パートナーにとって「1番」じゃないと知ったとき。あなたが感じる7つのこと

恋愛で最も大事なのは、お互いの気持ちの「バランス」。自分の「好き度」が、相手の気持ちに圧倒的に勝ってしまうと、のちのち痛い目に遭うかもしれません。たとえば、じつはあなたがパートナーの「第2候補」だと知ったとき…。心は深く傷つくでしょう。

Elite Daily」のPaul Hudson氏が綴るのは、そんな事実が発覚したときに味わうであろう7つの気持ちについて。

01.
愛はあなたを支えもするけど
傷つけもする

愛は自分を支えてくれるもの。でも、うまくいかない愛は、自分を傷つける最大の凶器にもなりえるのが、怖いところ。

関係が進んでいくと、いつの間にか他の人には見せないような自分の素顔をさらけ出すようになるでしょう。さらに関係が深くなると、何かを犠牲にしてでも一緒にいたい、と思うようになるかもしれません。

でも、そんなすべてを捧げたパートナーがあなたを「第2候補」だとしか思っていなかったら…。きっと、身を裂かれるようなショックを受けるはずです。

02.
情けない、悔しい
敗北感

好きになった相手が、あなたと同じくらい好きになってくれるとは限りません。心を開いた相手があなたのことを「第2候補」程度にしか考えていなかったら、敗北感のような気持ちを味わうかもしれません。

自分の愛が一方通行だと知ることは、地獄のような苦しみ。傷ついて空回りすると、さらに弱い自分を相手に見せてしまって、余計に悔しい気持ちになってしまうかも。

03.
大きなショックが
あなたから「自信」を奪う

いくら自分に自信がある人でも、告白を断られたり、自分が1番ではないことを知ると、「どこがいけないんだろう?」と自信が揺らいでしまいます。

でも、よく考えてみてください。それはきっと、あなたが悪いわけではなく、相手に「合わなかった」だけなのでは?そうはいっても、ショックは相当な大きさになるはず。受け入れるのに、しばらく時間がかかるかもしれませんね。

04.
今までの行動、すべてが
「無意味」に感じてしまう

どんなに長く付き合っても、あなたの恋人が他の誰かのことを好きになってしまうことだってあるかもしれません。そんなことになったら、将来のことを想定して相手のために選択してきたことも、夢見ていたふたりの未来も、すべてが崩れ落ちることになります。

想像するだけで心が痛むでしょう。すべてを失ってまたいちからやり直すなんて…と、かなりの不安に覆われるはず。

05.
人生の目標が
わからなくなる

人を強くしてくれるのが「愛情」。誰かが支えてくれることで、自分の目標が素晴らしく思えたり、何かがうまくいかなくても頑張れたりしますよね。

でも相手の存在に頼りすぎてしまうと、相手がいなくなったとき、人生に「意味」がなくなってしまう恐れが…。そんな失恋を経験しないために、相手がいなくなっても自分を保てる強さを身につけておきましょう。

06.
「怒り」が原動力に

自分が「第2候補」だったなんてわかったら、怒りを感じて当然です。その気持ちを無理に封じ込める必要なんてありません。

驚くことに、その怒りこそが原動力になることだってあります。相手が後悔するくらいの最高な人生を送りましょう。

07.
時間をかけて
傷を癒やすことが大切

失恋をすると、悲しみから逃れるために他のことで気を紛らわそうとしますよね。最初の数日はそれでもいいのかもしれません。気持ちが落ち着いたら、失恋から何を得たのか考えてみましょう。そうやって少しずつ、相手がいなくなってしまった人生と向き合っていけばいいのです。

もう決して誰かの「第2候補」になんてならないように。自分をちゃんと愛してくれる人に出会えるように。毎日、自分磨きをしていきましょう。傷を癒やすために何年かかったって構いません。大切なのは、終わった恋を振り返らず、自分の幸せを追い求めること。きっとその努力は報われ、本当にあなたを愛してくれる人に出会えるはずです。

Licensed material used with permission by Elite Daily
「失恋」目前の人に、別れる前にやっておくべきこと、失恋の忘れ方、人生にどう影響を与えるかなど、恋愛アドバイスをまとめました。
失恋が、あなたの人生にどんな影響を及ぼすのかーー。今回紹介したいのは、そんな記事です。「Elite Daily」で数々の恋愛コンテンツをヒットさせているP...
失恋は怖い。ふる方もふられる方も。けれど、そこから得られる学びは数知れません。女性ブロガーLindsay Tigarさんが「Your Tango」に書いた...
失恋した時に読みたい「立ち直る5つの方法」「星座別、最速で立ち直るには?」「失恋は3ヶ月で克服?」「新しい恋に向けて知っておくべきこと」「次の恋のための独...
耐衝撃ウオッチ「G-SHOCK」より、クリエイティブディレクター 佐藤可士和氏とのコラボモデル「DWE-5600KS」が2021年3月5日に発売。
失恋から立ち直るための、たったひとつの方法。今つらいあなたに読んで欲しいです。
人にはそれぞれソウルアニマルがあると言われています。それを知ることで、心の中に潜んでいる感情はもちろん、潜在的な性格と恋愛観も知ることが。ネコ、キツネ、パ...
つらいときだからこそ知ってほしい8つのことをご紹介。泣きそうになったとき、ぜひ読んでみてください。
「Elite Daily」の毒舌レズビアンライターZara Barrieさんが生み出した、星座別失恋攻略法です。
サステイナブルの観点から近年注目の「コンポスト」。「臭い生ゴミの処理に困っている」「SDGsや自給自足の生活に関心がある」という方のためになぜ注目されてい...
「株式会社ヒャクマンボルト」が、7日分のコーヒー豆と7話の短編エッセイがセットになった商品「失恋珈琲」を展開。クリスマス後の今だからこそ興味のある人も多い...
失恋って、精神的な「死」だと思う。
新品のように綺麗なものなど、ひとつもない。まぎれもなく、展示されているすべてに、誰かの痛みが滲んでいる。
失恋をすると、想像以上につらく苦しい気持ちにさいなまれ、身動きがとれなくなってしまいますよね。自分だけが世界の中で取り残されたような感覚に襲われることもあ...
失恋の傷は、時間と新しい恋でしか癒せません。それは米メディア「Elite Daily」屈指の恋愛マスター、Paul Hudson氏も認めるところ。でも失恋...
育児中のパパママからの「あると助かる〜!」の声を実現する子供服ブランド「アルトタスカル」が誕生
シアトルに住むスティーブ・マシオ氏は、旅行が大好き。その愛は「デルタ航空」のファーストクラスの座席を購入して自宅に置いているぐらいに大きい。その様子を紹介...
今のパートナーとの関係は良好ですか?すぐに「はい」と答えられなかった人。今の状況は良くないと思いながらも、惰性で相手と付き合っていたりして...。「I H...
生きていればいろいろなことが起こります。辛いことも、悲しいこともありますが、ちょっと視点を変えれば、その出来事は人生の大切な教訓になるかもしれません。「T...
日頃の彼の行動、改めて思い出してみてください。
付き合い始めの頃は、誰だって恋人に夢中になるもの。けれど付き合いが長くなるとふたりの関係は変わっていき、時には「心が離れていっているのでは?」と心配になる...
失恋をすると、突然広くて暗い海のなかに投げ出されたように気分になり、どうしていいかわからなくなってしまいます。しかし、失恋を乗り越えることができたら、得ら...
どんなに大きな失恋でも3ヶ月で立ち直る!?失恋からどれくらいで立ち直ったか、というのはどの国でもどの年代でも気になる話。一世を風靡した海外ドラマ「セックス...