30代以上だったら、誰でも知っている!?史上、最も成功したあのコピーが復活!

ダイヤモンドは、宝石のなかでも特別な意味を持つもの。女性なら誰しも憧れますよね。でも、昔から身近な存在だったわけじゃないんです。たった一言のコピーによって、世界中の女性がダイヤモンドの魅力をリアルに感じるようになりました。

「A Diamond is Forever」

日本でも「ダイヤモンドは永遠の輝き」と訳されて一世を風靡しました。30代以上の人なら、TVCMなどで耳にしたことがあると思います。

このコピーが、9月1日から復活! ここでは、その背景から最新のCMまでを紹介していきましょう。

最後には遊び心溢れるクイズもありますよ♪

ダイヤモンドを世界中の
女性へ届けたデビアス グループ

もともとダイヤモンドって、一部の王侯貴族だけの間で愛好されていたものだそうです。その魅力を世界中の人たちに伝えたのが、デビアスグループです。さきほどのコピーは同社によるもの。

「永遠の輝き」という言葉と眩しいほどに光輝くダイヤモンドのビジュアルーーそこからは誰もが「理想の婚約・結婚指輪」を想起します(とくに女性なら!)。

実際、デビアス グループによるこのグローバルなマーケティング戦略は、広告業界でも最も成功した事例とされているんだとか。

何百人もの職人たちの
手作業から生まれる

そんなデビアス グループから生まれたダイヤモンドのブランドが、「フォーエバーマーク」。130年の歴史に裏付けられた知識と経験が、余すところなく集約されています。実は、この宝石、私たちの手に届くまで、気の遠くなるようなプロセスを経ているのです。

採掘にはじまって、丹念なカット、そして、美しい研磨まで。すべては、エキスパートたちの手作業によってなされます。革新的な技術と引き継がれてきた熟練の技は、美しさに対して一切の妥協も許しません。一粒のダイヤモンドには、情熱と高い専門性を持った何百人もの職人たちが関わっているのです。

このブランドが力を注いでいるのは、徹底した美しさへのこだわり。世界中のダイヤモンドの1%未満しか、「フォーエバーマーク」のダイヤモンドと呼ばれることはないのです。また、一つ一つのダイヤモンドには、肉眼では確認できませんが、世界で一つだけの個別認証ナンバーが印されています。この印こそ、美しさの証であり、全ての工程において社会的に正しいプロセスを経たという証でもあるのです。

「永遠の輝き」を称えた
フォーエバーマーク賞

さて、そんな「フォーエバーマーク」ですが、毎年「永遠の輝きを身につけた女性」に『フォーエバーマーク賞』を贈呈しています。

今年、受賞したのは、女優の大地真央さん。

9月15日(木)にコンラッド東京で開催された授賞式では、大地真央さんの「ダイヤモンドだって、女優と同じ。原石を磨かないと光り輝くことはできない」というコメントは、とても印象的でしたね。

大地さんが着用したのは、最新カットの「ブラックレーベル ダイヤモンド」を使用した『フォーエバーマーク エターナル コレクション』のステーションネックレスとソリティア パヴェ ペンダント。完璧なシンメトリー にカットされている「ブラックレーベル ダイヤモンド」は、強い輝きを放っていました。しかも、今回が、日本で初披露された瞬間でもあり、まさに「永遠の輝き」を象徴する眩しいイベントでした。

この声は、誰?

先日のフォーエバーマークの授賞式でも披露されたのが、冒頭で触れた「ダイヤモンドは永遠の輝き」というコピーが復活した新TVCM。世界中に広く知れ渡ったメッセージは、今年、フォーエバーマークへとバトンを渡されました。そして、現在、大きな反響を呼んでいるのが、この映像です。

さて、あなたに質問です。このシブくて、深い声の持ち主は、誰でしょう?ヒントは、日本で活躍している俳優さんです。このフォーエバーマークの新TVCM、日本では、9月1日よりYoutubeでプレ公開後、11月下旬からは全国の地上波でオンエアーされるという予定のようです。

そして、フォーエバーマークでは、「ダイヤモンドは永遠の輝き」というコピーの復活をきっかけに『フォーエバーマーク新CM「この声は誰?」クイズキャンペーン』を実施中。

クイズに答えた方の中から15組30名は、11月下旬に開催される「この声は誰?」の発表イベントにご招待されるようです。しかも、このイベントでは、声の主本人が登場することが決定。さらに、東京湾を周遊する「HOTALUNA」というオシャレなクルーザーがイベントの会場なんて、ニクい演出ですよね。11月といえば、空気がしまり、夜景が美しく映える秋モード全開の季節。クルーザーに揺られて、ダイヤモンドのように見える夜景に浸るなんて、すごく素敵かも。船内ではフォーエバーマーク ダイヤモンドの展示も楽しめるとのこと。眩い一夜を満喫できそうですね。

フォーエバーマーク新CM「この声は誰?」

クイズキャンペーン概要

■応募期間:2016年9月1日(木)〜10月31日

■クイズ内容:フォーエバーマークの新CMで、ナレーションを担当しているの声の主は、誰でしょう?

フォーエバーマーク公式facebookページで、クイズの答をキャンペーン対象記事の「コメント」欄にご回答ください。ご回答いただいた方の中から15組30名様を「この声は誰?」発表イベントへご招待します。尚、コメントは各記事につきお一人様一回のみの応募として有効になります。応募締め切り後、厳正なる抽選の上、当選者を決定。11月11日頃までに、ご連絡いたします。

Sponsored by FOREVERMARK
ゴールドやシルバーのリングやネックレス。パッと見は何の変哲もないアクセサリーですが、実はこれらは世界の都市をモチーフにしたもの。たとえば、パリのリング。で...
001 ジュエリーを主役にする 「シンプルな洋服」柄のない、シンプルな装いには、反対に装飾的で大ぶりなネックレスやブレスレットをつけて、コーディネートの主...
男性の自分からからすると、完全に女性向けデザインであることが悔しい。逆にいうと、女性には思う存分活用してほしいアイテムということ。ジュエリーにテクノロジー...
Leaf Urbanは、常に健康を管理することができるジュエリーの形をした女性のための健康を記録できる装置です。歩数や活動した時間、消費カロリーの記録、睡...
チャームポイントはパッケージだけかと思いきや、意外と中身もいいんです。
パリ発の総合美容薬局「L'OFFICINE UNIVERSELLE BULY(オフィシーヌ ユニヴェルセル ビュリー)」のハンド&フットクリーム「Pomm...
30代に入る事も一つの大きな転機でもあります。20代で許された事が、30代でも通用するかどうか、一度自分自身を見つめ直し、今後のための教訓を学ぶべき一つの...
SA BIRTH(サバース)」から、新たなジュエリーブランド「SA BIRTH GINZA」が誕生。10月20日、銀座4丁目にオープンしました。デザインは...
ルーマニア在住のアーティストPaulaさんが作っているのは、ドライフラワーをカプセルに閉じ込めた樹脂ジュエリー。小ぶりなネックレスやペンダントのなかにも、...
20代のうちは「知らない」「できない」で済まされていたことが、30代になっても改善できていないとしたら非常に残念。まず自分自身の軸がしっかりしていれば、ど...
結論から言うと、「ECOSIA」というドイツ発の検索エンジンを利用すれば、運営会社がアフリカや南米、東南アジアなどの森林伐採や砂漠化が進む地域に植樹をして...
20代は目を肥やす時間。30代はそこでの学びをもとに自分にあった判断が下せるようになる年代。ライターSuzanne McKenzieのこのメッセージ(「E...
30代は人生において活力に満ち、転機を迎える時期。フォトグラファーのStephaneさんとライターのAnneさんは、世界中の30代にフォーカスしてポートレ...
goro’sは、原宿にあるインディアン・ジュエリーショップ。80年代〜90年代、渋谷で遊んでいた奴で、ゴローさんを知らない人はいない。そして、チーマーと呼...
人生に置いて迷いの生じやすい30代をよりよく過ごすためには、自信を持って自分を愛することが大切だとElite DailyのJasmine Vaughn-H...
保護性もデザイン性も機能性も大事だけど、カスタムして遊ぶっていう感覚もアリだと思います。
遊び呆けた20代前半はいつしか過去に。20代後半へ突入したと思ったら、目まぐるしく時間は過ぎ、いつの間にか30歳目前。自身もアラサーであるライター・Jen...
純白のウェディングドレスに合わせるブライダルジュエリー。ゴージャスなパールやきらきらのティアラはもちろん素敵ですが、生花を使ったこんなオシャレなものもある...
1年前、交通事故で左手小指に傷を負った。第1関節より前の骨が砕けてなくなったのだ。10年間、乗り続けたVespaは廃車になり、俺はバイクに乗ることを止めた...
元家具職人がつくる、呼吸するジュエリー「su Ha」。ジュエリーは、デザイナーが自ら国内外を歩いて5年かけて選んだ素材からできている。だからこそ、それぞれ...
大人になるにつれ、友情のあり方も変わります。学生から社会人へ、そして年を重ねる毎に賢くなるように、友達との付き合い方も変わっていきます。でもその変化は決し...
すべて「生」の野菜からできたアクセサリー。
子どものころ、30歳にどんなイメージをもっていましたか?立派な大人?もうおじさん、おばさん?実際になってみると案外それまでと変わらないものですが、確実に2...
転職、結婚、貯金、持ち家……。「人生を決めろ!」と言わんばかりに押し迫ってくる数々の決断。「オレは本当にこのままでいいのか?」と不安が襲ってくるのは当然の...