、小麦、とうもろこし、ながいも…など、十勝エリアの畑を解説しながら一緒に歩いて回ってくれるのです。 

おそらく日本でここだけに存在するユニークな「畑のピクニック」。一体、どんなツアーなのか、さっそく出かけてみましょう!

畑ガイドと一緒に
本物の畑」を散策!

農場ピクニックを主催する「いただきますカンパニー」が案内する農場は、観光農園ではなく、実際に作物を生産している現場です。どの農家さんも、作物に責任感と誇りを持った情熱的な人ばかり。

実際の畑を自分の目で見てもらい、自分の足で歩いてもらう。食卓ではなく、畑の真ん中で旬の作物を食べる。そして、農家さんがどんな想いを持ち、作物を育てているかを知り、体験を通じて心と身体で感じる。

食事の前に言う当たり前の挨拶である「いただきます」の意味を考えて、その言葉に込められた感謝の気持ちを育むお手伝いをしたい…社名にはそんな気持ちが込められています。

畑を知り尽くしたガイドによる
楽しい解説!

実際の畑に足を踏み込む前には、大切な作物を育てる畑に有害な菌などを持ち込まないように、専用の長靴に履き替えたり、靴カバーをつけたりして下準備。用意ができたら、いよいよツアーに出発します。

忙しく仕事をしている農家さんに代わって、農場のことを説明してくれるのが「畑ガイド」の皆さん。豊富な経歴を持ち、十勝や畑の魅力を熟知したガイドさんたちが、作物が植えられてから食卓に上るまでのストーリーをユーモアを交えながら、わかり易く、楽しく教えてくれます。

参加者のペースに合わせてくれるので、小さなお子さん連れのご家族でも安心ですよ。

実りの秋は、収穫実体験のシーズン!

もちろんですが、畑の中で元気に育った旬の作物を実際に収穫することもできます。特に実りの秋には、「とうもろこし」や「ながいも」などの収穫体験が楽しめますよ。

自分の手を使い、土まみれになって作物を収穫する喜びは忘れられない体験になることでしょう。

採れたてを畑のど真ん中で
「いただきます!」

農場ピクニックには「ランチツアー」と「おやつツアー」の2つのコースがあり、どちらも散策した畑の作物が食べられます。

たとえば秋のおやつツアーなら「もぎたてとうきび」や「ながいもバター焼き」、ランチツアーにはそれにプラスして「十勝産小麦のチャバタサンド」や「十勝小麦のパン」などがついてきます。

自分自身で収穫した採れたてが味わえるのは、格別なお楽しみ。「いただきます」を意味を五感で感じながら、さあ召し上がれ!

畑でのいろんな出会いに感謝!

食後は、畑の写真を撮ったり「畑ガイド」とお話ししたりして、時間までのんびりと過ごしましょう。最後には、使った靴カバーや長靴を返却してツアーは終了となります。

畑を通じて、いろんな出会いがあるのが農場ピクニックの最大の魅力です。農家さんの苦労や想い、そして、溢れんばかりの情熱に触れることで、食材や食べることに対する考え方は大きく変わることでしょう。もしかしたらそれが、本当の意味でいちばんの「収穫」になるかもしれませんね。

さあ、北海道・十勝の畑で身も心も満足できるピクニックを体験してみませんか? くわしくはいただきますカンパニーまでお問い合わせを!

Sponsored by 旅して体験!ほっかいどう
「畑にパンツを埋めてください」。フランスの農業会議所が農家に指示した内容は、とっても興味を引きます。今日(5月27日)から6月2日までにパンツを埋めて、8...
「日本遺産」って聞いたことありますか? 世界遺産ではありませんよ。JAPAN HERITAGE、そう、日本遺産です。世界遺産の縮小版かな、なんて思ったとし...
沖縄の南城市にある「斎場御嶽(せーふぁうたき)」は、世界遺産(文化遺産)であるにもかかわらず正しく読むことすらできず……。さいじょうおんたけ? 琉球王国に...
ミシュランガイドに載るほど外国人人気が高いという島根の世界遺産・石見銀山。今年で世界遺産登録10周年を迎え、日本の産業を支えた重要な世界遺産でありながら、...
サステイナブルの観点から近年注目の「コンポスト」。「臭い生ゴミの処理に困っている」「SDGsや自給自足の生活に関心がある」という方のためになぜ注目されてい...
パーティにおいて、みんなが楽しめることはMUST。しかもその楽しさは、SNSなどににじみでてくるくらいがちょうどいい。こんな体験型のフードで、時間と空間を...
ある者は、冬山のガイドをしてもらいたくて。ある者は、弟子入りをしたくて。北海道の札幌にある小さなホステル「SappoLodge(サッポロッジ)」には、名指...
両親、家族、好きな人……。大切な人を想うための場所が、群馬県の嬬恋村(つまごいむら)にありました。その場所とは、ずばりキャベツ畑の中。
北海道の“かわいいおみやげ”の代表格「小熊のプーチャンバター飴」。大正十年(1921年)創業の老舗「千秋庵」の「北海道らしいかわいい熊の飴を作りたい」とい...
北海道・遠軽の「ハナノ工場」は日本初の動物寄木細工専門店。寄木細工というと、少しお堅い伝統工芸品をイメージしてしまいますが、同工場の作品はペンギンやクマな...
耐衝撃ウオッチ「G-SHOCK」より、クリエイティブディレクター 佐藤可士和氏とのコラボモデル「DWE-5600KS」が2021年3月5日に発売。
兵庫県加古川市にてコットンの栽培・製品企画・販売をおこなう「かこっとん株式会社」が「畑から育てた靴下」を開発。
紅葉もいいけれど、それ以外の「秋」の自然の楽しみ方として「のこのしまアイランドパーク」のコスモス畑を紹介する。ビビッドなコスモスと海のブルーが見事なコント...
農業ブームなんて言葉もありましたが、いまだに「大変そう」「汚れそう」といったイメージを持っている人も多いかもしれません。でも、そういったイメージを覆して「...
ロンドン市内に、新しいコンセプトのレンタカーが登場しました。なにが新しいって、これ観光専用なんです。もちろんレンタカーだから自分で運転だってできます。けど...
オックスフォード大学が運営をしている「Pitt Rivers Museum(ピットリバース博物館)」は、異なる文化に対する理解を深めるために、25人の難民...
育児中のパパママからの「あると助かる〜!」の声を実現する子供服ブランド「アルトタスカル」が誕生
シアトルに住むスティーブ・マシオ氏は、旅行が大好き。その愛は「デルタ航空」のファーストクラスの座席を購入して自宅に置いているぐらいに大きい。その様子を紹介...
日本三名泉のひとつでもある群馬県の草津温泉。 おやつを食べながら散策したり、伝統の湯もみショーを見学したり、昔ながらの入浴方法を体験したり…。 ちいさな温...
真冬の北海道十勝地方の大自然をパノラマに、極上のサウナ体験を。移動式サウナ「サウナトレーナー」でマイナス20度の世界を独り占めできる新サービス「地球で“と...
「北海道=大自然」と言われて反対する人はいないと思いますが、そんな広大な土地を生かした「国立公園」の存在については、意外と知らない人も多いのではないでしょ...
なくしてしまったはずの結婚指輪が、奇跡的に見つかった。天にも昇るよろこびを経験したのはMary Gramsさん。畑で農作業中に、薬指にはめていたはずの指輪...
北海道厚真町で、農家の跡取りとして原木しいたけを栽培する堀田昌意さんにインタビュー。PR方法を工夫したり、販売ルートを変更して販売量を確保するなど、経営に...
「浜松の大自然」と聞いても、あまりピンとこない人が多いと思います。でも実は市の面積が全国2位で、海も川も湖もあればさらには山もあり、いろいろなバリエーショ...