アニエスベーの魅力がまるごと1冊に!『agnès b. STYLISTE』発売。

ラガーシャツからヒントを得て作られた、肌触りのいいコットンのボーダーTシャツ。キャンディーのようなスナップボタンが並ぶカーディガンプレッション。カラフルな小花や細かい水玉模様のワンピース。新しい服と、手持ちの古い服を組み合わせるのが上手な、パリジェンヌたちをお手本に、自分らしいスタイルを見つけたくなる。それが、原点回帰のお洋服とも言える『アニエスベー』の魅力ではないでしょうか。

服は、着心地がよいことと、
気持ちよく暮らせることが大切。

Dcc5431ac0804c50da722128a8fa3d73da3cc284
Photo by © Archives Agnès b.

昔、読んだことのあるアニエスベーのインタビューで、印象に残っている言葉があります。それは、「服は、着心地がよいこと、気持ちよく暮らせることが大切。」というもの。毎日の生活で、服のことばかりに多くの時間やお金をかけるわけにはいかないからこそ、次のシーズンに何かひとつ買い足して、着こなしていけるものがいい。こんな、生活者目線の考え方が、たくさんのファンに愛されつづけている証なのではないでしょうか。

そんなだいすきなアニエスベーから、創立40周年を記念した書籍『agnès b. STYLISTE』が発売されることになりました。アニエスベー自らがアートディレクションを担当し、これまでに撮影された貴重な写真や、アイデアスケッチ、彼女を知る人々の証言や、書き下ろしの言葉など、アニエスの世界をまるごと閉じ込めた、スペシャルな1冊になっています。11月16日(水)より、アニエスベーの一部ショップで先行発売されます。全国のショップ及び書店は、11月下旬より順次発売します。

A712936b272247de3de4b51a1d7d91dd45a99d47
Photo by © Archives agnès b.
C5769eea0dca4a184d1fbfe9c0fa97c3105e10dc
Photo by © Agnès b. / Kirsten Owen - agence Oui Management
3930730bb6683944ea3d00f63c7e6b3f4387748f
Photo by © Agnès b.

いつだって、
遊び心を忘れないこと。

また、同じ日に、本名のアニエス・トゥルブレ名義で発表した初監督長編映画『わたしの名前は...』のDVDも同時発売されます。父親から虐待を受けている12歳の少女が家を飛び出し、たまたま出会ったトラック運転手との奇妙な旅を描いたロードムービーです。

それがたとえ、書籍であっても、映画であっても、いくつもの素材で洋服を仕立てるように、様々な異なるテクスチャーで絵を描くように作品が作られています。アニエスベーの作品は、そのどれもが、日々遊び心を忘れず、純真な気持ちで過ごすことの大切さを教えてくれているようです。

1d41c83e801098525f89d34ff87841350840e790
Photo by © Agnès b.

【イベント情報】
アニエスベーが3年ぶりに来日し、書籍刊行記念イベントを開催します。
ぜひ、お立ち寄りくださいませ。

発売記念ポップアップショップ&サイン会
会場:代官山 蔦屋書店
住所:東京都渋谷区猿楽町17-5
ポップアップショップ開催期間:11月19日(土)〜12月8日(木)
サイン会開催日時:11月22日(火)18:30〜20:30
お申し込み先:店頭(2号館1階アートフロアレジカウンター)
電話:03-3770-2525
ポップアップショップ:詳細はこちら
サイン会:詳細はこちら

トークショー
会場:SHIBUYA PUBLISHING & BOOKSELLERS
住所:東京都渋谷区神山町17-3 テラス神山1F
トークショー開催日時:11月22日(火)15:30〜17:00(開場は15:00より)
登壇者:アニエスベー、幅允孝 氏(ブックディレクター)
詳細、お申込みは、HPよりご確認くださいませ。
HP:詳細はこちら

Top Photo by Christian Moser
Licensed material used with permission by 青幻舎
パリの一角に突如現れた、ポップなカラーに彩られた空間。よくよく見てみると…なんと、バスケットコートのようです。このアートを手がけたのは、フランスのファッシ...
最初から最後まで、ドキドキが止まりませんでした。
まだ卒業シーズンでもないのに「黒板アート」を話題にあげれば、当然季節外れな感は否めません。けれどその黒板アートで、このところアメリカのメディアを中心に話題...
外国人シェフ最少年の28歳でミシュランガイドの星を獲得した料理人・松嶋啓介。現在、ニースと東京・原宿に『KEISUKE MATSUSHIMA』を構える、オ...
暑さを言い訳にして、ついつい何杯も飲んじゃいそうなオレンジ色したレモネード。いちごとバジルの香りがスッキリしていて、うだるような暑さも気持ちよく感じられるかも!
華の都パリ──なんて呼ばれるように、キラキラしていて華やかな面もたくさんあります。でも、それは外側から見るパリの一面にすぎないんじゃないでしょか。パリに住...
2008年、ニューヨークのイーストリバーに4つの滝をつくったオラファー・エリアソン。その作品は、光、空間、水、鏡、霧、影という自然現象や素材を巧みに使い、...
パリにあるCitéInternationale Universitaireの学生寮は、老朽化対策でリノベーションされることになりました。その取り壊し前に、...
石鹸などを扱うアメリカの小売店Bath & Body Worksは、目の見えない障害者にアートを楽しんでもらおうと、「白い杖の日」に合わせて#TheBli...
『光の館』は、新潟県十日町市で3年に一度だけ開催されている世界最大級の屋外芸術祭「大地の芸術祭 越後妻有アートトリエンナーレ」に展示されている作品のひとつです。
ニュージーランドのクライストチャーチの街中や植物園には川が通っていて、ボートで観光することができます。特におすすめなのは、朝の時間帯です。
1日ではまわりきれないほど大規模な、街全体を活用した展示の概要が発表された。
「瀬戸内国際芸術祭」は3年に1度開かれるアートの祭典。第3回目となる今年は、お馴染みとなった直島や豊島など瀬戸内海に浮かぶ12の島と高松港、宇野港周辺を舞...
今年9月に行われたロンドンファッションウィークに先駆けてロンドンの中心街ゲリラ的に行われたファッションショーがありました。主催は下着ブランド「Bluebe...
Netflixオリジナル作品『アート・オブ・デザイン』は、今世界中のクリエイターが注目しているドキュメンタリーだ。デザインやアートのドキュメンタリーって聞...
B型の一人っ子と聞いて、どんなイメージを抱くでしょうか? 世の中で言われているところによると、独自の感性に基づく世界観をとても大切にする傾向があるようです...
南米最大の現代美術展、「サンパウロ・ビエンナーレ」が開催されるブラジルばかりに注目がいきがちだが、アルゼンチンもまたラテンアメリカの現代アートシーンを牽引...
6月中旬から7月上旬にかけて、ゲンジボタルより少し遅れたタイミングで観察の見頃がくる、ヒメボタル。今回は、阪神間からも近い兵庫県・丹波市のヒメボタルをご紹...
芸術作品をスマホをかざすだけで、その作品の説明や作者の生い立ちが表示される美術ガイドアプリ『Smartify』。AR技術により生み出されたので、パシャっと...
一般的におおらかでマイペースとイメージされているのがB型の特徴です。また、B型は日本人の中で3番目に多い血液型 (A型39%、O型29%、B型22%、AB...
3Bとは、彼氏にすると女性が幸せになれないよ、という職業のこと。実際にこの3Bの男性と付き合った人は、ことごとく幸せになっていません。でもどこか憎めない、...
役目を終えても、ゴミになることなく芸術として命を吹き込まれるということ。作品の魅力に加え、その成り立ち自体に大きな意味を感じます。
「種子島宇宙芸術祭」は、日本で唯一の大型ロケット発射施設を有するなど、宇宙を固有資源とする種子島を舞台に開催予定。2012年からプレイベントとして開かれて...
今年7月、渋谷・100BANCHのオープニングパーティーで出会った「ふんどし部」。迫りくる筋肉隆々のふんどし男に怯えながらも、彼らが何を目指しているのか気...